トップ > ライフスタイル >  自動車・バイク >

車のタイヤがパンクした時はどうしたらいい?状況別の対処法を徹底解説!

はるな

更新日:2022年5月25日

この記事をシェアしよう!

車のタイヤがパンクした時はどうしたらいい?状況別の対処法を徹底解説!

車のタイヤがパンクした経験はありますか?幸いまだないよ!という方も、いつどんな時にパンクに見舞われてしまうかわかりません。

というのも、車のタイヤのパンクは、新品でもなんと3年以内に50%〜60%の割合で起こっているというデータが出ているほど、誰にとっても起こりうる出来事なのです。

もちろんこれはタイヤの品質の問題ではなく、様々な要因が重なり合って起こるということ。

そんなタイヤがパンクする原因から、タイヤがパンクしてしまった時の行動の手順、そして予防策までを網羅して解説していきます。

なぜ車のタイヤはパンクしてしまうのか?

なぜ車のタイヤはパンクしてしまうのか?
画像:123RF

車のタイヤのパンクとは、タイヤに穴が空いたりなどしてタイヤ内の空気が漏れ、本来のタイヤの役割を果たせない状態になってしまったことを指します。

なぜ車のタイヤはパンクしてしまうのでしょう?主な原因を見ていきましょう。

車のタイヤのパンクの原因①:タイヤの劣化

車のタイヤはゴムでできているため、目に見えてわかるひび割れなどがない状態であっても、時間の経過とともに劣化していきます。タイヤの寿命は製造から10年と言われていますが、3〜5年ごとに交換するのが理想です。

車のタイヤのパンクの原因②:タイヤに釘やネジ、ガラスなどが刺さった

異物が刺さっていることに気づかずに走行し続けてしまい、徐々に空気が抜けていくためすぐにパンクに気づかない「スローパンク」という状態が、もっとも多いパンク原因と言われています。

車のタイヤのパンクの原因③:ホイールの変形

縁石に乗り上げた際にホイールが変形してしまい、そこから空気が漏れてパンクとなることも。わずかな変形と放っておいてそのまま走行し続けてしまうと、こちらも「スローパンク」となってしまう危険性があります。

車のタイヤのパンクの原因④:空気圧が適正でない状態での走行

空気圧が足りない状態で走行し続けると、タイヤが正しく支えられないためひび割れなどが生じ、そこからパンクへと繋がってしまいます。

車のタイヤのパンクの原因⑤:エアバルブの損傷

エアバルブの緩みや劣化から空気漏れを起こしてパンクとなってしまうケースもあります。

車のタイヤのパンクの原因⑤:タイヤの側面を縁石などで擦ってしまった

タイヤの側面は、地面に接する部分(トレッド面)と比べて薄く作られているため傷がつきやすく、パンクしやすい箇所でもあります。

パンクしている状態とは?

パンクしている状態とは?

事故を起こしてしまうリスクを軽減し、大事に至らないためには、パンクしている状態にいち早く気づくことがとても重要です。

・ハンドルが取られてうまく操作できない
・走行中に車が傾く
・タイヤの辺りから変な音が聞こえる
・普段より加速が鈍い
・ブレーキの効きが悪い

このような状態に気づいた場合はパンクしている可能性が非常に高いので、これから紹介する手順に従って対処していきましょう。

パンクしてしまったらどうしたらいい?

パンクしてしまったらどうしたらいい?

パンクしていることに気づいたら、まずは冷静に落ち着くことがとても大切です。気持ちを落ち着けたら、それぞれの状況別に以下の手順で対処していきましょう。

車を発車させる前にパンクしていた場合

車を発車させる前にパンクしていた場合
画像:123RF

1.スペアタイヤに交換、またはパンク修理キットで応急処置。自分で行わない場合はJAFやロードサービスに連絡をしましょう。

2. 店舗でタイヤを修理してもらい、完了。スペアタイヤを持ち合わせていない場合は、JAFやロードサービスが整備工場などに車を搬送してくれるので、そこでパンクしたタイヤの修理(または新品タイヤへの交換)をしてもらいます。

