トップ > 全国

全国

日本のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

日本のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。ちゃんちゃん焼き、ルイベ、阿寒のアイヌ料理など情報満載。

日本のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

1~20 件を表示 / 全 2,349 件

ちゃんちゃん焼き(ちゃんちゃんやき)

魚も野菜もたっぷり食べられるヘルシー料理

  • ご当地名物料理

鮭などの魚と、タマネギやキャベツなどの野菜を鉄板で焼いた料理。一般的には、鮭をメインの食材にすることが多いが、ニジマスやホッケなど、ほかの魚を使うこともある。

ちゃんちゃん焼き

ルイベ(るいべ)

アイヌの食習慣から生まれた郷土料理

  • ご当地名物料理

鮭やマスを使った北海道の郷土料理で、生の鮭をいったん冷凍し、刺身のように薄く切って味わう。少し溶けかけた身がシャキシャキとした独特の食感で、生の刺身とは異なる風味が楽しめる。

阿寒のアイヌ料理(あかんのあいぬりょうり)

自然の味を堪能していた民族料理を再現

  • ご当地名物料理

アイヌ民族が食べていた珍しいアイヌ料理は、ギョウジャニンニク(アイヌネギ)などの山野草やエゾシカ、鮭などを使ったものが多い。阿寒周辺の店で出される料理は現代風にアレンジしてあり親しみやすい味わい。

阿寒のアイヌ料理

炉端焼き(ろばたやき)

魚介を炭で焼く炉端焼きは釧路が発祥

  • ご当地名物料理

新鮮な魚介を炭火で焼いて食べる釧路発祥の食べ方。脂分がほどよく落ち、魚がもつ本来の旨みを味わうことができる。豪快な雰囲気を味わえるのも魅力の一つ。

炉端焼き

和商の勝手丼(わしょうのかってどん)

好きな魚介をのせて自分だけの海鮮丼を

  • ご当地名物料理

市場内でご飯を買って、あとは店を回りながら少しずつ好みの具を盛り付けていく和商市場の名物丼。1つ1つの具は大きく豪華で、魚介が豊富な釧路ならではの丼。

和商の勝手丼

ジンギスカン(じんぎすかん)

冷えたビールとよく合う有名郷土料理

  • ご当地名物料理

北海道が生み出した人気料理で、羊肉を豪快に焼くさまは野趣にあふれ北海道らしい。タレや味は地域や店によって少しずつ異なる。北海道の象徴として「北海道遺産」にもなっている。

ジンギスカン

支笏湖のチップ料理(しこつこのちっぷりょうり)

生でも焼いてもおいしい支笏湖の名物料理

  • ご当地名物料理

「チップ」とは支笏湖で一生を過ごすヒメマスのことで支笏湖の名物。臭みがなく淡白で、サーモンのようにあっさりしているのが特徴。姿焼き、刺身、マリネ、フライなどさまざまな料理が味わえる。

支笏湖のチップ料理

小樽の寿司(おたるのすし)

新鮮な魚介を使った本場の寿司に舌鼓

  • ご当地名物料理

小樽は全国有数の寿司の街。市内の漁港で水揚げされた魚介が、朝のうちには届けられるので新鮮で質の高い寿司が安く味わえる。色ツヤのよいネタは柔らかく、口の中に甘みが広がる。

小樽の寿司

上富良野の豚さがり(かみふらののぶたさがり)

わずかしか取れない肉をぜいたくに焼いて食べる

  • ご当地名物料理

「豚さがり」とは豚の横隔膜の一部で、一頭から500g程度しかとれない貴重な肉。北海道の上富良野には豚さがりを取り扱う店がいくつかあり、そのおいしさと貴重さからこの地でしか味わえない名物となっている。

上富良野の豚さがり

石狩鍋(いしかりなべ)

