おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 四国のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

四国のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の四国のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

徳島県

BOAT RACE鳴門PRESENTS 鳴門市納涼花火大会

写真提供:鳴門市うずしお観光協会

「エライヤッチャ!」の掛け声で街は祭りムード一色

四国名物「阿波おどり」に街中が大いに盛り上がる「鳴門市阿波おどり」。その開幕を飾る花火大会では、約5000発の花火が打上げられる。連続して夜空に咲く花火から一瞬も目が離せない。撫養川の水面を輝かせながら、舞い踊る花火は見ごたえ十分だ。打上げ場所が観覧席に近いので迫力満点。大花火が夜空に打上げられると、まぶしい光が辺りを照らし、一段と大きな音が鳴門海峡に響きわたる。駅からも遠くないので、周辺交通渋滞緩和のため電車利用がおすすめ。

開催地
徳島県撫養町南浜 撫養川沿い 文化会館周辺
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月7日(鳴門市阿波おどりは8月9日~11日)
徳島県

小松島港まつり花火大会

(C)米崎印刷株式会社/稲井真一(無断転載・複製禁止)

小松島の街が盛り上がる、華麗な花火と阿波踊り

阿波藩から伝わる阿波花火大会発祥の地である小松島。「小松島港まつり花火大会」は徳島県内でその年一番初めに行われる花火大会で、阿波の花火師を代表する市内花火業者の腕の見せどころとなっている。スターマイン花火や、最大320mにも広がる尺玉花火などが小松島港沖から打上げられる。約2500発もの多種多様な花火は見る人の心を魅了する。

開催地
徳島県小松島町 小松島港新港地区一帯
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年7月14日(予定)
徳島県

阿南の夏まつり大花火大会

まつりでにぎわう街並みを色鮮やかに染めて花開く花火

緑と黒潮の街、阿南市の夏まつりの最終日を花火が彩る。スターマインが打上げられるといくつもの華麗な花火が重なるように開き、色鮮やかな光景をつくり出す。その大迫力の轟音と美しさは感動ものだ。また、阿南市役所前では市内外の有名連や企業連による阿波踊りの競演が繰り広げられる。心ゆくまで踊りを楽しみたい人も、花火を楽しみたい人も、それぞれ満喫できるまつりだ。

開催地
徳島県富岡町 浜の浦緑地
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月28日(阿南の夏まつりは7月26日~28日)(予定)
香川県

第54回さぬき高松まつり花火大会「どんどん高松」

息つく暇なく打上げられる花火はどれも見逃せない

四国の四大祭りの一つ「さぬき高松まつり」を最高潮に盛り上げる花火大会。大輪の花を咲かせる大玉や、色鮮やかなスターマインなどが、光のシャワーのように四国の玄関口・高松のウォーターフロントを華やかに彩る。夜空を照らす光の花と、海面に映る光の残像が美しい。息つく暇なく打上げられ、様々に輝きの表情を変えていく花火から、目が離せない。なお、会場周辺は大変混み合うため、公共交通機関の利用を。

開催地
香川県サンポート サンポート高松
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年8月13日(さぬき高松まつりは8月12日~14日)
香川県

まるがめ婆娑羅まつり2019花火大会

婆娑羅(ばさら)で行こう!花火とダンスの競演

街を元気にしようとはじまった夏のイベント「まるがめ婆娑羅まつり」。その中心的イベントの一つである花火大会では、色とりどりの花火が夜空を七色に染める。海上から打上げられる花火が、華麗な色で空を彩り、海面に映し出される光も美しい。締めくくりは大スターマインを特別プログラムとして提供。光の帯が夏の夜空に舞い上がり、特大のスパンコールや冠(かむろ)が、丸亀の夜空を金色の光で染め上げる。タイトルにもなっている「婆娑羅」とは、自由気ままで、過去にとらわれない新しい気風、という意味。「婆娑羅ダンス風起(ふうき)」では、その名の通り新しい風を起こそうと、みんな自由に楽しく踊り、大いに盛り上がる。

開催地
香川県福島町ほか 丸亀港内
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月24日(まるがめ婆娑羅まつりは8月24日・25日)(予定)
香川県

