トップ > ライフスタイル >  飲み物 > ジン >

クラフトジンおすすめ13選!世界中でブームのクラフトジンから厳選してご紹介!

この記事をシェアしよう!

クラフトジンおすすめ13選!世界中でブームのクラフトジンから厳選してご紹介!

気温が上がって草木が芽吹く季節になると、キリっとしたジンが飲みたくなります。昔からなじみのあるジンだけど、このところよく耳にするクラフトジン。それもそのはず、蒸溜所ごとに個性が立つ商品がそろうのはもちろんのこと、ウイスキーよりも比較的安価で楽しめることも手伝って、日本はもとより世界中でこのクラフトジンが大ブームなのです。

さまざまな蒸溜所から発売されている個性あふれるクラフトジンを試してみませんか?

おすすめのクラフトジンご紹介の前に、まずはジンを知っておこう!

ジンってどんなお酒?

ジンは穀物を原料とした蒸留酒にジンの語源となるジュニバーベリ―という木の実の香りを付けたアルコール度数37.5度以上のお酒をいいます。そのなかでも、蒸留過程でジュニバーベリ―の香りをつけて、さらにジュニバーベリー以外のボタニカル(草木根皮を使用したハーブやスパイス)の香りをプラスしたものを蒸溜ジン、さらにこのボタニカルが天然のものに限定されてアルコール度数が70度以上のものはロンドンジンとされます。

原産地はイギリスと思われがちですが起源はオランダで、腹痛の鎮静や強壮剤の薬酒として造られていたようです(それよりも前にイタリアでジュニバーベリーを使用した蒸留酒が作られていた説もあります)。それがイギリスにわたり、あまりのおいしさにまたたくまに人気のお酒になったとか。

ジュニバーベリーとは
ジンの香り付けとして必ず使われているヒノキ科の針葉樹「セイヨウネズ(西洋杜松)」の木の実。直径5~10mmほどの黒い実は、針葉樹の葉のさわやかさで甘みにやや苦みの効いたスパイス感ある香りが特徴。体のなかの老廃物を排出させたり、むくみを軽減させる効能があるといわれ、アロマオイルや男性用の香水に使われることもあるようです。

ジュニバーベリー

ボタニカルとは
言葉のとおり植物の意味でジンに使われるジュニバーベリーを含む植物由来の香料の原料のこと。植物の葉、根、樹皮、果実、果実皮、種子など、フレッシュなものから乾燥させたものまでさまざまな形で使われます。シナモン、コリアンダー、カルダモン、キャラウェイなど、スパイスや漢方薬の原料となるものも多くあります。

ジンのボタニカルとしてよく使用されるアンジェリカ。香りはスパイシーで食欲不振や消化不良、体を温め冷えを押さえる効果があるといわれます。

ジンの味の特徴は?

ジンの味の特徴は?
クラフトジンの香りをそのまま味わうならロックやジンリッキーがおすすめ

ジンは蒸留酒なのでお酒自体に味というものはついていませんが、最大の特徴であるジュニバーベリーなどのボタニカルの香りを楽しむお酒といってよいでしょう。ですので、ジンの香りを楽しむのなら、ロックストレートで飲むのがおすすめ。アルコール度数が高めなので飲みやすく味わうのなら、トニックウォーターで割ったジントニックやソーダと割ってライムを絞ったジンリッキーがジンの香りを存分に味わえるでしょう。

《ジンを使ったおもなカクテル》
・ジントニック
ジンをトニックウォーターで割ったロングカクテル。トニックの甘さで飲みやすく味わえる。ライムを添えたり絞ったりするのが一般的
・ジンリッキー
ジンをソーダで割ったシンプルなロングカクテルでジンの香りがそのまま味わえる
・ジンバック
ジンをジンジャエールで割ったロングカクテル。ジンの香りとジンジャーの風味があいまって、すっきりと味わえる。
・ジンライム
ジンのロックにライム果汁をギュッと絞ったシンプルなカクテル
・ギムレット
ジンとライム果汁をシェイクしたショートカクテル
・マティーニ
ジンとドライベルモットを混ぜ合わせてオリーブを添えたショートカクテル

クラフトジンの定義は?

