まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

タイ・バンコクは「観光」する価値あり?オススメ観光地を検証!

バンコクで見逃せないエンタメ タイ舞踊とは?楽しみ方まとめ

あでやかなタイ舞踊や、かつては宮廷でのみ披露された神聖な舞。きらびやかな姿としなやかな動きが生み出す、独特の世界観に魅了され、タイ文化の奥深さを感じたい。

Fotolia_157070954_Subscription_Monthly_M-640×427
by fotolia - © tonjung

タイ舞踊の代名詞 『ラーマキエン』物語
タイの古典文学『ラーマキエン』物語のもととなっているのは、紀元2世紀頃に編集された古代インドの大叙事詩『ラーマーヤナ』だ。『ラーマーヤナ』は東南アジア各地に伝えられ、各国の文化に大きな影響を与えた。

1462592-640×426

タイ舞踊が楽しめるスポット、サラ リム ナーム
川の西岸にたたずむマンダリン オリエンタルのダイニング。宮殿をほうふつさせる豪華な内装のこのレストランでは、毎夜、中央のステージできらびやかなタイ舞踊のショーが観られる。アラカルトメニューが味わえるテラス席ではリバービューが堪能できる

バンコクで見逃せないエンタメ 華やかなニューハーフショー&迫力のムエタイ

【ニューハーフショー】
華やかなステージ演出に釘付け!歌ありダンスありモノマネありの豪華なショーに大興奮!夜を彩るエンターテインメントは、老若男女問わず楽しめる。

【ムエタイ】
世界最強の技で真剣勝負!タイの伝統から生まれた格闘技。熱い闘志を燃やし戦う選手の姿に、気がつけば夢中! 会場の音や熱気に包まれながら、迫力ある試合を楽しんで。

5439051086_d0ae47ae75_z-640×426
The Calypso Cabaret, by Colin Tsoi, CC BY-ND

カリプソ・キャバレーでニューハーフショーを楽しむ
2012年にチャオプラヤー川沿いの新スポット、アジアティーク・ザ・リバーフロントに移転した、約25年の歴史をもつニューハーフショー。新たな劇場では舞台も広くなり、新作も追加されパワーアップ。ブロードウェイ仕込みの舞台演出が観客を魅了する。

5829235008_bdd2a9c8a8_z-640×458
Muay Thai-1, by Thomas Sauzedde - idirectori, CC BY

伝統あるタイの国技ムエタイ
試合前に選手が踊るのは、「ワイクルー」と呼ばれる踊り。鍛えてくれた師匠と両親への礼を示し、自己の闘争心を高めながら、戦いの神に無事と勝利を祈るもの。

航空券をお探しですか?
格安航空券の『最安値』をチェック »

タイ・バンコクは夜まで楽しめる!オススメのバー&クラブ

バンコクは日が暮れてからもまだまだ楽しめる!おしゃれなバーや、音楽の流れるクラブなど、好みに合わせて素敵な夜を過ごして。

1468178-640×426

バーでおしゃれに過ごす
美しい夜景を見渡すホテルのバーラウンジで、ロマンティックな気分に浸る大人な夜。どこに座っても目の前にダイナミックなパノラマが広がり、景色が堪能できる。

クラブのライブで盛り上がる
現地でも人気のクラブやライブバーで音楽とともに夜を楽しもう!一人でもビール1杯から生演奏が楽しめる!

1472653-e1502504857839-427×640

夕景とともにワインを堪能する スカーレット・ワイン・バー&レストラン
5ツ星クラスのホテルのバーだが、値段はお手ごろ。ここではぜひ、バンコクの街並みを見下ろしながらワインとタパスを楽しんでほしい。超人気店なので、平日でも予約が望ましい。。

1473344-640×426

ムード満点の大人のバー、アンバー
アンバーカラーでまとめられたシックなルーフトップ・バー。8階から望むアソーク地区のイルミネーションが美しい。ライトアップされたプールもあり、水着のままでも入店OK。店内では毎日22時からライブ演奏が行なわれる

タイ・バンコクで必ず訪れたいナイトマーケット&デイマーケットまとめ

バンコク市街には、広大なエリアを誇るマーケットや昔ながらの市場が数多く集まり、賑わいをみせる。グルメやショッピングが一度に楽しめる買い物天国へでかけよう!

1474598-640×427

巨大ナイト・マーケットヘGO!アジアティーク・ザ・リバーフロント
観光スポットが多いバンコクのなかでも人気が高いスポットがココ。夕方から深夜まで営業しており、夜風にあたりながら楽しめる。

1490648-640×427

土・日曜限定 タイ最大のデイ・マーケット、チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット
広大な敷地にぎっしりと並ぶ露店。市街地のはずれで毎週末開かれており、人々の熱気とあらゆる商品であふれている。
バンコク市街北部にあるチャトゥチャック公園で、毎週土・日曜に開催されるデイ・マーケット。迷路のように入り組んだ敷地内には、ファッションから雑貨、日用品、ペットにいたるまで、なんと1万店以上もの露店がひしめき、見て歩くだけでも飽きさせない。

タイ・バンコクから行ける水上マーケット 行きかた&楽しみ方

色とりどりの荷物を積んだ小舟が行き交い、活気あふれる水上マーケットは、タイの定番観光のひとつ。バンコク市内から車で40分〜2時間ほど。賑わう時間帯に合わせてでかけたい。

1493278-640×427

水上マーケットって??
水上マーケットとは、運河に商品を積んだ舟が行き来し、舟同士や舟と岸辺で商品を売り買いする市場のこと。新鮮なフルーツやタイ料理、おみやげなどの雑貨を積んだ小舟が運河を行き交う様子は活気があり面白い。

1493175-640×427

バンコク随一の活気あるダムヌン・サドゥアク水上マーケット
ラーマ4世時代に造られた運河で毎朝開かれ、バンコクでもとくに活気あふれる水上マーケット。朝5時頃からフルーツや野菜、日用品などを積んだ小舟が行き交い始め、7〜8時頃が最も賑わう。小舟に乗って運河をめぐりながら買い物が楽しめるほか、岸辺から目当ての品を載せた小舟に呼びかけてもいい。運河の両脇には歩いてまわれるショッピングエリアや食堂もある。

筆者:mapple