「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

トップ > 全国のおすすめ紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載 > 京都府のおすすめの紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

京都府のおすすめの紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

2019年の京都府のおすすめの紅葉スポットをご紹介します。見頃時期や開催されるイベント、ライトアップ情報などから、お好みの紅葉スポットを探すことができます。写真や料金、営業時間、アクセス、駐車場情報などその他情報も盛りだくさん。

紅葉スポット紹介記事

京都の各エリアごとに、おすすめの紅葉スポットや紅葉鑑賞のコツ、散策モデルコースなどをご紹介しています。
※2018年公開の記事です。おでかけの際は最新の情報をご確認ください。

金閣寺周辺(金閣寺・龍安寺・仁和寺)

金閣寺からきぬかけの路をたどり、静寂が包む龍安寺の石庭、風雅な大伽藍の仁和寺を訪ねる。いずれも世界遺産に名を連ねる、見事な寺院ばかりだが、秋をまとった名刹は華やかで美しい。

南禅寺周辺(南禅寺・永観堂・銀閣寺など)

広大な境内に紅葉スポットが点在する南禅寺と、京都屈指の紅葉絶景が楽しめる永観堂を経て、疏水に沿って哲学の道を名刹から名刹へ。さらに歩けば、東山文化の象徴、銀閣寺が姿をみせる。

醍醐寺周辺(醍醐寺・隨心院・勧修寺)

京都市街から東山を越えて醍醐エリアへ。豊臣秀吉が華麗なる花見を催した醍醐寺、世界三大美人の一人、小野小町ゆかりの隨心院、四季折々に花が絶えない勧修寺など、奥深い味わいのある名刹が点在する。

東福寺周辺(東福寺・泉涌寺・今熊野観音寺など)

紅葉の名所が点在するエリア。混雑を避けるために、東福寺は開門直後に訪れるとよい。泉涌寺、今熊野観音寺、養源院をたどり、イチョウの名所、東西本願寺へも足を延ばしたい。

一乗寺・修学院周辺周辺(詩仙堂・曼殊院・赤山禅院など)

閑寂枯淡な空気をたたえるこのエリアは、古くから文化人を惹きつけ、後水尾天皇もこの地に離宮を開いた。風趣豊かな古刹が多いので、五感がうるおう散歩が楽しめる。

清水寺周辺(清水寺・高台寺・圓徳院など)

年間500万人が訪れる清水寺をはじめ、高台寺、圓徳院など、紅葉名所が点在する。食事処やおみやげ店も多く、夜のライトアップスポットもあり、楽しみの尽きないエリア。

嵐山・嵯峨野周辺(天龍寺・渡月橋・二尊院など)

四季折々の風景を楽しむ雅な舟遊びが、繰り広げられていた天下の景勝地。とくに秋の風景は素晴らしく多くの人々がその美しさに魅了されるはず。

鷹峯周辺(常照寺・源光庵)

琳派の祖・本阿弥光悦が芸術村を築いた地。古刹でアート好きの心をくすぐる風流な紅葉が愛でられる。

高雄周辺(神護寺・西明寺)

丹波へと続く周山街道を進むと、「三尾」と呼ばれる3つの集落がある。高雄(高尾)・槇尾・栂尾それぞれに名刹が建ち、平安の昔から紅葉の一大名所として知られている。

鞍馬・貴船周辺(鞍馬寺・貴船神社・由岐神社)

都の北を守る鞍馬寺と水源を守る貴船神社。山々に包まれ、悠久の歴史を紡いできた鞍馬・貴船の神仏は、古来厚く信仰されてきた。自然豊かな地でエネルギーをチャージしよう。

大原(三千院・宝泉院・来迎院など)

洛北の地に広がる山里。三千院が位置する山間部の大原は、市街地に比べ、比較的紅葉が早く始まる。まずはここから、京都の華やかな秋を満喫したい。

伏見稲荷

世界中のツーリストを魅了する色鮮やかなトンネルが象徴的な伏見稲荷大社。千本鳥居を抜け、奥社奉拝所からはハイキング並みの道が続く。参道やお山めぐり途中の店もチェックしよう。

宇治周辺(平等院・宇治上神社・興聖寺など)

清流と山々に囲まれた宇治。『源氏物語』の舞台として知られ、ゆかりの古跡をめぐりながら紅葉スポットを満喫できる。お茶の産地ならではの、抹茶の楽しみ方も充実。

善峯寺周辺(善峯寺・大原野神社・勝持寺など)

