コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【上高地+周辺エリア】おすすめ旅プランをチェック!

【上高地+周辺エリア】おすすめ旅プランをチェック!

by mapple

更新日:2018年9月22日

人気の上高地をメインに、半日と宿泊のプランをご紹介。鉄道・バスで1泊2日なら奥飛騨温泉郷、乗鞍高原、白骨温泉と組み合わせたプランニングがおすすめ。

【半日プラン】鉄道・バスで行く 上高地ハイキング

上高地は降りるバス停によって歩くコースが変わる。2コース連続で歩くなら、大正池→河童橋→明神→上高地バスターミナルがベスト。時間と体力に注意しよう。

【Plan1】大正池➡河童橋

上高地ハイキングの王道
大正池からスタートし、田代池を経て梓川右岸をのんびり歩き、河童橋をめざす人気散策コース。河童橋の周辺でゆっくり過ごそう。

【松本発】
10:10 松本駅発
↓ 電車
10:40 新島々駅着
↓ 乗り換え
10:55 新島々バスターミナル発
↓ バス
11:52 【Plan1】大正池バス停着
↓ 徒歩
16:00 上高地バスターミナル発
↓ バス
17:05 新島々バスターミナル着
↓ 乗り換え
17:23 新島々駅発
↓ 電車
17:52 松本駅着

【高山発】
9:40 高山濃飛バスセンター発
↓ バス
10:38 平湯バスターミナル着
↓ 乗り換え
11:00 平湯バスターミナル発

11:18 【Plan1】大正池バス停着
↓ 徒歩
16:00 上高地バスターミナル発
↓ シャトルバス
16:25 平湯バスターミナル着
↓ 乗り換え
16:30 平湯バスターミナル発
↓ バス
17:31 高山濃飛バスセンター着

大正池
立ち枯れた木が幻想的な雰囲気を漂わせる大正池。正面に見えるのが焼岳だ

田代湿原
田代湿原は田代池の近くにあり、穂高連峰が眺められる好スポット

河童橋でランチ
河童橋周辺のホテルや田代橋から近い上高地帝国ホテル(写真)のランチがおすすめ

【Plan2】河童橋⇔明神橋

神秘的な明神池をめざす
上高地バスターミナルから歩いて5分の河童橋をスタートし、梓川右岸歩道を歩いて明神池へ。帰りは左岸歩道を歩いて戻ろう。

【松本発】
10:10 松本駅発
↓電車
10:40 新島々駅着
↓乗り換え
10:55 新島々バスターミナル発

12:00 【Plan2】上高地バスターミナル着
↓徒歩
16:00 上高地バスターミナル発
↓バス
17:05 新島々バスターミナル着
↓乗り換え
17:23 新島々駅発
↓電車
17:52 松本駅着

【高山発】
9:40 高山濃飛バスセンター発
↓バス
10:38 平湯バスターミナル着
↓乗り換え
11:00 平湯バスターミナル発
↓シャトルバス
11:25 【Plan2】上高地バスターミナル着
徒歩
16:00 上高地バスターミナル発
↓シャトルバス
16:25 平湯バスターミナル着
↓乗り換え
16:30 平湯バスターミナル発
↓バス
17:31 高山濃飛バスセンター着

河童橋
上高地最大の見どころは河童橋。この吊り橋は上高地を代表する風景だ

明神池
穂高神社奥宮の神域にたたずむ明神池。神聖な空気が流れているのを感じる

【1泊2泊プラン】でのんびり

写真の五千尺ホテルをはじめ、温泉のあるホテルや山小屋風などさまざまな宿がある。夏季は混み合うので早めの予約が必要だ。

【1泊2日プラン】上高地+周辺

エリアやバスの本数の関係で、上高地を1日目にするか2日目にするか変わってくる。時刻表を見ながら検討してみよう。

湯巡り&絶景 奥飛騨温泉郷

高山方面からの拠点でもある奥飛騨温泉郷。手軽に絶景が楽しめる新穂高ロープウェイを訪れ、個性的な5つの温泉地に宿泊しよう。

【1日目 松本発】
10:40 松本バスターミナル発
↓バス ※10時20分発は7月中旬〜8月中旬のみ運行
12:45 新穂高ロープウェイ着
新穂高ロープウェイ散策
日本初の2階建てロープウェイがある新穂高ロープウェイ。標高2156mの展望台から見る北アルプスの大パノラマは素晴らしい。