第54回さかいで大橋まつり 海上花火大会

ライトアップされた瀬戸大橋と尺玉のコラボレーション

香川県坂出市の真夏の祭典「さかいで大橋まつり」のフィナーレを飾るのが海上花火大会。ライトアップされた瀬戸大橋をバックにした県内最大級の尺玉を含む大玉の連続打上げは迫力満点。観賞場所の坂出港は瀬戸大橋と水面に映える尺玉が楽しめる絶好のロケーションだ。さかいで大橋まつりでは、海上花火大会のほかに瀬戸大橋パレードや総おどり、太鼓台競演などが行われる。

開催地
香川県坂出港
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月11日(さかいで大橋まつりは8月2日~4日・11日)
香川県

みろく納涼夏まつり

弥勒池の水面に映る色とりどりの花火

自然豊かな「みろく自然公園」で行われる、さぬき市の夏の一大イベントで、地元の伝統芸能である太鼓競演やダンスショー、音楽ライブなど様々なステージショーが開催される。また、縁日やふるさと売店も出店し、多くの観客でにぎわう。ラストの花火大会では色鮮やかな大迫力の花火が打上げられ、弥勒池にもその美しい姿を映し出す。間近から打上げられる花火の轟音を肌で実感できる、山間ならではの夏まつりだ。

開催地
香川県大川町富田中3286 みろく自然公園
打ち上げ数
約1200発(予定)
開催日
2019年8月14日
香川県

小豆島まつり

小豆島ならではの楽しさいっぱい

瀬戸内海に浮かぶ小豆島で行われる地元色豊かなまつり。当日は、屋台が並び、子どもたちが楽しめるさまざまなイベントが開催される。まつりの締めくくりは夏の夜空に大輪の花を咲かせる花火大会。会場前から打上げるため、色とりどりの花火が観客の頭上に降り注ぐかのようだ。夜の瀬戸内海を背景にした大迫力のショーを存分に楽しんでみてはいかが。

開催地
香川県馬木 内海総合運動公園
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年8月15日(予定)
香川県

第50回たどつ夏まつり花火大会

連続して打上がる花火が美しい

「たどつ夏まつり」のフィナーレを飾るのは、40分間で4000発を一気に打上げる迫力ある花火。大小の色鮮やかな花火が華やかに夜空を彩り、無数の光が降りそそぐ光景は、なんとも幻想的で、間近で花火を見ることができる。眼下に多度津港を見下ろす「桃陵公園」から眺める花火がおすすめ。また同日の17:30からはJR多度津駅前周辺で総踊り大会も開催される。

開催地
香川県西浜・東浜 多度津港周辺
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月3日(予定)
香川県

ニューレオマワールド 花火ファンタジア

間近で見上げる花火に大興奮!

中四国最大級のテーマパーク・ニューレオマワールドでは、夜空に輝く音と光のエンターテイメントショー「花火ファンタジア」と、最新の光テクノロジーでオーロラを再現した「奇跡のオーロラショー」が連続で楽しめる。大迫力の音楽と花火のコラボレーションが体感できるおすすめ観覧エリアは、マジカルストリート「LOVEリング」前。

開催地
香川県綾歌町栗熊西40-1
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月10日~2019年8月18日
愛媛県

風早海まつり

河野水軍の心意気を継ぐ勇壮で華やかな花火

「ドーン!」とあたりに響く大玉の打上げ花火、大迫力のスターマインなど、数多くの花火が松山市北条地区の夜空を焦がす。波間に揺れるはかなげな灯ろうの光と、海面に映し出されるきらびやかな花火が美しく競演。陽気で祭り好きの北条っ子たちが心待ちにしている花火大会だ。このまつりの名称にもなっている「風早」は、北条地区がかつて風早地方と呼ばれていたことに由来し、瀬戸内海に勇名をはせた河野水軍の本拠地だった土地としても知られている。

開催地
愛媛県北条辻 北条港外港
打ち上げ数
約4000発(予定)
開催日
2019年7月27日
愛媛県

松山市制施行130周年記念事業 第69回松山港まつり・三津浜花火大会

海に映える大迫力の花火を堪能しよう

四国最大級の規模で開催される花火大会。三津ふ頭を舞台に、色とりどりの光の花が夜空と海面を美しく照らし出す。台船を使って海上から打上げる新作スターマインや水中花火などダイナミックな花火の音が体の芯まで響きわたる。家族やグループなどで花火が見られるゆったりスペースのイス席・テーブル席(指定席)からの観覧もおすすめだ。

