トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 奈良・斑鳩 > 月ケ瀬・山添

月ヶ瀬のウメ

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」が開催される。県下では名張川の渓谷両岸に1万本が咲く月ヶ瀬梅渓などで花に彩られた美しい景色が楽しめる。

月ヶ瀬のウメ

月ヶ瀬梅渓の梅(ツキガセバイケイノウメ)

無数の梅が咲き誇る

関西屈指の梅林。シーズンには月ヶ瀬湖の湖岸から山腹にかけて、白や赤、約1万本の梅の花が咲く。鎌倉時代に真福寺の境内に梅を植えたのがはじまりという。

月ヶ瀬梅渓の梅

月ヶ瀬梅渓の梅

住所
奈良県奈良市月ヶ瀬尾山
交通
伊賀鉄道伊賀線上野市駅から三重交通桃香野口行きバスで30分、尾山下車、徒歩5分(観梅時期はJR月ケ瀬口駅から臨時バス運行)
料金
情報なし

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください