フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  キッチン用品 > ウォーターサーバー >

ウォーターサーバーのキャンペーン比較 20メーカーのキャンペーンをご紹介【2021年最新版】 画像:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年11月30日

この記事をシェアしよう!

ウォーターサーバーのキャンペーン比較 20メーカーのキャンペーンをご紹介【2021年最新版】

いつでもおいしい水が飲めることが嬉しいウォーターサーバー。
いざウォーターサーバーを導入しようとしても、種類がありすぎて迷いますよね。

今回は2021年最新の、ウォーターサーバー各メーカーのキャンペーンを徹底比較!

ウォーターサーバーを導入する際に気になるキャンペーンを、新規契約、他社からの乗り換え、ファミリー向けキャンペーンの3つのカテゴリーに分けてご紹介。

自分のライフスタイルにあったウォーターサーバーをお得に契約するために、各メーカーのキャンペーンをしっかり比較してくださいね!

ウォーターサーバー各メーカーのキャンペーン一覧

ウォーターサーバー各メーカーのキャンペーン一覧
画像:123RF

まずはウォーターサーバー20メーカーのキャンペーンを、次の3つのカテゴリーに分けてご紹介します。

  • 新規契約者:ウォーターサーバーを新規で契約する方向けキャンペーン
  • 乗り換え:他メーカーからウォーターサーバーメーカーを乗り換える方向けのキャンペーン
  • ファミリー:妊娠中の方から主に未就学児のお子さんがいる方向けのキャンペーン。新規契約者向け、乗り換えキャンペーンとの合わせ技も可能なので、小さなお子さんがいる方は要チェック

各メーカーのキャンペーンの詳細は、記事後半もしくは各メーカーの公式HPで確認してくださいね。

メーカー 新規契約 乗り換え ファミリー 公式HP
アクアクララ 物品プレゼント、またはギフト券プレゼント 月額利用料金の割引 詳細を見る
アルピナウォーター 物品プレゼント、料金割引 詳細を見る
ウォータースタンド 違約金ポイントバック 詳細を見る
ウォーターワン 物品プレゼント 詳細を見る
うるのん 物品プレゼント 違約金キャッシュバック、または料金割引 物品プレゼント 詳細を見る
エブリィフレシャス 物品プレゼント 違約金キャッシュバック 詳細を見る
kirala(キララ) 違約金キャッシュバック、またはレンタル料金割引、または物品プレゼント 詳細を見る
クリクラ ギフト券プレゼント ギフト券プレゼント、物品プレゼント 月額利用料金の割引、物品プレゼント 詳細を見る
コスモウォーター 抽選で物品プレゼント キャッシュバック 詳細を見る
信濃湧水 ギフト券プレゼント、料金割引 詳細を見る
デイリーウォーターby goo ギフト券プレゼント 詳細を見る
どこよりもウォーター 違約金キャッシュバック 詳細を見る
ハミングウォーター 料金割引 詳細を見る
ピュアハワイアン 物品プレゼント 詳細を見る
ふじざくら命水 物品プレゼント、割引価格で購入可能 詳細を見る
フレシャス 物品プレゼント 違約金キャッシュバック 物品プレゼント 詳細を見る
プレミアムウォーター ギフト券プレゼント 違約金キャッシュバック 最安値限定プラン、有償サービス無料、月額費用割引 詳細を見る
ResetTime ギフト券プレゼント、料金割引 詳細を見る
LOHASUI(ロハスイ) 料金割引 詳細を見る
One Way Water 物品プレゼント 詳細を見る

※キャンペーン内容はウォーターサーバーメーカー調査時のものとなります。必ず各ウォーターサーバーメーカーの公式HPでご確認ください

それでは、ここからは「新規契約キャンペーン」、「他社からの乗り換えキャンペーン」、「ファミリー向けキャンペーン」の3つのキャンペーンを、各キャンペーンごとに詳細な内容を見ていきましょう!

各ウォーターサーバーキャンペーンへはこちらから

>>新規契約キャンペーンはこちらから

>>他社からの乗り換えキャンペーンはこちらから

>>ファミリー向けキャンペーンはこちらから

ウォーターサーバーの新規契約キャンペーン

ウォーターサーバーの新規契約キャンペーン
画像:123RF

ウォーターサーバーの新規契約キャンペーンを実施しているメーカーは、今回ご紹介するウォーターサーバー20メーカー中16メーカーです。

キャンペーンの内容は各ウォーターサーバーメーカー様々。クオカードなどのギフト券、月額料金の割引、ウォーターボトル代のサービスなどがあります。

それでは各メーカーのウォーターサーバー新規契約キャンペーンを見ていきましょう。

 