開催地
愛媛県三津ふ頭
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月3日
愛媛県

はかた夏まつり

潮風と花火の光に包まれてロマンチックな夜を

伯方の夏の一大イベント「はかた夏まつり」。夕日を正面にライブやフラダンス、威勢のよい喜多浦八幡太鼓で盛り上がり、まつりはいよいよ佳境に突入。大花火大会のスタートだ。伯方・大島大橋を背景に上がる花火は頭上に降り注ぎそうなほど近く、視界いっぱいに光の花を咲かせる。潮風の香りを感じながら見る花火はロマンチックで雄大。素敵な思い出づくりに足を運んでみたい。

開催地
愛媛県伯方町叶浦 道の駅伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた前広場
打ち上げ数
約6000発(予定)
開催日
2019年8月13日
愛媛県

おんまく花火 -芽-

これぞ今治の夏の風物詩

今治市民のまつり「おんまく」とは、今治弁で「おもいっきり・めちゃくちゃ」のこと。今治港とその周辺を中心に2日間にわたり踊りやダンスなど多彩なイベントが行われる。そのフィナーレを飾るのが1万発の花火。今年のテーマ「-芽(めぶく)-」に合わせたプログラムは5部構成で、今治の夜空に大輪の花を咲かせる。中でもフィナーレの尺玉100連発が見どころ。今年もFMラヂオバリバリ(78.9MHz)では、花火の生放送が聴けるのでラジオを持って見に行こう!

開催地
愛媛県天保山町 今治港周辺
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月4日(おんまくは8月3日・4日)
愛媛県

うわじま牛鬼まつり 花火大会

牛鬼のように力強く夜空を彩る豪快花火

四国有数の夏まつり「うわじま牛鬼まつり」は市全体を舞台にした豪快なまつり。頭が鬼、体が牛をかたどった巨大な怪物「牛鬼(うしおに)」が数十人の担ぎ手に担がれ、市内を勇壮に練り歩く。昨年まで2日間開催されていた花火大会は、今回から1日のみの開催となり、宇和島湾から尺玉(予定)と海面で開く海上打上花火を打上げる。

開催地
愛媛県築地町 宇和島湾内
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年7月23日(うわじま牛鬼まつりは7月22日~24日)
愛媛県

吉田町夏祭り夏一番! きなはいやサマーフェスタ

宇和島市吉田町で開催される県内最初の夏祭り

愛媛県内のトップを切って開催される夏祭り。吉田町商店街は提灯で飾られ、鼓笛隊パレードやみこし巡行、吉田町名物の「走り込み」といわれる御札争奪戦、御陣屋太鼓、流し踊りなど、さまざまなイベントを開催する。祭りを締めくくるのが花火大会。横堀川に松明が立てられ、桜橋では仕掛花火がスタート。幻想的な雰囲気の中、犬尾山山頂からスターマインなどが次々と打上げられる。

開催地
愛媛県吉田町 横堀河原周辺
打ち上げ数
約1500発(予定)
開催日
2019年7月13日
愛媛県

第49回八幡浜みなと花火大会

海を彩る花火大会。伝統行事「柱祭り」も見逃せない

八幡浜の港の出島前から打上げられる約4500発の花火。単発やスターマインを織り交ぜた夏の風物詩は海の男たちのように力強く、鮮やかな印象を与える。花火大会前日に催される五反田の柱祭りは、高さ20mの柱の先につけたかごに、火のついたたいまつが投げ入れられる、勇壮な祭りとして知られる。「愛媛のまつり50選」にも選ばれているこの伝統行事は約400年の歴史を誇っている。

開催地
愛媛県北浜ほか 八幡浜港内
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年8月15日
愛媛県