クラフトジンとしての定義はとくにありませんが、ボタニカルの香りや原酒で蒸溜所ごと、商品ごとに個性を出したジンというところです。
クラフトジンの人気の秘訣は、なんといってもその蒸溜所の地元ならではの産物を使った個性的な風味!地域やこだわりのボタニカルが際立ったクラフトジンは、ジンを味わうシーンさえも変える存在となりました。
そんなクラフトジンの人気は世界的に広がっていて、今や蒸溜所の数はウイスキーを超えるともいわれています。
それでは、おすすめのクラフトジンを味わっていきましょう。

クラフトジンおすすめ:ジャパニーズジン9選

世界中で人気のクラフトジンですが、とくに人気なのが「ジャパニーズジン」といわれる日本で作られたクラフトジン。小規模蒸溜所をはじめ大手メーカー、焼酎メーカー、日本酒メーカーなど、さまざまな蒸溜所で個性あふれるクラフトジンが作られています。古来から薬草や香草を生活に取り入れて、自然豊かな日本だからこそ、魅力的なクラフトジンができることは、間違いありません。

※おもなボタニカルはジュニバーベリーを除いたものを紹介しています。

ジャパニーズクラフトジンおすすめ①:桜尾(さくらお)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ①:桜尾(さくらお)
画像:Amazon

広島・廿日市市の老舗酒造メーカーが手掛けるクラフトジン。この桜尾の特徴は、なんといっても香りが高い青レモンやみかん系の柑橘系を中心としたボタニカル!これらのボタニカルを浸漬して蒸溜したクラフトジンは、しっかりとジュニバーベリーの風味も引き立ち、正統派ジンの魅力とともに柑橘のさわやかさが楽しめるのが魅力です。柑橘のほかにも、ヒノキや地元桜尾の象徴の桜、牡蠣殻など、瀬戸内ならではのボタニカルに特化したクラフトジンです。

産地:広島県廿日市市
蒸溜所:サクラオブルワリーアンドディスティラリー
メーカー:中国醸造
おもなボタニカル:レモン、ネーブル、夏ミカン、柚子、ヒノキ
おすすめの飲み方:ロック、ジンリッキー

クラフトジン「桜尾」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ②:香の森(かのもり)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ②:香の森(かのもり)

養命酒でおなじみの養命酒酒造が手掛けるクラフトジン。養命酒にも使われていて日本で古くから香木として知られるクロモジを中心に、18種類のボタニカルで作られたクラフトジン。ひと口含むと森の木の香りがふわっと広がり、甘みのあとにスパイシーさが残ります。1杯飲み終わったころには、心なしかちょっと体調がよくなったような気がするのが不思議!(※筆者個人の感想です)

産地:長野県駒ケ根市
蒸溜所:養命酒製造 駒ヶ根工場
メーカー:養命酒製造
おもなボタニカル:クロモジ、杉の葉、松の葉、レモンピール、シナモン
おすすめの飲み方:ロック、ジンライム

ジャパニーズクラフトジンおすすめ②:香の森(かのもり)

香の森のメインボタニカルとして使われていクロモジの枝

クラフトジン「香の森」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ③:JIN7 series 01(ジンセブン シリーズ01)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ③:JIN7 series 01(ジンセブン シリーズ01)
画像:Amazon

鹿児島県指宿の操業約150年の焼酎酒造が手掛けるクラフトジン。ジンのベースとなる蒸留酒は、自社が長年手掛ける芋焼酎。この蒸留酒に鹿児島の肝属エリア特有の柑橘「辺塚だいだい」(だいだい種とは異なるライムに似た柑橘)を中心に、日本最古のハーブ園といわれる「開聞山麓香料園」のホウショウ(クスノキの亜種)やハーブなどのボタニカルで作られています。ジュニバーベリーがしっかり効いたジンの奥にさわやかな柑橘の香りがほのかに香り、飲み込む直前に新緑のような甘み、最後に芋焼酎の風味がわずかに抜けていきます。正統派のジンに近いドライ感が印象的なクラフトジンです。