三方を山に囲まれた都の西方に、火伏の神を祀る愛宕山や風光明媚な嵐山を擁し連なる西山連峰。点在する名刹をたどり、清澄な空気をまとう錦秋を愛でよう。

京都府の紅葉スポットリスト

京都府

北野天満宮

紙屋川の水面を紅葉が彩る

豊臣秀吉公が築いた「史跡 御土居」のもみじ苑は約350本の樹木が植えられ、中には樹齢350年を越す「三又の紅葉」等の古木もある。秋の紅葉は、御祭神菅原道真公がこよなく愛でられた梅と同様に御縁の樹木で、今も境内を彩る。御土居に沿って流れる紙屋川水面には赤や黄色に染まった木々が映え、錦秋の世界へ誘う。

所在地
京都府馬喰町
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
イベント
10月25日~12月8日 9:00~16:00 もみじ苑公開、11月9日~12月8日 日没~20:00 もみじ苑ライトアップ
京都府

圓光寺

最古の木製活字を残す家康ゆかりの寺

慶長6(1601)年、家康が足利学校の京分校を伏見に創建。60年後に現在地に移築した。僧俗を問わず入学を許した学校は、明治より尼僧道場となった。現在は臨済宗南禅寺派の研修道場で、苔と紅葉、竹林の名所として名高く、拝観を始めたのは近年。裏山の展望台からは全山の紅葉が見られる。

所在地
京都府一乗寺小谷町13
見頃時期
2019年11月上旬~2019年12月上旬
イベント
11月中旬 7:30~ 早朝特別拝観(1日80名限定、要予約、参拝料1000円)、
京都府

鞍馬寺

牛若丸の伝説の地をめぐる

奈良時代に鑑真和上の高弟・鑑禎上人が毘沙門天を祀り開山した。源義経が牛若丸と呼ばれた少年期を過ごした寺としても有名で、秋には仁王門から本殿までの参道で見事な紅葉が見られる。また、鞍馬寺まで向かう叡山電鉄で沿線のライトアップもあり、市原・二ノ瀬駅間は紅葉のトンネルとなる。

所在地
京都府鞍馬本町1074
見頃時期
2019年11月中旬~2019年11月下旬
京都府

三千院

往生極楽院の優美な姿に紅葉が映える

大原の里は山間の盆地にあるため、気温の寒暖の差が激しく、紅葉の色鮮やかさは格別。中でも往生極楽院の優美な姿と紅葉の競演は誰もが感動するだろう。苔の緑と深紅のモミジのコントラストが実に美しい。

所在地
京都府大原来迎院町540
見頃時期
2019年11月中旬~2019年11月下旬
イベント
10月下旬~11月下旬 もみじまつり、
京都府

下鴨神社

平安京を守護する京都最古の神社

平安京造営以前に、京を治めていた豪族賀茂氏の氏神。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命。本殿は、檜皮葺き、三間社流造りで国宝、世界遺産に登録されている。神社の前に広がる糺の森は原生林の自生する太古の森で、秋には色づいた木々を愛でながら散策できる。

所在地
京都府下鴨泉川町59
見頃時期
2019年12月上旬~2019年12月下旬
京都府

哲学の道

古刹を結ぶ紅葉の散策路

若王子橋から浄土寺橋まで続く疏水沿いの散策路。近代日本の代表的な哲学者である西田幾多郎や経済学者の河上肇などが歩き、思いにふけったことから名づけられたという。春の桜が有名だが、秋の紅葉も美しく、疏水沿いを覆いつくす深紅のモミジは目にも鮮やかだ。

所在地
京都府浄土寺石橋町~若王子町
見頃時期
2019年11月中旬~2019年11月下旬
京都府

永観堂

紅葉の美しさで有名な洛東の古刹

東山の中腹に建ち、別名「もみじの永観堂」と呼ばれるほど秋の紅葉が有名。11月中旬になると境内一帯が錦のように華やかに彩られ、毎年たくさんの見物客が訪れ、鮮やかな色を楽しむ。

所在地
京都府永観堂町48
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
イベント
11月6日~12月4日 秋の寺宝展、
京都府

貴船神社

えんむすびの神様としても崇められている水の神様

京都市の北に位置し「京の奥座敷」として親しまれている貴船は、市内よりも気温が低いため、一足早く紅葉が見られる。貴船神社は鴨川の源流、貴船川沿いに参道が続く古社で、11月上旬には参道の階段や本殿周辺が紅葉に包まれ、多くの参拝客の目を楽しませる。

所在地
京都府鞍馬貴船町180
見頃時期
2019年11月上旬~2019年11月下旬
イベント
11月2日~24日 日没~20:30 貴船もみじ灯篭(貴船エリア)※叡山電車のライトアップは~21:00頃、11月7日 御火焚祭
京都府

