トップ > ライフスタイル >  自転車 > グッズ >

バイクパッキングに最適!「フレームバッグ」の特徴と選び方

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年9月23日

この記事をシェアしよう!

バイクパッキングに最適!「フレームバッグ」の特徴と選び方

クロスバイクやロードバイクといったスポーツ自転車に乗る際に、どうやったら走りやすさを損なわずに荷物を積載できるか?サイクリストにとって、非常に大事な観点です。

そこで今回ご紹介したいのは、主に自転車のトップチューブに固定して使う「フレームバッグ」。ペダリングに支障なく大容量積載できる、利便性の高いバッグが数々リリースされているので、ご紹介したいと思います。

バイクパッキングとは

バイクパッキングとは

フレームバッグについて触れる前に、まず近年流行している「バイクパッキング」についてお伝えしておきましょう。

元々、多くの荷物を積載して自転車でツーリングを行う際には、自転車へキャリアを取り付け、パニアバッグを使用することが一般的でした。

しかし昨今は、そのかたちにとらわれず、自転車のフレームに直接取り付けられる汎用性の高いバッグを組み合わせて、荷物を積載する「バイクパッキング」という考え方が定着してきています。

自由に荷物を最適化して、スマートに旅をするスタイルは、今の時代にぴったりですね。

フレームバッグとは

フレームバッグとは

フレームバッグとは、主に自転車のトップチューブに固定して使うバッグを指します。自転車中央部のトライアングルの中に収めるイメージです。

以下の3点が特徴やメリットとなっています。

ペダリングに干渉しない

通常、ペダリング(ペダルを漕ぐこと)時に、脚が当たりやすい場所なのですが、厚さを薄く設計しているため、ペダリングに干渉することはありません。

かなり収納性が高い

自転車のトライアングル部で、幅を薄く設計しているフレームバッグ。スペース的にはあまりないように感じますが、大容量モデルを選べば、驚くほど多くの荷物が入ります。

重心が低く走行が安定する

荷物を積載する箇所によっては、ふらつくなど走行に影響が出てしまう自転車用のバッグですが、フレームバッグは重心を低めで取り付けられるので、走行安定性に支障なく利用できます。

1 2 3

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

エリア

トップ > ライフスタイル >  自転車 > グッズ >