エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 日田・天ヶ瀬温泉 > 日田 > 日田市街

日田の羊かん

伝統の製法で作られる上品な甘み

明治以来、日田の味として親しまれている「赤司日田羊羹本舗」の名物羊かん。丹念に練り上げ作られる伝統の製法を今も守り続けている。さまざまな種類の羊かんがあり、上品な甘さの「小豆こし」が人気。

日田の羊かん

赤司日田羊羹本舗(アカシヒタヨウカンホンポ)

明治以来の名物羊羹をみやげに

創業明治24(1891)年の羊羹専門店。すっきりした味と上品な薄墨色の羊羮が特色。小豆の皮をていねいにはぎとり、丹念にあくを除いた上質の餡が味の特徴。

赤司日田羊羹本舗

赤司日田羊羹本舗

住所
大分県日田市豆田町8-15
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
日田羊羹=1400円~(一枚物)、950円(パック入)/塩羊かん=1050円/抹茶羊かん=1150円/大納言羊かん=1150円/栗かのこ羊かん=1300円/

松浦松翁堂(マツウラショウオウドウ)

四代目がのれんを継ぐ老舗

大正時代から続く和菓子店。初代が考案した「日田どん」は、上品な甘さの餡を美しいうぐいす色の餅でくるんだもの。「亀山」はピーナッツとクルミ入りの焼き菓子。

松浦松翁堂

松浦松翁堂

住所
大分県日田市隈1丁目3-31
交通
JR久大本線日田駅から徒歩15分
料金
日田どん=800円(1本)/亀山=780円(1本)/そばまんじゅう=100円(1個)/日田羊かん・柚羊かん=各824円(各1本)/

エリア