東福寺

月輪山麓に展開する、洛南随一の紅葉名所

月輪山麓にある臨済宗東福寺派の大本山。本尊は釈迦如来で、広大な寺域に伽藍、塔頭を有する。紅葉の名所として知られ、とくに「通天橋」からの眺めは紅葉観賞の特等席と言えるほどすばらしい。

所在地
京都府本町15-778
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
イベント
11月1日~12月上旬 看楓拝観(国宝 龍吟庵の特別拝観)、
京都府

青蓮院門跡

幻想的な青のライトアップと美しい紅葉の競演

天台宗の門跡寺院で代々皇族が住職を務めた格式ある寺院。寺宝の不動明王二童子像(通称「青不動」)は平安仏画の最高傑作の一つ。境内には相阿弥作・築山泉水庭と小堀遠州作・霧島の庭が配され、紅葉の美しさは格別。夜はライトアップされ、見どころの苔庭は一面星空のように瞬き、人々を魅了する。

所在地
京都府粟田口三条坊町69-1
見頃時期
2019年10月下旬~2019年12月上旬
京都府

清水寺(京都府)

華やかなモミジと清水の舞台の調和が見事

坂上田村麻呂が僧延鎮に堂宇を寄進し建立した。西国三十三所第16番札所であり、世界遺産にも認定されている。鮮やかに染まったモミジと、国宝の荘厳な本堂との調和が見事だ。特に本堂の舞台と紅葉が眺められる奥の院は、絶好の撮影スポット。ただし、本堂は現在屋根の改修工事中のため本来の姿を見ることができない。

所在地
京都府清水1
見頃時期
2019年11月下旬~2019年12月上旬
イベント
11月16日~12月1日 17:30~21:00 秋の夜の特別拝観、11月18日~12月1日 9:00~16:00・18:00~20:30 成就院庭園特別公開
京都府

高台寺

ライトアップで池に映し出される神秘的な紅葉は必見

慶長11(1606)年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立した。開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存している。美しい庭園は小堀遠州作と伝わる。借景と共に眺める紅葉は見事としか言いようがない。

所在地
京都府高台寺下河原町526
見頃時期
2019年10月中旬~2019年12月上旬
イベント
10月25日~12月15日 17:00~21:30 夜間特別拝観(ライトアップ)(予定)、
京都府

二尊院

秋には紅葉が参道を覆う

比叡山の円仁が開いた天台宗の古刹。釈迦如来、阿弥陀如来の2体の本尊を祀っていることが寺名の由来。総門から本堂までの参道は、「紅葉の馬場」と呼ばれる紅葉の名所で、秋のモミジは圧巻。

所在地
京都府嵯峨二尊院門前長神町27
見頃時期
2019年10月下旬~2019年12月上旬
京都府

妙心寺 大法院

広大な寺域を誇る妙心寺の塔頭

妙心寺は花園法皇の離宮を禅寺に改めて創建した大寺。46の塔頭を有する寺域の全域が国の史跡・名勝に指定されており、紅葉の名所も多い。中でも大法院は、庭園が美しいことで有名。通常は非公開だが新緑の春と、紅葉の秋のみ特別公開される。

所在地
京都府花園大藪町20
見頃時期
2019年11月上旬~2019年11月下旬※紅葉特別拝観は11月1日~30日
京都府

龍安寺

虎の子渡しの石庭で世界的に知られる

臨済宗妙心寺派の寺院。方丈の南側にある石庭が有名。白砂を敷き詰め、築地塀に囲まれた広さ250平方メートルの庭に、大小15個の石が左から5・2・3・2・3に配されている。方丈北東にあり、水戸光國公が寄進したといわれる「つくばい」も有名。また、紅葉に映える鏡容池や山門、庫裡などはまさに絶景だ。

所在地
京都府龍安寺御陵ノ下町13
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
京都府

嵐山

赤や黄の錦に染まる嵐山の秋

四季折々の美しさを見せる京都屈指の名勝。とくに桜と紅葉の美しさはすばらしく、多くの観光客が訪れる。秋の嵐山を渡月橋から眺めると、鮮やかな色彩で覆いつくされ、川面のさざなみが加わり、より一層華やかな景観に思わず見とれてしまう。

所在地
京都府嵯峨中ノ島町
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
イベント
11月10日 嵐山「もみじ祭」(渡月橋上流一帯で催され、今様船や天龍寺船など多くの船が大堰川に浮かび王朝絵巻を繰り広げる。雨天中止)、
京都府