鮭を丸ごと味わえる漁師の賄い料理が発祥

  • ご当地名物料理

鮭の主要産地・石狩川から名が付いた。生の鮭一匹をぶつ切りにして、野菜と昆布で取っただしを入れ、味噌で仕上げる。隠し味に牛乳やバター、酒粕を入れる場合も。

石狩鍋

帯広の豚丼(おびひろのぶたどん)

いまや全国区の豚丼は帯広が発祥

  • ご当地名物料理

今では全国区となった豚丼の発祥地は帯広。十勝の人々にとってはなじみ深い豚肉を使った帯広ならではのメニュー。ジューシーな豚とご飯のセットに舌鼓。

帯広の豚丼

タコしゃぶ(たこしゃぶ)

薄切りにしたタコの食感がたまらない

  • ご当地名物料理

稚内沿岸でとれるタコは柔らかいミズダコ。これを薄切りにしてさっと湯がき、特製のタレをつけて味わう。コリコリとした食感を残しつつ、タコの甘みを楽しむことができる北海道特有の料理。

タコしゃぶ

羅臼のホッケ(らうすのほっけ)

豊かに育った羅臼の魚介は深い味わいが魅力

  • ご当地名物料理

羅臼の海水は栄養分が高く、魚の成育に適している。そのため、羅臼のホッケは、北の厳しい環境に揉まれてたくましく成長したもの。大きく脂がのっていて、身もホクホクしている。

羅臼のホッケ

室蘭やきとり(むろらんやきとり)

豚肉、タマネギ、洋がらしが三位一体のやきとり文化

  • ご当地名物料理

「やきとり」と言っても、室蘭で食べられているのは豚肉。相性がよく、自然の甘みを感じさせるタマネギを挟み、肉の旨みを引き出す洋がらしが添えられるのが室蘭流。専門店も市内に50軒以上ある。

室蘭やきとり

青森のひっつみ(あおもりのひっつみ)

寒い季節にぴったりの小麦粉のこねもの

  • ご当地名物料理

青森に伝わる郷土料理で、いわゆる「すいとん」だが、小麦粉を水でこねた生地を引っ張ってちぎることから「ひっつみ」と呼ばれる。具だくさんの鍋料理だが、地域や各家庭で入れる具は異なる。

青森の桜鍋(あおもりのさくらなべ)

上北地方で味わいたい名物の馬肉料理

  • ご当地名物料理

美しい色合いから桜肉とも呼ばれる馬肉を使った鍋料理。古くから馬の産地として知られる十和田市、五戸町を中心とした上北地方の名物。馬肉は脂肪分が少なく低カロリー、高タンパクでヘルシーなのもうれしい。

青森の桜鍋

秋田のとんぶり(あきたのとんぶり)

畑のキャビアとも呼ばれる極上の食感

  • ご当地名物料理

プチプチとした食感が特徴のホウキグサの実。その歯ごたえがキャビアに似ていることから、畑のキャビアとも呼ばれている。ゴマ和えや納豆、長芋に混ぜて食べるなどして親しまれてきた。

秋田のとんぶり

けの汁(けのしる)

女性が体を休めるように作られた家庭の味

大根・ゴボウなどの根菜やワラビ・フキなどの山菜を、さいの目に細かく切り、味噌や醤油で味付けした汁。小正月に家庭の主婦が休めるように作られた、津軽地方の郷土料理。

けの汁

いちご煮(いちごに)

ウニとアワビを使ったぜいたくな郷土料理

  • ご当地名物料理

良質の昆布を食べて育った青森のウニは、濃厚でとろりと溶ける口当たりが特長。このウニとアワビの薄切りを、塩とわずかな醤油で味付けした郷土料理。ウニとアワビの旨みが口の中に広がる。

いちご煮

じゃっぱ汁(じゃっぱじる)

豊富な魚介のアラを使った青森のアラ汁

  • ご当地名物料理

「じゃっぱ」とは津軽弁でアラのことを言い、魚をおろした際に残った頭や骨でだしを取った汁のことをじゃっぱ汁と呼ぶ。味わい深い風味と具だくさんのボリュームが魅力。

じゃっぱ汁

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください