エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 新橋・品川 > 新橋・汐留

汐留のフジ

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。都心のオアシス、浜離宮恩賜庭園ではフジの花も楽しめる。

浜離宮恩賜庭園(ハマリキュウオンシテイエン)

特別名勝・特別史跡に指定された徳川将軍家の庭園

江戸時代に、江戸城の出城としての機能を果たしていた大名庭園。海水が出入りする「潮入の池」をはじめ、ウメ・ナノハナ・サクラ・フジ・コスモスなど四季折々の花が楽しめる。

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園

住所
東京都中央区浜離宮庭園1-1
交通
地下鉄汐留駅から徒歩7分
料金
大人300円、小学生以下無料(65歳以上150円、各種障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、都内在住または在学の中学生は無料)

旧芝離宮恩賜庭園(キュウシバリキュウオンシテイエン)

江戸の面影を残す庭園のお勧めは入口近くの藤棚。国指定名勝

江戸の風情を今に残す庭園。小田原藩主大久保家の上屋敷跡。大正13(1924)年より一般公開されている。見どころは入口付近の藤棚や、池と中島を結ぶ西湖の堤など。国指定名勝。

旧芝離宮恩賜庭園

旧芝離宮恩賜庭園

住所
東京都港区海岸1丁目4-1
交通
JR山手線浜松町駅からすぐ
料金
大人150円、小学生以下無料(65歳以上70円、都内在住・在学中学生は無料、20名以上の団体は大人120円、65歳以上50円)