産地:鹿児島県指宿市
蒸溜所:大山甚七商店
メーカー:大山甚七商店
おもなボタニカル:辺塚だいだい、ホウショウ、月桃、シナモン、知覧茶
おすすめの飲み方:ジントニック、ジンリッキー

ジャパニーズクラフトジンおすすめ③:JIN7 series 01(ジンセブン シリーズ01)

JIN7 series 01は60mlのミニボトルも販売されています

クラフトジン「jin7 series 01」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ④:KOZUE(コズエ)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ④:KOZUE(コズエ)
画像:Amazon

和歌山県海南で作られるクラフトジンは、日本固有の針葉樹“高野槙”をメインとして、和歌山の温州みかん、レモン、山椒などのボタニカルで作られています。モトとなる原酒に漬け込み、香りを抽出したのちに蒸溜されたクラフトジンは、低温で一定期間熟成させるという珍しい製法。メインボタニカルの高野槙が効いていて、口に含むと森の中の空気を吸い込んだような緑と木の香りが広がり、最後に山椒のスパイシーな風味が残ります。高野槙はリラックス効果も高く、寝る前の一杯におすすめです。

産地:和歌山県海南市
蒸溜所:富士白蒸留所
メーカー:中野BC
おもなボタニカル:高野槙、温州みかん、レモン、山椒
おすすめの飲み方:ジントニック、ブロンクス(カクテル)

クラフトジン「KOZUE」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑤:伊勢神(いせじん)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑤:伊勢神(いせじん)
画像:Amazon

商品名のとおり、伊勢神宮がある三重県伊勢市で作られるクラフトジン。酒蔵はおかげ横丁内にあるという、まさに神のおひざ元で作られるクラフトジンは、海の産物アオサをはじめ、梅、柚子、ショウガ、お茶など、日本独自のボタニカルが使われているが特徴です。最初にアオサの磯の香りがほんのりして、そのあと梅やお茶のなど喉を通り過ぎるまでにさまざまな風味が感じられます。最後にジュニバーベリーがしっかり残り、まさにジャパニーズなクラフトジンを楽しめますよ。

産地:三重県伊勢市
蒸溜所:内宮前酒造場
メーカー:株式会社 伊勢萬
おもなボタニカル:完熟梅、柚子、生姜、みつ葉、伊勢茶、アオサ
おすすめの飲み方:ロック、ジンリッキー

クラフトジン「伊勢神」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑥:秋田杉GIN(あきたすぎジン)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑥:秋田杉GIN(あきたすぎジン)
画像:Amazon

秋田県生まれのクラフトジン秋田杉は、秋田の高校、大学、食品研究センター、発売元の発酵会社との共同開発で生まれた異色のクラフトジンです。この秋田杉GINは、2021年の「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」で最高金賞を受賞した実力!商品名にもついているとおり、メインのボタニカルは天然の秋田杉の葉。さわやかな森の香りが楽しめることはもちろんのこと、リラックス効果や免疫調整などさまざまな効能があるとのこと。そのほかにオレンジやレモンのピール、アンジェリカルート(セリ科植物の根)などのボタニカルを原酒に漬け込んで抽出されたジンは、森林浴をしているかのような木の香りのあとに、ピリッとスパイシーなアクセントが入り、キリっといただけます。

産地:秋田県湯沢市
蒸溜所:不明
メーカー:秋田県醗酵工業株式会社
おもなボタニカル:秋田杉の葉、オレンジピール、レモンピール、アンジェリカルート、コリアンダーシード
おすすめの飲み方:ジンリッキー、ロック

クラフトジン「秋田杉 GIN」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑦:季の美 京都ドライジン(きのび きょうとドライジン)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑦:季の美 京都ドライジン(きのび きょうとドライジン)
画像:Amazon

日本初のクラフトジン専門蒸溜所が手掛けるジン。最大の特徴は米から作られる原酒!日本酒の原料にもなる米の原酒で作られたクラフトジンは、まろやかな口当たりとほんのりした甘み。原酒そのものがボタニカルとなっていて、数あるクラフトジンのなかでも一線を画します。ボタニカルは、ヒノキ、山椒、玉露、使用する水は伏見の伏流水など、京都らしさを追求したクラフトジンです。この季の美の世界を堪能できる「季の美 House」では、バーカウンターで飲み比べも楽しめるとか。京都に行ったら、ぜひ足を運んでみたいですね。