メーカー キャンペーン内容 公式HP
アクアクララ 「ソーダストリーム ジェネシスv2」または「Amazonギフト券(5,000円分)」をプレゼント 詳細を見る
アルピナウォーター スタンダードサーバー、エコサーバーを申し込みの場合、初期費用0円で12リットルボトル4本+ウォーターサーバー1台をプレゼント。あわせてウォーターサーバー設置月のサーバーレンタル料無料。また、申し込み者全員にPureHawaiian 1箱(320mL×24本)3,360円分プレゼント。 さらに抽選で豪華商品をプレゼント 詳細を見る
ウォーターワン WEBサイトでの申込でウォーターボトル2本分が無料 詳細を見る
うるのん WEBサイトでの申し込み限定で、「富士の天然水さらり」のウォーターボトル2箱プレゼント 詳細を見る
エブリィフレシャス オリジナル「ステンレスタンブラー」をプレゼント 詳細を見る
クリクラ クオカード3,000円とうウォーターボトル1本分が無料プレゼント 詳細を見る
コスモウォーター 抽選で、楽しておいしい時短料理が作れる「Joseph Joseph 電子レンジ調理器セット」をプレゼント。また、クレジット決済利用者には、「Joseph Joseph ボウルセット」が抽選で当たるWチャンス 詳細を見る
信濃湧水 初回、信濃湧水3ガロン(11.4L)ボトル2本/1箱を無料プレゼント。エコサーバーを利用希望の場合は、設置月のサーバーレンタル料無料。さらに抽選で豪華商品をプレゼント 詳細を見る
デイリーウォーターby goo Amazonギフト券 3,000円分プレゼント 詳細を見る
ハミングウォーター 初回1か月分の月額費用が無料 ※出荷手数料は発生 詳細を見る
ピュアハワイアン WEBからの新規申し込みに限り、PureHawaiian 320mL×24本をプレゼント。また、抽選で豪華商品をプレゼント。
あわせて、3ガロン(11.4L)ボトルお申し込みの方は初回ピュアハワイアン3ガロンボトル2本/1箱を無料プレゼント、2ガロン(7.6L)ボトルお申し込みの方は初回ピュアハワイアン2ガロンボトル3本/1箱を無料プレゼント
詳細を見る
フレシャス 対象ウォーターサーバー申し込み者全員に初回の水1箱を無料0円でプレゼント。さらに、FRECIOUSオリジナルグッズがもらえるお得なキャンペーンも実施中 詳細を見る
プレミアムウォーター Webサイトまたはサイト内のキャンペーンデスクにて新規申し込みした場合、もれなく全員にAmazonギフト券2,000円分プレゼント 詳細を見る
ResetTime 総額10,277円相当のプレゼント。QUOカード6,000円分プレゼント、ResetTime12.5L×2本分(4,277円分)が初回無料 詳細を見る
LOHASUI(ロハスイ) 4,400円分の初回事務手数料およびサーバーレンタル料が無料 詳細を見る
One Way Water 「ホテルオークラ 2種のプリンとチョコレートムース」と「アマノフーズ おみそ汁セット」をプレゼント 詳細を見る

※キャンペーン内容はウォーターサーバーメーカー調査時のものとなります。必ず各ウォーターサーバーメーカーの公式HPでご確認ください

ウォーターサーバーの他社からの乗り換えキャンペーン

ウォーターサーバーの他社からの乗り換えキャンペーン
画像:123RF

他社からのウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを実施しているメーカーは、今回ご紹介するウォーターサーバー20メーカー中9メーカー。キャンペーン内容は、解約金のキャッシュバックや現金プレゼント、ウォーターボトル代のサービスなどがあります。

それでは各メーカーのウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを見ていきましょう。

 