一般道路を走行中にパンクした場合

一般道路を走行中にパンクした場合

1. ハザードランプを点灯させて路肩に停車させる。

2. 三角停止板などの停止表示機材を持ち合わせている場合は、それを車の後方に設置して他の車に停車中であることを知らせる。

3. 周囲の安全を確認した上で、スペアタイヤに交換、またはパンク修理キットで応急処置をする。自分で行わない場合はJAFやロードサービスに連絡をしましょう。

4. 店舗でタイヤを修理してもらい、完了。

または、

2. タイヤの状態が十分に走行可能と判断した場合は、そのまま最寄りのガソリンスタンドやカー用品店などに直行するのもアリです。その場合、釘などが刺さっていても抜かずにそのまま行きましょう。(抜くと穴が空いて空気がどんどん抜けてしまいます)

高速道路を走行中にパンクした場合

高速道路を走行中にパンクした場合

1. ハザードランプを点灯させて路肩に停車させる。

2. ハザードランプを点滅させたまま車を左側から降りる。※停車させている車に後方から衝突される危険があるため、車内での待機は絶対にやめましょう。同乗者がいる場合も、必ず左側から降りてもらいます。

3. 発煙筒を着火させて、車の後方50mの位置に置く。(三角停止板などの停止表示機材を持ち合わせている場合は、それも車の後方50mの位置に設置します。*)

*停止表示機材の携行は義務化されていませんが、高速道路上で停車させる際には設置しないと違反となり、罰則が与えられてしまいます。新車のオプションで用意されているエマージェンシーキットにはこの停止表示機材がセットとなっているので付けてもらうと良いでしょう。中古車を購入した場合は、いざという時のために用意しておくと良いですね!

4. ガードレールの外側まで速やかに避難して、道路管理センターやJAF、またはロードサービスに連絡する。

注意:高速道路上は大変危険なため、一般道のようにスペアタイヤへの交換や修理キットでの応急処置などを行うことは絶対にやめましょう!

タイヤ交換・パンク修理キットについて

タイヤ交換・パンク修理キットについて

修理店へ持っていく前の応急処置としてのタイヤ交換とパンク処理キットについて簡単に説明します。

タイヤ交換について

タイヤ交換について

普段から車の軽整備などに慣れている場合は、30分ほどでできてしまうのでスペアタイヤに交換するのが一番良い方法です。初めての場合、もしくは慣れていない場合はJAFやロードサービスを呼ぶ方が良いでしょう。

パンク修理キットについて

パンク修理キットについて

最近の車は、スペアタイヤが搭載されていない代わりに「パンク修理キット」が搭載されています。大体はトランクルームの隅や下、またはシートの下にありますが、いざという時のために事前に確認しておきましょう。

キットに記載されているイラスト通りに行うことで、パンクしたタイヤの応急処置ができます。キットが搭載されていない場合は、ホームセンターなどで2,000〜3,000円ほどで購入することができるので、用意しておくと安心ですね。

※キットで行う修理は、穴の空いた箇所に液状のゴムを注入し固めて、一時的に穴を塞ぐ方法です。初めての場合は1〜2時間ほど時間がかかってしまう上に、正しく処置ができていないと意味がないだけでなく、事故に繋がる可能性もあります。

初めてなど慣れていない場合は、こちらもJAFやロードサービスを呼ぶ方が良いかもしれません。

応急処置の後は修理店へ直行!

応急処置の後は修理店へ直行!

スペアタイヤへの交換や修理キットでの応急処置が済んだら、パンクしたタイヤを修理してもらえるお店へ行きます。

スペアタイヤは、タイヤがパンクした際に修理店まで走れるようにするための非常用のタイヤたのめ、長期間使用することを想定しては作られていません。スペアタイヤをそのまま使い続けることはとても危険なので絶対NG!

そのため、修理店へ行くという工程は絶対に欠かせません。

どこで修理してもらえる?車関連のお店ならばどこでも可能!

どこで修理してもらえる?車関連のお店ならばどこでも可能!