第62回にいはま納涼花火大会

新居浜の夜空を埋めつくす音と光のイリュージョン

今年で62回目を迎える花火大会。四国有数の規模と豪華さがあり、約8000発の花火をバンバン打上げる。なかでも最大の見どころは、幅約400m・高さ約40mのナイアガラの大瀑布。国領川に架かる平形橋と敷島橋の間で行われるため、すぐ近くに観られて迫力満点だ。また、一般のスポンサーによる記念花火の打上げもあり、出産、入学、結婚、金婚、新築祝いなどに彩りをそえている。

開催地
愛媛県平形町 国領川河川敷平形橋北側
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年7月26日
愛媛県

大洲川まつり花火大会

2日間2会場で行われる地域色豊かで豪華な花火

歴史的町並みが多く残る水郷・大洲は、その落ち着いたたたずまいから「伊予の小京都」とも呼ばれている。そんな大洲の夏を彩る「大洲川まつり花火大会」は、1948(昭和23)年から開催されている。幻想的な光のカーテンやナイアガラが肱川を七色に染め上げるさまは一見の価値あり。また、打上げられるたびに全身で感じる大音響は、山に囲まれた大洲ならではのもの。鵜飼い開催中のため、屋形船から眺めるとまた一味違う花火が楽しめる。

開催地
愛媛県中村 肱北河原(3日)、肱南河原(4日)
打ち上げ数
4000発(2日間で)
開催日
2019年8月3日・4日
愛媛県

みなと祭花火大会

三島港から打上げられる華やかな花火

四国のほぼ中央、製紙業が盛んな「紙のまち」四国中央市三島地区で毎年7月25日に行われる花火大会。三島港から打上げる水中花火や水上花火、カラフルでファンタジーなスターマインと大玉連発が港の空と水面を華やかに彩る。打上げ数は約7000発。中でもグランドフィナーレの「黄金柳特大スターマイン」と海面からの「黄金水中水上スターマイン」は必見。

開催地
愛媛県三島宮川 三島港
打ち上げ数
約7000発
開催日
2019年7月25日
愛媛県

四国中央市土居夏まつり

夏まつりを締めくくる色とりどりの花火

四国中央市を流れる関川河川敷で行われる土居町の夏まつり。吹奏楽の演奏や、軽快な太鼓のリズムに合わせた「土居音頭」などの盆踊りが行われ、メインイベントの花火大会が始まる。川の対岸から打上げられる花火は約3000発(予定)で、レーザー光線と音楽を合わせた花火などが色とりどりに夜空を焦がす。会場は夜店も出店し、夏まつりは盛り上がり、涼を求める人々でにぎわう。

開催地
愛媛県土居町土居 ふるさと広場
打ち上げ数
約3000発(予定)
開催日
2019年8月15日(予定)
高知県

高知市納涼花火大会

本場!よさこい鳴子踊りときらめく花火が熱く舞う

高知名物「よさこい祭り」のオープニングを飾る花火大会。西日本有数の市民の花火大会で、今年も趣向を凝らして開催する。華やかなスターマインや、仕掛花火など、花火の種類もさまざまで、総数約4000発が夜空に打上げられる。なかでも感動的なのは、長さ650mにわたって仕掛けられたナイアガラ。あたり一面が鮮やかな光に染まり、その迫力と美しさには誰もが釘づけになる。

開催地
高知県鷹匠町 みどりの広場
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月9日(よさこい祭りは8月9日~12日)
高知県

第64回安芸納涼市民祭

土佐の浜辺の夜空を美しく彩る

黒潮の流れる土佐湾を望み、ハウス栽培の野菜が特産として名高い安芸平野に位置する安芸市。「納涼市民祭」は今年で64回目を迎える。祭りは2日間行われ、市民のよさこい鳴子踊りが市内をパレードすると、街中が暑さに負けじと盛り上がる。祭りが最高潮に達した頃、いよいよお楽しみのイベント、花火大会が始まる。浜辺から打上がるスターマインなどが土佐の美しい情景に溶け込み、観客を魅了。市民が一つになり熱くなるひとときだ。