14:55 新穂高ロープウェイ発
↓バス
15:28 平湯バスターミナル着
奥飛騨温泉郷泊
5つの温泉地がある奥飛騨温泉郷。大露天風呂のある宿から古民家の宿までバラエティ豊か。好みの宿を探そう。

【2日目 松本発】
8:00 平湯バスターミナル発
↓ シャトルバス
8:18 大正池バス停着
上高地ハイキング
奥飛騨温泉郷に泊まると、翌朝早めに上高地へ移動できる。観光客もまだ少なく、空気も爽やか。大正池から明神池まで足を延ばそう。


16:00 上高地バスターミナル発
↓ バス
17:05 新島々バスターミナル着
↓ 乗り換え
17:23 新島々駅発
↓ 電車
17:52 松本駅着

【1日目 高山発】
10:40 高山濃飛バスセンター発
↓ バス
12:25 新穂高ロープウェイ着
新穂高ロープウェイ散策
日本初の2階建てロープウェイがある新穂高ロープウェイ。標高2156mの展望台から見る北アルプスの大パノラマは素晴らしい。


14:55 新穂高ロープウェイ発
↓ バス
15:28 平湯バスターミナル着
奥飛騨温泉郷泊
5つの温泉地がある奥飛騨温泉郷。大露天風呂のある宿から古民家の宿までバラエティ豊か。好みの宿を探そう。

【2日目 高山発】
8:00 平湯バスターミナル発
↓ シャトルバス
8:18 大正池バス停着
上高地ハイキング
奥飛騨温泉郷に泊まると、翌朝早めに上高地へ移動できる。観光客もまだ少なく、空気も爽やか。大正池から明神池まで足を延ばそう。


16:00 上高地バスターミナル発
↓ シャトルバス
16:25 平湯バスターミナル着
↓ 乗り換え
16:30 平湯バスターミナル発
↓ バス
17:31 高山濃飛バスセンター着

アウトドア体験 乗鞍高原

乗鞍高原はアウトドア体験が充実。一の瀬園地でハイキングをしたり、いがやレクリエーションランドで遊ぼう。家族連れに最適だ。

【1日目 松本発】
10:10 松本駅発
↓ 電車
10:40 新島々駅着
↓ 乗り換え
10:55 新島々バスターミナル発
↓ バス
11:52 大正池バス停着
上高地ハイキング
↓ 徒歩
16:45 上高地バスターミナル発
↓ バス
18:12 観光センター前着
乗鞍高原泊
上高地のあとは乗鞍高原に宿泊。乗鞍は温泉が湧いているので、温泉を引いている旅館やペンションもある。ハイキングの疲れを癒そう。

【2日目 松本発】
9:00 乗鞍高原発
乗鞍高原アウトドアレジャー

一の瀬園地
一の瀬園地には善五郎の滝や牛留池をめぐる自然豊かなハイキングコースがある。サイクリングやバーベキューもおすすめ。

乗鞍BASE
池の上を空中滑走する人気のジップラインをはじめ、釣りやマレットゴルフ、サイクリングなどアウトドアレジャーが充実している。


14:13 観光センター前発
↓ バス
15:00 新島々バスターミナル着
↓ 乗り換え
15:25 新島々駅発
↓ 電車
15:54 松本駅着

【1日目 高山発】
9:40 高山濃飛バスセンター発
↓ バス
10:38 平湯バスターミナル着
↓ 乗り換え
11:00 平湯バスターミナル発
↓ シャトルバス
11:18 大正池バス停着
上高地ハイキング
↓ 徒歩
16:45 上高地バスターミナル発
↓ バス
18:12 観光センター前着
乗鞍高原泊
上高地のあとは乗鞍高原に宿泊。乗鞍は温泉が湧いているので、温泉を引いている旅館やペンションもある。ハイキングの疲れを癒そう。