パンクの修理には、表面的な部分を修理してもらえる「外面修理」と、内側の状態を確認して裏張りなどの修理をしてもらえる「内面修理」の2種類があります。より安全に車を走らせたい場合は、内面修理をしてもらえるお店を選びましょう。

外面修理は20分ほど、内面修理は30分から1時間ほどで終了しますが、お店の状況によっても変わってくるので事前に連絡をして確認しておくと良いですね。

※修理価格は参考価格となります。

ガソリンスタンド(外面修理のみ1,500〜2,000円)

ガソリンスタンド(外面修理のみ1,500〜2,000円)
画像:123RF

店舗が圧倒的に多いため、パンクした場所からでもすぐに見つけられるのがメリット。タイヤの状態とガソリンスタンドまでの距離によっては、応急処置をすることなくそのまま直行することも可能です。無人のガソリンスタンドや、整備スタッフが常駐していない所も多いため、事前に連絡をして確認しておくと良いです。そしてガソリンスタンドでの修理は外面修理のみという場合がほとんど。内面修理をしたい場合は他のお店へ行きましょう。

カー用品店(外面修理:1,500円・内面修理;3,000〜5,000円)

カー用品店(外面修理:1,500円・内面修理;3,000〜5,000円)
画像:123RF

他の場所よりも比較的安価に対応してもらえることが多いのがカー用品店。タイヤ交換やメンテナンスを行う修理スペースがあるため、スピーディーに対応してもらえるのも魅力です。

タイヤ専門店(外面修理:1,500円・内面修理;3,000〜5,000円)

タイヤ専門店(外面修理:1,500円・内面修理;3,000〜5,000円)
画像:123RF

専門店ならではの魅力が満載のタイヤ専門店。パンク修理の経験も豊富なため、臨機応変な対応で最適なタイヤを選んでもらえます。損傷が酷くて修理ができない場合でも、その場ですぐにタイヤ交換が可能。合うタイヤの在庫がないという心配もありません。

ディーラー(外面修理:1,500円・内面修理;3,000〜5,000円)

ディーラー(外面修理:1,500円・内面修理;3,000〜5,000円)

馴染みの担当者がいる場合はスムーズな対応が期待できるだけでなく、車の特徴を把握している整備士が修理にあたってくれるため、安心度が高いのがディーラーの魅力。タイヤ交換が必要な場合も最適なタイヤを選んでもらえます。自宅でパンクに気づいた際は、自宅まで車を取りに来てくれるサービスがある場合も!

整備工場(お店によりけり)

整備工場(お店によりけり)
画像:123RF

馴染みの整備工場がある場合は、素早い対応をしてもらえるなど、(パンク修理だけでなく)その他全般も相談に乗ってもらえるのが整備工場の良いところ。ネットなどで安く購入したタイヤを持ち込んで取り付けしてもらうこともできますが、価格がお店によって違うため、事前に確認してからが良いでしょう。

修理してもらったあとは

修理してもらったあとは

プロにしっかりと修理してもらったタイヤは、耐久性は落ちますが基本的にそのまま使い続けても問題はありません。

以下の点に注意して、安全に長く使っていきましょう。

内面修理もしてもらう

外面修理のみ済んでいる状態の場合は、内面修理もしっかりとしてもらいましょう。内面修理は、タイヤをホイールから外して内側もしっかりと確認するため、修理後にトラブルが起こってしまうリスクを大幅に軽減させることができます。パンクをしたら内面修理までしっかりとした方が、長期的に見たコストパフォーマンスの上でもお得です。

常に空気圧に気をつける

タイヤの空気圧が低い状態で走行すると、摩耗が進むだけでなく、転がり抵抗が増えるため燃費が悪化したり、安定性が低下したり、最悪破裂などの危険もあるため、常に空気圧の基準を満たしている必要があります。パンク修理をしたタイヤは一度ダメージを受けている状態のため、さらに注意が必要と心得えて、ガソリン補給をする際などにマメにチェックすることを習慣化すると良いでしょう。(車両指定空気圧は、運転席のドアの内側、または給油口のフタの内側に貼ってあるシールに記載されています)