産地:京都府京都市
蒸溜所:京都蒸溜所
メーカー:京都蒸溜所
おもなボタニカル:ヒノキ、山椒、玉露、レモンピール、柚子
おすすめの飲み方:ジントニック、ロック、お湯割り

クラフトジン「季の美 京都ドライジン」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑧:KOMASA GIN 苺(コマサジンいちご)

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑧:KOMASA GIN 苺(コマサジンいちご)

鹿児島の焼酎醸造メーカーが手掛けるクラフトジン。ジンのボトルはどちらかといえば、キリっとかっこいいデザインが多いものですが、どうですか!?このかわいさ!ジン好きでなくても、思わずジャケ買いしてしまいそうパッケージです。そして、商品名とデザインのとおり、メインのボタニカルには地元日置産イチゴを中心に、ラズベリー、バジルなどが使われています。ジャパニーズジンでベリー系をクラルトジンのボタニカルとして使われるのは珍しく、それだけでも興味をそそられます。イチゴの甘い香りとバジルなどのハーブの香りが相まったジンは、太陽の下で飲みたくなるクラフトジンです。

産地:鹿児島県日置市
蒸溜所:小正醸造
メーカー:小正醸造
おもなボタニカル:イチゴ、ラズベリー、バジル、ブルーベリー
おすすめの飲み方:ジンリッキー、ベリーベリー(カクテル)

クラフトジン「KOMASA GIN 苺」を購入するならこちら

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑨:ナイトトラベラー

ジャパニーズクラフトジンおすすめ⑨:ナイトトラベラー
画像:Amazon

秋田県の注目の日本酒メーカー「山本」が手掛けたクラフトジン。原酒は日本酒メーカーならではの酒粕から作る酒取り焼酎を使用していることもあり、フルーティーでやや酸味のある日本酒のような風味とまろやかな口当たりが特徴。味そのものがないはずのジンですが、このナイトトラベラーは明らかに甘みがあるように感じられます。それでいて、喉の奥まで届くころには口の中がキュッとと引き締まり、ジンらしさを感じさせてくれます。名前のユニークさとボトルのおしゃれ感は、友だち同士の飲み会に登場させたくなりますね。

産地:秋田県八峰町
蒸溜所:山本酒造店
メーカー:山本酒造店
おもなボタニカル:桔梗、ミツレ、秋田杉の葉、檜山茶、リンゴ
おすすめの飲み方:ジントニック

クラフトジン「ナイトトラベラー」を購入するならこちら

クラフトジンおすすめ:世界のクラフトジン4選

クラフトジンの人気は世界中で高く、各国でさまざまなクラフトジンが作られています。日本人のわたしたちには珍しいボタニカルが使われていたり、ボトルがおしゃれだったり。それぞれに魅力がある世界のクラフトジンをご紹介します。

※おもなボタニカルはジュニバーベリーを除いたものを紹介しています。

世界のクラフトジンおすすめ①:シップスミス ロンドン ドライジン

世界のクラフトジンおすすめ①:シップスミス ロンドン ドライジン
画像:Amazon

ジンの世界的ブームの火付け役となったロンドンに約200年ぶりにできたクラフトジン蒸溜所が手掛けるジンは、18-19世紀の伝統的製法にこだわって作られています。ジュニバーベリーの香りがしっかり立った力強い味わいながらも、柑橘の風味が鼻から抜けてあと味はさわやか。正統派のジンを味わいたい人におすすめです。

産地:イギリス
蒸溜所:シップスミス
メーカー:ウィスク・イー
おもなボタニカル:レモンピール、シナモン、リコリス、コリアンダー、アンジェリカ
おすすめの飲み方:ジントニック