【2日目 高山発】
9:00 乗鞍高原発
乗鞍高原アウトドアレジャー

一の瀬園地
一の瀬園地には善五郎の滝や牛留池をめぐる自然豊かなハイキングコースがある。サイクリングやバーベキューもおすすめ。

乗鞍BASE
池の上を空中滑走する人気のジップラインをはじめ、釣りやマレットゴルフ、サイクリングなどアウトドアレジャーが充実している。


14:13 観光センター前発
↓ バス
14:28 親子滝バス停着
↓ 乗り換え
15:03 親子滝バス停発
↓ バス
16:30 高山濃飛バスセンター着

畳平&乳白色の湯 白骨温泉

標高2702mの畳平で高山植物や絶景の山々を眺めたあとは、信州の名湯として名高い白骨温泉で宿泊。朝食の温泉粥も楽しみたい。

【1日目 松本発】
10:10 松本駅発
↓ 電車
10:40 新島々駅着
↓ 乗り換え
10:55 新島々バスターミナル発
↓ バス
11:42 観光センター前着
↓ 乗り換え
12:00 観光センター前発
↓ シャトルバス
12:50 乗鞍山頂(畳平)着
畳平トレッキング
マイカー規制のため、シャトルバスに乗り換えていく畳平。高山植物の宝庫・お花畑の散策路や、手軽に登れる冨士見岳などを歩いてみよう。


15:05 乗鞍山頂(畳平)発
↓ シャトルバス
15:55 観光センター前着
↓ 乗り換え
16:17 観光センター前発
↓ バス
16:53 白骨温泉着
白骨温泉泊
大露天風呂で有名な泡の湯旅館など、個性的な宿が集まる白骨温泉。憧れの湯にゆっくり浸かりたい。翌日は上高地で散策を楽しもう。

【2日目 松本発】
9:20 白骨温泉発
↓ バス
9:49 大正池バス停着
上高地ハイキング
↓ 徒歩
16:00 上高地バスターミナル発
↓ バス
17:05 新島々バスターミナル着
↓ 乗り換え
17:23 新島々駅発
↓ 電車
17:52 松本駅着

【1日目 高山発】
10:40 高山濃飛バスセンター発
↓ バス
11:23 ほおのき平着
↓ 乗り換え
11:55 ほおのき平発
↓ シャトルバス
12:40 乗鞍山頂(畳平)着
畳平トレッキング
マイカー規制のため、シャトルバスに乗り換えていく畳平。高山植物の宝庫・お花畑の散策路や、手軽に登れる冨士見岳などを歩いてみよう。


15:05 乗鞍山頂(畳平)発
↓ シャトルバス
15:55 観光センター前着
↓ 乗り換え
16:17 観光センター前発
↓ バス
16:53 白骨温泉着
白骨温泉泊
大露天風呂で有名な泡の湯旅館など、個性的な宿が集まる白骨温泉。憧れの湯にゆっくり浸かりたい。翌日は上高地で散策を楽しもう。

【2日目 高山発】
9:20 白骨温泉発
↓ バス
9:49 大正池バス停着
上高地ハイキング
↓ 徒歩
16:00 上高地バスターミナル発
↓ シャトルバス
16:25 平湯バスターミナル着
↓ 乗り換え
16:30 平湯バスターミナル発
↓ バス
17:31 高山濃飛バスセンター着