高速道路を走行する際は特に注意する

空気圧が低い状態で車を高速で走らせると、タイヤの表面が波打ってしまうことがあります。その影響でタイヤが熱を持ち、補強材が損傷してバースト(破裂)が起こってしまう危険も。バーストは、勢いよくハンドルを取られて車ごと吹っ飛んでしまう大事故となる危険があるため、高速道路にのる予定がある前は必ず空気圧の確認をしましょう。

修理ができないほど損傷(破裂など)していた場合

修理ができないほど損傷(破裂など)していた場合
画像:123RF

修理ができないほどタイヤの損傷が激しい場合は、タイヤの交換となります。「パンクしたのは1本だけだから、タイヤの交換も1本だけで良いのでは?」と思ってしまいそうですが、タイヤは4本共同じ状態でないと走行が安定しません。

そのため、タイヤを交換する際は一度に4本全て取り替えるのが原則です。

どうしても費用を抑えたい場合は、前後どちらかパンクした側のみ2本ずつ取り替えるということも可能ですが、やはり4本同時に取り替えるのが理想です。

タイヤパンク保証

画像:123RF

最近は、大手カー用品店などでは「タイヤパンク保証」があるところも。新品タイヤ4本分の料金にプラス3,000〜9,000円の加入料で、2〜3年のパンクに対応してもらえます。諸条件ありますが、タイヤが1本パンクしてしまったら4本のタイヤを新品にしてもらえるので、加入しておくとお得かもしれません。

パンクを予防するには?

パンクを予防するには?

パンクはタイヤを全て変える必要が出てくる場合もあるので、できる限りしたくないですよね。日々の心がけでパンクする確率を大幅に下げることができます。以下を参考にしてみてください。

空気圧をマメにチェックする

空気圧が不足した状態で走行し続けていると、パンクの原因になります。常に車両指定空気圧を満たして走行するようにしましょう。エアバルブが緩んでいたり劣化していないかの確認も同時にするとさらに完璧!

タイヤの寿命を把握しておく

タイヤの寿命は製造から10年と言われていますが、走行距離も人それぞれな上、ゴム製なため経年劣化は免れません。4〜5年(スタッドレスの場合は3年)ごとに交換するのが理想です。

タイヤをローテーションする

一般的に、フロントタイヤはハンドルをきる際に向きが変わることで角が減りやすく、リアタイヤは向きが変わらないため中央の溝が減りやすいと言われています。タイヤの位置を入れ替える「ローテーション」をすることで、磨耗を均一にしてタイヤを長持ちさせることができます。

ローテーションのタイミングは、車をよく使う人は走行距離が5,000kmや10,000kmになったら交換する、などの目安をつけて行うと良いでしょう。そこまで車を使わない場合は、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに変える際にローテーションをするのがおすすめです。

お店でタイヤ交換を行なってもらう場合は、ローテーションしてくれている場合が多いですよ!

静な対応が重要!トラブルは落ち着いて対応しましょう

静な対応が重要!トラブルは落ち着いて対応しましょう

車のトラブルや事故に見舞われてしまった際は、とにかく冷静な対応が大切です。

実際に今パンクしてしまったんだよ!という状況で読んでいただいた場合も、一旦深呼吸をして、ぜひ落ち着いた行動を心がけてくださいね。

屋根がなくても車は車ですが、タイヤがない車は車とは呼べません。むしろ、タイヤさえついていればなんでも車に見えてしまうほど、タイヤは車の要でもあります。

そんなタイヤがパンクしてしまった際は、しっかりと修理して、その後もこまめなチェックを欠かさずに、長く安全なおつきあいをしていきたいですね。

 

編集:まっぷるライフスタイル編集部
旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。
何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。
筆者
はるな

趣味はドライブ!いろいろなところに旅行しています。大切な愛車を自分でもメンテナンスできるようになりたい!ということで、車のタイヤ交換や修理などにチャレンジ。
まだまだ分からないことだらけですが奮闘中。工具や車の仕組みについて楽しく学びレポートしていきます!