メーカー キャンペーン内容 注意点 公式HP
ウォータースタンド 他社ウォーターサーバーの解約にかかる負担額(違約金、撤去費用、手数料等)相当分のポイント(最大10,000ポイント)をプレゼント
  • ウォータースタンドポイントとは、月々のレンタル料金に使用できるポイント
詳細を見る
うるのん
  • 他社ウォーターサーバー解約時に解約金(違約金)が発生しない場合、2回目以降配送のウォーターボトル2本(4,100円分)が無料
  • 他社ウォーターサーバー解約時に解約金(違約金)が発生する場合、最大16,500円キャッシュバック
  • 3ヶ月以内に旧契約先を解約している場合
詳細を見る
エブリィフレシャス 他社ウォーターサーバー解約時に発生する解約金(違約金)を最大16,500円キャッシュバック 詳細を見る
kirala(キララ) 他社のウォーターサーバーから乗り換えると、次の特典の中から好きなものを1つプレゼント
①最大10,000円のキャッシュバック
②レンタル料金が36カ月417円引き
③美容ローラー「ReFa CARAT」(21,680円相当)
詳細を見る
クリクラ 他社ウォーターサーバーから乗り換えると、もれなく全員に5,000円とクリクラボトル(ウォーターボトル)2本2,920円分をプレゼント 詳細を見る
コスモウォーター 他社ウォーターサーバーから乗り換えると、もれなく全員に5,000円をプレゼント
  • キャンペーンコードは「413255」
  • 指定ウォーターサーバーからの乗り換えに限る
詳細を見る
どこよりもウォーター 他社ウォーターサーバー解約時に発生する解約金(違約金)を最大16,500円キャッシュバック
  • 水代代、その他送料などの手数料はキャッシュバック適用外
詳細を見る
フレシャス 他社ウォーターサーバー解約時に発生する解約金(違約金)を最大16,500円キャッシュバック
  • フレシャス支払い方法がクレジットカードの方
詳細を見る
プレミアムウォーター 他社ウォーターサービス解約時に発生する解約金(違約金)を最大16,500円キャッシュバック
  • プレミアムウォーターバッグインボックスの新規契約は除く
  • 水代、その他送料などの手数料はキャッシュバック適用外
  • 乗り換えキャッシュバックプレゼント対象外のブランドあり。公式HPで要確認
詳細を見る

※キャンペーン内容はウォーターサーバーメーカー調査時のものとなります。必ず各ウォーターサーバーメーカーの公式HPでご確認ください

ウォーターサーバーのファミリー向けキャンペーン

ウォーターサーバーのファミリー向けキャンペーン
画像:123RF

ウォーターサーバーのファミリー向けキャンペーンを実施しているメーカーは、今回ご紹介するウォーターサーバー20メーカー中6メーカー。キャンペーン内容は、月額料金の割引やウォーターボトル代のサービスなどがあります。

ファミリー向けキャンペーンは、新規契約や乗り換えキャンペーンとの併用も可能なことが多数。あわせてチェックをすると、お得にウォーターサーバーを契約できますよ!

それでは各メーカーのウォーターサーバーファミリー向けキャンペーンを見ていきましょう。

 

メーカー キャンペーン内容 条件 新規・乗り換えキャンペーンの有無 公式HP
アクアクララ
  • 毎月の利用料金から550円割引
  • ママがよろこぶグッズプレゼント
妊娠中または未就学児の子どもを持つ家庭
  • 新規キャンペーン:○
  • 乗り換えキャンペーン:×
詳細を見る
うるのん
  • WEBサイトからの申し込み限定で、「富士の天然水さらり」のウォーターボトル2箱プレゼント
  • カタログギフト「えらんで baby キラキラコース」プレゼント
妊娠中または3歳以下の子どもを持つ家庭
  • 新規キャンペーン:○
  • 乗り換えキャンペーン:○
詳細を見る
クリクラ
  • ボトル3本分と「あんしんサポートパック」付きで、通常4,840円のところを1,460円でスタート可能
  • 毎年4本のボトルプレゼント
妊娠中または7歳未満の子どもを持つ家庭
  • 新規キャンペーン:○
  • 乗り換えキャンペーン:○
詳細を見る
ふじざくら命水
  • ウォーターサーバーレンタル料金6ヶ月無料(4,400円相当)
  • 富士山の天然水ふじざくら命水11.5リットル×6箱プレゼント(10,000円相当)
  • 富士山の天然水ふじざくら命水11.5リットル×2箱を通常3,348円のところ3,132円の割引価格で購入可能
妊娠中または中学生(15歳)の子どもを持つ家庭
  • 新規キャンペーン:×
  • 乗り換えキャンペーン:×
詳細を見る
フレシャス
  • ストローカップと今治ハンドタオルプレゼント
  • 子供の誕生日に水1箱を毎年プレゼント(最大約15,000円分)
妊娠中または未就学児の子どもを持つ家庭
  • 新規キャンペーン:○
  • 乗り換えキャンペーン:○
詳細を見る
プレミアムウォーター
  • 水の料金が最もお得な限定の最安値プラン3,283円(24L)
  • 通常8,800円の有料オプションの設置サービスが無料
  • サーバーレンタル料が月1,100円のところ水ボトル2セット以上の注文で550円に割引。さらにサーバーレンタル料は初月無料
妊娠または5歳以下の子どもを持つ家庭
  • 新規キャンペーン:○
  • 乗り換えキャンペーン:○
詳細を見る