クラフトジン「シップスミス ロンドンドライジン」を購入するならこちら

世界のクラフトジンおすすめ②:フォレスト ジン

世界のクラフトジンおすすめ②:フォレスト ジン
画像:Amazon

イギリス、イングランド中部の国立公園内で夫婦で営む小さな蒸溜所のクラフトジン。仕込みからボトリング、ラベル貼りまですべて手作業で作られるジンは、地元の森で手摘みされたフレッシュな木の葉ベリー系など、オーガニックのボタニカルを使用。ジュニバーベリーやコリアンダーは香りが立つようにすり鉢でやさしくかきまぜたのちに、原酒に浸透させて作られています。イタチがモチーフのかわいいボトルは陶器でできていて、部屋のインテリアとしてもステキです。

産地:イギリス
蒸溜所:フォレストジン蒸留所
メーカー:フォレストジン
おもなボタニカル:コリアンダー、ピルベリー、ラズベリー、ブラックベリー
おすすめの飲み方:ジンリッキー

クラフトジン「フォレスト ジン」を購入するならこちら

世界のクラフトジンおすすめ③:クローバージン

世界のクラフトジンおすすめ③:クローバージン
画像:Amazon

ベルギーで地元の女性蒸溜家が姉妹で手掛けるクラフトジン。フルーティーでフレッシュなボタニカルの香りが口に広がり、最後にジュニバーベリーがグッと引き締めてくれます。ジンのなかでもかなりやわらかい飲み口で、ボトルのおしゃれさとともに女性にもおすすめです。ボタニカルには、名称にもついているクローバーをはじめ、ラベンダー、エルダーフラワー、カモミールなどハーブが多く使われていているのも特徴です。

産地:ベルギー
蒸溜所:不明
メーカー:アレグレス
おもなボタニカル:洋ナシ、クローバー、ラベンダー、カモミール、コリアンダーシード
おすすめの飲み方:ジントニック、ジンバック

世界のクラフトジンおすすめ③:クローバージン

クローバージンは50mlのミニボトルも販売されています、写真は姉妹品の「クローバージン ラッキー4」

クラフトジン「クローバージン」を購入するならこちら

世界のクラフトジンおすすめ④:コーヴァル ドライジン

世界のクラフトジンおすすめ④:コーヴァル ドライジン
画像:Amazon

和柄風のおしゃれなボトルが印象的なクラフトジンは、アメリカ・シカゴ発。ウイスキー作りでも有名なコーヴァル蒸溜所が手掛けるクラフトジンは、原酒からボタニカルまですべての原料がオーガニックで作られていて、その原酒も自家製。ボタニカルには数種類の野花使われていて、華やかな香りとあとに柑橘系のさわやかさが広がります。ジンとしてはまろやかな飲み口、わずかにジュニバーベリーの苦みがアクセントになっています。

産地:アメリカ
蒸溜所:コーヴァル蒸留所
メーカー:コーヴァル
おもなボタニカル:アンジェリカルート、ローズヒップ、コリアンダー
おすすめの飲み方:ロック、ストレート(ソーダを少しだけ入れてみてください)

推しのクラフトジンをみつけて、みんなで飲み比べを楽しもう!

推しのクラフトジンをみつけて、みんなで飲み比べを楽しもう!
まずはミニボトルでのお試しもおすすめです

興味がわいたクラフトジンはありましたか?
お気に入りの1種類を一人でゆったり味わうのもよいですが、何種類かを飲み比べてみると、それぞれの特徴がわかりやすく、自分の好みもはっきりしてきます。友だち同士で推しのクラフトジンを持ち寄って、飲み比べ会を楽しむのも楽しいですよ。スピリッツなのでアルコール度数は高め。お酒が強くない人には、ジンをスプレーに入れてソーダに一振りするだけで、雰囲気が味わえます。

メーカーによっては、ミニボトルを出している商品もあるので、まずはミニボトルでお試しするのもいいですね。

お気に入りのクラフトジンを見つけて、新たなジンの世界を楽しんでくださいね。

※この記事は大阪府豊中市のBar Chetにご協力をいただいきました。

お酒とおいしいものが大好きで、ステキなお店を見つけるのが超得意です。隠れた名店や穴場スポットなどを発信していきます。

エリア

トップ > ライフスタイル >  飲み物 > ジン >