常寂光寺

写真提供:常寂光寺

嵯峨野の片隅に建つ京都屈指の紅葉の名所

小倉山山麓に建ち嵯峨野の風景を一望する日蓮宗の寺。本尊に十界大曼荼羅を祀る。重要文化財の多宝塔は檜皮葺きで、和様と禅宗様の両方の様式を取り入れたものだ。京都屈指の紅葉の名所でもあり、秋にはイロハモミジやオオモミジが見事に色づく。

所在地
京都府嵯峨小倉山小倉町3
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
京都府

旧嵯峨御所大本山大覚寺

嵯峨天皇の離宮が前身の門跡寺院

真言宗大覚寺派の本山。いけばな発祥の花の寺であり、「嵯峨御流」の総司所でもある。宸殿にある狩野山楽筆の牡丹図、紅白梅図が見ものだ。秋は嵯峨菊が可憐に咲き誇り、観月の名所である大沢池を取り囲む紅葉の風景も趣深い。また、大覚寺大沢池ライトアップが行われる。

所在地
京都府嵯峨大沢町4
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
イベント
11月1日~30日 嵯峨菊展、
京都府

高雄山神護寺

京都市内で最も早く紅葉が楽しめる山懐の古刹

紅葉が美しい真言密教の古刹。タカオカエデと呼ばれるイロハモミジなど、樹齢500年以上の古木が多く残っている。京都市内では最も早く紅葉が楽しめ、秋にはたくさんの見物客が訪れる。また、近くを流れる清滝川沿いの散策道も風情あるたたずまいを見せているので足を延ばしてみよう。

所在地
京都府梅ケ畑高雄町5
見頃時期
2019年11月上旬~2019年11月下旬
イベント
11月1日~7日 板彫弘法大師御開帳、
京都府

天龍寺

嵐山を借景にした紅葉の曹源池庭園

暦応2(1339)年に後醍醐天皇を供養するため足利尊氏が建立した寺。夢窓疎石を開山とし、大方丈裏の嵐山や、庭園の西に位置する亀山を借景にした雄大な曹源池庭園が見どころ。嵐山の紅葉も手伝って、秋はひと際美しい。また、法堂の天井には平成9(1997)年に加山又造画伯が描いた「雲龍図」(八方睨み)がある。

所在地
京都府嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
イベント
8月31日~12月1日 法堂「雲龍図」秋の特別公開、11月16日~12月1日 7:30~ 曹源池庭園の早朝参拝
京都府

仁和寺

鮮やかな深紅の紅葉が堂宇に映える

宇多天皇が平安時代に創建した真言宗御室派の総本山。国宝の金堂をはじめ、左右に金剛力士像を安置する二王門、五重塔や経蔵など数多くの堂塔が建ち並ぶ。荘厳な伽藍が朱に染まる秋の風情がすばらしい。

所在地
京都府御室大内33
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月中旬
イベント
日程未定 ライトアップ(詳細未定)、
京都府

醍醐寺

国宝の五重塔や三宝院庭園など、見どころが多い

貞観16(874)年に、理源大師聖宝が醍醐山上に草庵を結び、准胝、如意輪の両観音像を安置したのが始まりで、醍醐山全体が寺域となっている。国宝の金堂、五重塔をはじめ、荘厳な堂宇が建ち並ぶ。弁天堂付近が紅葉スポットの一つで、鮮やかな紅葉が境内を美しく彩る。

所在地
京都府醍醐東大路町22
見頃時期
2019年11月中旬~2019年12月上旬
京都府

保津峡

紅葉に彩られた渓谷美を眺めながら、スリルあふれる船旅を

亀岡市の保津橋から京都嵐山まで、約16kmの激流が続く渓谷。船頭が操る船で約2時間かけて保津川下りが楽しめる。また、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅まで走る嵯峨野トロッコ列車もあり、目前に広がる紅葉の渓谷美を堪能できる。

所在地
京都府保津渓谷一帯
見頃時期
2019年11月下旬~2019年12月上旬
京都府

笠置山自然公園

公園が紅葉で覆われ、落ち葉のじゅうたんが広がる

後醍醐天皇ゆかりの笠置山。秋が深まると笠置寺境内にある「もみじ公園」のイロハモミジやカエデが赤く色づき、公園一帯が紅葉で覆われる。見頃を迎えると毎年ライトアップを行う。

所在地
京都府笠置山
見頃時期
2019年11月上旬~2019年11月下旬
イベント
11月1日~30日 17:00~21:00 もみじ公園のライトアップ、11月16日(日程予定) 笠置もみじまつり
×