※キャンペーン内容はウォーターサーバーメーカー調査時のものとなります。必ず各ウォーターサーバーメーカーの公式HPでご確認ください

ウォーターサーバーを契約する前にチェックしたいポイント

ウォーターサーバーを契約する前にチェックしたいポイント
画像:123RF

ここからはウォーターサーバーを選ぶ際のポイントをお伝えします。

ウォーターサーバーを契約する際に重視することは、キャンペーンの内容であったり月々の利用料金の安さという方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ウォーターサーバー利用者の中には「キャンペーン内容にひかれて」や「料金の安さにひかれて」導入してみた結果、思い描いていたウォーターサーバーとは違っていた」という口コミも少なくありません。キャンペーン内容や価格の安さだけでウォーターサーバーを選ぶのは少々危険かもしれませんね。

それでは、キャンペーン内容や月額費用以外ではどんな点に注意するべきでしょうか?

編集部でウォーターサーバーに関する多くの口コミを精査した結果、キャンペーン内容や価格の安さ以外にチェックするべき3つのポイントが判明しました。

●ポイント1「水の種類」
●ポイント2「ノルマ」
●ポイント3「ウォーターサーバーのサイズ」

ひとつずつウォーターサーバーを選ぶポイントを見ていきましょう。

安さ以外にもチェックしたいウォーターサーバー選びのポイント1. 水の種類

まず挙げられるのが「水の種類」。ウォーターサーバーで使用する水の種類は基本的に3種類。たっぷり使える水道水、安全なろ過処理を行い赤ちゃん用ミルクにも安心のRO水、ミネラルを含んだ味わい重視の天然水の中から選ぶことになります。

毎月どのくらいの水を消費するのか、主に利用する人の年齢、味の好みなどでも水の種類は異なってくるでしょう。

安さ以外にもチェックしたいウォーターサーバー選びのポイント2. ノルマ

次にウォーターサーバーのメーカーが設定している月々に届けられる水の量、一般的には「ノルマ」と呼ばれているシステム。

月々に届く水の量はメーカーによってさまざまですが、自分が使う量よりも、定期的に届く水の量が上回ってしまえば、結局余計なお金を払うことになってしまいますよね。

安さ以外にもチェックしたいウォーターサーバー選びのポイント3. サイズ

ウォーターサーバーのサイズも重要です。せっかく「よりよい暮らしを」と導入したウォーターサーバーが、物理的に生活の邪魔になったり置き場に困ったりするようでは本末転倒ですよね。

これら3つのウォーターサーバーを選ぶポイントも、キャンペーン内容とあわせてウォーターサーバーを選ぶ際の参考にしてみてください!

ウォーターサーバーのキャンペーンをお得に利用しよう

ウォーターサーバーのキャンペーンはいかがでしたか?自分にぴったりのウォーターサーバーキャンペーンは見つかりましたか?

ウォーターサーバーを契約する際、お得に契約するというのは重要なポイントです。ただ、お得さだけを意識してウォーターサーバーを契約した場合、自分の生活スタイルに合わなかった、月額料金が高くついたなど注意すべきポイントもあります。

ここからはウォーターサーバーを契約する際に注意しておきたいポイントとあわせて、ウォーターサーバー契約前に知っておきたいポイントをQ&A形式でお伝えします!

しっかりポイントを押さえて、自分の生活スタイルにぴったりのウォーターサーバーを契約してくださいね。

ウォーターサーバーのよくある質問Q&A

ウォーターサーバーのよくある質問Q&A
画像:123RF

Q:ウォーターサーバーと市販の水。安いのはどちらですか?

A:場合によっては2リットルのペットボトルを買い足していくほうがお得といえるでしょう。


ライフスタイル別で、月々の水の使用量を考えてみましょう。

コップ1杯の水は約200ミリリットルです。
外で仕事をしている人がウォーターサーバーを使うタイミングは、朝起きて1杯、会社から帰ってきて1杯、お風呂上がりや寝る前にプラスα。
大人が1日に消費する飲料水は合計で500ミリリットルくらいと仮定します。

家にいる時間が長い大人はもう1杯プラスで、合計700ミリリットル。
子供たちが飲む水はだいたい600ミリリットル。
よく汗をかき、ミルクや離乳食作りにも水が必要な赤ちゃんも、1日に消費する飲料水は600ミリリットルくらい。

2リットルのペットボトルは1本100円という設定で、ざっくり計算してみましょう。

一人暮らしの場合
1ヶ月:15リットル=1,500円(飲料水のみ)
1ヶ月:20リットル=2,000円(料理で使う水を含む)