開催地
高知県清和町 安芸高校前
打ち上げ数
約3700発(予定)
開催日
2019年8月4日(納涼市民祭は8月3日・4日)
高知県

須崎まつり海上花火大会

ドラゴンカヌー大会と二尺玉が港町を大いに盛り上げる

須崎まつり2日目に開催されるのが海上花火大会。夜空に二尺玉が豪快に開くと、須崎湾の水面が一瞬で七色に染まる。間近で見る二尺玉の大きさは迫力満点だ。また、水面で開く水中花火は、いくつもの光が弧を描くように輝く、海上ならではの演出が楽しい。ほかにも仕掛花火やスターマインなどが次々に華咲く光景を眺めていると、時間が経つのも忘れてしまいそう。須崎まつりはステージイベントやドラゴンカヌー大会などイベントが盛りだくさん。港町が熱くなる3日間だ。

開催地
高知県浜町 富士ヶ浜
打ち上げ数
2000発
開催日
2019年8月3日(須崎まつりは8月2日~4日)
高知県

第58回市民祭あしずりまつり

小型煙火から尺玉まで様々な表情を楽しめる迫力満点の花火大会

1961(昭和36)年に始まった「市民祭あしずりまつり」は、土佐清水市の繁栄、産業の発展祈願と夏まつりを融合したイベント。チームでパフォーマンスをする「あしずり踊り」が行われるほか、屋台村・物産店などがにぎやかに軒を連ねる。清水港で行われる納涼花火大会では、1万発の花火が打上がる。小型煙火から尺玉、スターマインまで様々な表情を見せる花火の競演は、会場をにぎやかに沸かせる。

開催地
高知県旭町 清水港
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月3日
高知県

第15回しまんと市民祭 しまんと納涼花火大会

清流・四万十川の夜空を彩る打上げ花火

なかむら踊りやしまんと提灯台パレードが行われる夏の風物詩「しまんと市民祭」。そのフィナーレを飾る花火大会は、四万十川に架かる赤鉄橋のたもとで開催される。1時間に約1万発(予定)もの花火が音楽との競演により、息つく暇もなく豪快に打上げられる様は圧巻。清流・四万十川の水面に色鮮やかに映る花火などどれも見逃せない芸術品のようだ。

開催地
高知県四万十川河川敷 赤鉄橋たもと
打ち上げ数
約1万発(予定)
開催日
2019年8月31日(予定)
高知県

第13回香南市みなこい港まつり

香南市の夏の一大イベント

「みなこい港まつり」は、以前行われていた「のいち花火大会」と「港まつり」の2つのまつりが合体したもの。四国最大級の野外ステージ「天然色劇場」では、県下有数、元気一杯のよさこい踊りや演奏会などを観賞できる。夜は吉川漁港から4000発の花火が打上がり、夏の夜空をきらびやかに演出。テンポよく次々と開く花火がまつりのラストを飾る。

開催地
高知県吉川町吉原 吉川漁港および天然色劇場
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年7月28日
高知県

奥物部湖湖水祭

夜空にきらめく花火と地元の踊りが祭りを盛り上げる

物部川の上流をせき止めた高知県東部最大の永瀬ダム。奥物部湖はその人工湖だ。「湖水祭」は、ダム建設で命を落とした関係者の慰霊と、水没した集落をしのび、また五穀豊穣を祈願して行われる。湖面に5000個もの灯籠が浮かぶと、あたり一面には幻想的な雰囲気が漂う。その中に色鮮やかな花火が打上げられ花火大会が始まる。夜空に大輪の花火が開き、静かな湖面には花火のまばゆい光が映し出される。山々にこだまする轟音の迫力と、七色に染まった空と湖面の美しい風景を満喫できる。

開催地
高知県物部町 物部グラウンド
打ち上げ数
約500発
開催日
2019年8月14日
高知県

第40回大月まつり

伝統ある郷土芸能とふれあう夏まつり

高知県西南端の、温暖な気候に恵まれた町・大月町。「大月まつり」の会場となる大月町総合グラウンドでは、毎年趣向を凝らしたイベントが行われ、大月町民はもちろん、町外からの観客も楽しめる。クライマックスの花火は、40回目を記念して約4000発(今年限定)。間近で打上げられる花火は見ごたえ十分だ。まつりの終わりを告げる大輪の花が華麗に夜空に舞い上がり、観客からは歓声も上がる。夜店も立ち並ぶので、夏の夜の楽しいひとときを過ごそう。

開催地
高知県弘見 大月町総合グラウンド
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月17日
×