【2泊3日プラン】車で行く 全エリア欲張りドライブ

車のプランなら、3日間ですべてのエリアを巡ることも可能。マイカー規制に注意してプランニングしよう。

【1日目】山岳風景&湯浴み 奥飛騨温泉郷

岐阜県有数の温泉地・奥飛騨温泉郷で、新穂高ロープウェイからの絶景を眺めたり、露天風呂に浸かってのんびり1日目を過ごそう。

【高山発】10:15 高山IC発 【松本発】10:00 松本IC発

11:30 新穂高ロープウェイ散策
旅のスタートは奥飛騨温泉郷の最奥、新穂高ロープウェイから。2つのロープウェイを乗り継いで、標高2156mの絶景を楽しむ。晴れると最高だ。


13:30 飛騨牛ランチ
飛騨名物といえば飛騨牛。奥飛騨温泉郷ではメニューに飛騨牛が使われていることが多い。鉄板焼きや、郷土料理の朴葉味噌焼きなどで味わおう。


15:00 奥飛騨温泉郷湯巡り
湯量豊富な奥飛騨温泉郷にはあちこちに足湯も設置されている。池のような足湯や、滝を眺められる足湯、店先にある足湯などいろいろあるので探してみよう。


16:30 平湯温泉泊
個性的な温泉宿が集まる奥飛騨温泉郷。大露天風呂から木造の湯船まで楽しめる。翌朝の早朝移動には奥飛騨の玄関口・平湯温泉がいちばん近い。

【2日目】河童橋&白濁の湯 上高地&白骨温泉

早起きをしてシャトルバスで上高地へ。体力があれば大正池から河童橋、明神池と歩こう。乳白色の名湯、白骨温泉へ移動して宿泊。

7:20 平湯温泉の宿発

7:50 あかんだな駐車場発

8:08 大正池バス停着
大正池から上高地散策
奥飛騨温泉郷からシャトルバスで上高地へ。大正池バス停で降りて河童橋へ向かう。大正池の朝もやを狙うなら始発バスに。


11:00 上高地で山ごはん
梓川沿いから河童橋にかけて建ち並ぶホテルにはランチにぴったりのレストランが並ぶ。テイクアウトも充実しているので利用しよう。


13:00 河童橋・明神池散策
ランチ休憩をして体力が回復したら明神コースを歩こう。少々アップダウンがあり距離が長くなるので、時間と体力には注意が必要。

16:00 上高地バスターミナル発

16:25 あかんだな駐車場着

17:00 白骨温泉泊
白骨温泉は山に囲まれた静かな温泉地。ぶらりと散策をしたら、一日歩き疲れた体を乳白色の湯でゆっくり癒そう。

【3日目】お花畑&ハイキング 畳平&乗鞍高原

3日目は乗鞍へ。まずは乗鞍高原からシャトルバスで畳平へ向かい、お花畑を散策しよう。午後は乗鞍高原でアウトドアがおすすめ。

7:30 白骨温泉の宿発

8:00 乗鞍高原観光センター前発

8:50 畳平(乗鞍山頂)着
畳平散策
最終日は乗鞍。シャトルバスで畳平へ。高山植物が咲くお花畑が見どころ。大黒岳などは手軽に登ることができる。


11:05 畳平(乗鞍山頂)発

11:55 乗鞍高原観光センター前着

12:00 高原ランチ
乗鞍は山岳エリアのためか、ボリュームたっぷりのランチの店が多い。そばの産地としても有名なので手打ちそばもおすすめ。


13:00 乗鞍BASEでアウトドア
ジップラインや釣りなどで遊べるいがやレクリエーションランド。18ホールのパターゴルフは、家族でも楽しめるレジャー。意外と真剣になってしまう。


14:30 一の瀬園地ハイキング
最後は一の瀬園地のハイキングコースへ。豪快な滝を見たり、乗鞍岳が映る池の写真を撮ったり乗鞍高原の自然を満喫しよう。


17:00 乗鞍高原発

【高山発】18:30 高山IC着 【松本発】18:00 松本IC着

筆者:mapple

まっぷる上高地 乗鞍・奥飛騨温泉郷

発売日:2018年03月07日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×