まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2017年12月23日

上海

上海【准海中路】でレトロな街並みと流行最先端のギャップを楽しむ!

by mapple

淮海公園ホアイハイゴンユエン

近所の人たちの憩いの場
外国人墓地だった場所を整備した公園。緑の茂る園内は、淮海中路や新天地へのショッピング&散策の休憩ポイントにうってつけだ。地元の人たちがのんびり過ごす週末には、古本市などのイベントも随時催される。

78546

近隣の住民たちが集う憩いの場でもある

淮海公園

現地名:
淮海公园
住所:
淮海中路117号
アクセス:
地下鉄一号線黄陂南路駅から徒歩5分
営業時間:
5:00~18:00
定休日:
無休 

K11購物芸術中心ケーイレブンゴウウーイーシュウヂョンシン

アートなショッピングビル
地下に美術館があるショッピングモール。日系飲食チェーンからハイブランドの旗艦店まで多彩な店舗がそろう。グルメ街も充実している。

79329
79322

モダンなデザインの館内。売場はアロマキャンドルのバニラの香りで統一されている

iapm(環貿広場)アイエーピーエム(フワンマオグワンチャン)

コンセプトは「夜行消費」
上海でトップクラスの人気を誇る複合モール。話題店がそろっており、一部の飲食店は深夜1時まで営業。

80623

最上階までの吹き抜けが特徴。シネコン、スーパー、屋上テラス席のある飲食店も

注目のリノベーションスポット

思南公館スーナンゴングワン

まるでヨーロッパの街角
周公館や孫中山故居など、フランス租界時代に建てられた文化財的洋館が点在する、閑静でラグジュアリーなエリア。周囲の景観に合わせて造られた街並みには、ホテル、サービスアパートメント、カフェ、レストラン、ギャラリーなどがぎっしり。洗練された店が多く、「新天地のハイエンド版」ともいわれている。観光地の喧騒に疲れたときや、一人で静かにくつろげるカフェ、バーを探すならぜひ散策してみよう。

SONY DSC

街歩きに疲れたら、パラソルの下でコーヒーを飲みながらひと休み

83155

フランス式の焼きたてパンやスイーツを売る店も

癒される農民アート

ショッピングに疲れたら、隠れ家のようなギャラリーへ。中国的ポップアートに触れられる。

Dアート

素朴な農民画が館内にびっしり
毛沢東時代は、農民たちが絵画を学ぶことを奨励された時代でもあった。素朴なタッチが特徴の彼らの絵は農民画と呼ばれ、今静かなブームを呼んでいる。上海近郊の金山出身の画家が描いた作品を中心に集めているのがこのギャラリー。

81439

ブザーを押してゲートを開けてもらって中に入る

83450
83442

クリアファイル各13元

この記事のタグ

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷる上海 蘇州」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年6〜8月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。