二人暮らしの場合
1ヶ月:30リットル=3,000円(飲料水のみ)
1ヶ月:40リットル=4,000円(料理で使う水を含む)

大人2人と赤ちゃん1人の3人家族の場合(家にいる時間が長い大人が1人)
1ヶ月:54リットル=5,400円(飲料水のみ)
1ヶ月:58リットル=5,800円(料理で使う水を含む)

大人2人と子供2人の4人家族の場合(家にいる時間が長い大人が1人)
1ヶ月:72リットル=7,200円(飲料水のみ)
1ヶ月:76リットル=7,600円(料理で使う水を含む)

ウォーターサーバーの月額は、水代込みで2,000円台後半~4,000円台に価格が集中しています。電気代は機種によりさまざまですが、1ヶ月で概ね700~1,000円前後が相場となります。

※各家族構成における水の消費量は編集部独自の調査に基づいたものとなります。実際の数字とは異なる場合がありますので、予めご了承くださいませ

Q:ウォーターサーバーのメリットは?

A:日々の労力の軽減と安心感を得られることが最大のメリットです。


暑い日や雨の日、雪の日も含めて、水のストックが切れるたびに買い物へ行く手間。重たいものを持ち帰る労力。時節柄、人混みに分け入ってゆく恐怖。これらすべてを解消してくれるのが、ウォーターサーバーの最大のメリットです。

また、冷蔵庫のスペースの節約になるうえ、水からお湯を沸かす手間も軽減されます。通販でペットボトルを大量購入しておくというのも悪くない選択ですが、利便性の面ではウォーターサーバーに軍配が上がります。

ウォーターサーバーは、安心感と生活の質を1段階上げてくれるアイテムといっても過言ではありません。

Q:ウォーターサーバーの水の種類は?

A:ウォーターサーバーの水の種類ですが、基本は「水道水」「RO水」「天然水」の3つから選ぶ形になります。


①水道水
いつも使っている水道管からの水を利用します。設置さえ済んでしまえば、水のボトル交換や注文ノルマはありません。手軽に運用できて月々の費用も安くできる傾向にあります。

②RO水
元となるのは水道水や、メーカーによっては天然水。それを逆浸透膜(Reverse Osmosis Membrane)を通し、不純物を徹底的にろ過した水がRO水です。純水に近く安全な水といわれています。

③天然水
地下や川などの水源地から採水される水のことです。基本的には自然のミネラル分を残す形で、必要最低限のろ過や加熱処理が行われています。品質管理の関係から、他の2つと比べて少し高めの値段設定に感じるかもしれません。

Q:ウォーターサーバーのノルマとは?

A:定期的に水を購入するシステムを「ノルマ」と呼ぶことがあります。


多くのウォーターサーバー販売メーカーは、契約時に「1ヶ月に最低数十リットルの水を購入してください」という規定を設けています。

たくさん使う家庭であれば問題はありませんが、消費量の少ない期間が続くと、飲みきれない水がどんどんたまってしまいますよね。「今月届いた水を、来月までに消費しなければならない」というこのシステムを、多くの人がノルマと呼んでいます。

注文ノルマはメーカーが独自に決めているため、

●定期配送される水の量を少なめにできる
●数ヶ月に1度くらいであれば注文ノルマを無効にできる(別途手数料が発生する場合あり)
●そもそもノルマを設けていない(別途手数料が発生する場合あり)

といったように、その規定もさまざま。

ウォーターサーバーを契約するときには、月々の基本料金や水の種類だけではなく、どの程度の注文ノルマを設定しているのかも確認しておきたいですね。

Q:ウォーターサーバーのボトルの種類とは?

A:使い捨てのワンウェイボトルと、再利用のリターナブルボトルの2種類があります。


ウォーターサーバー用の水は、プラスチックの容器に入って自宅まで運ばれてきます。
水を飲み終えた後、

●ごみとして使い捨てる容器のことをワンウェイボトル
●メーカーが回収、洗浄後に再利用する容器のことをリターナブルボトル

と呼んでいます。
その昔は、硬い素材のリターナブルボトルを衛生面で問題視する人もいましたが、サーバー本体の進歩により、どちらか片一方が高品質ということはなくなりました。
※やわらかい素材のワンウェイボトルは、内部の水量が減ると自動的にボトルも収縮(圧縮)していくものが多いため、水と空気は必要最低限レベルでしか触れ合いません。
一方のリターナブルボトルは、内部の水量が減っても硬いボトルの形状はそのまま。常に空気と水が触れているため雑菌が増えるのでは?という問題が取り沙汰されたことがありました。

ごみの収集日やメーカの回収日は決められていますので、どちらの空きボトルも一定期間は家に置くことになります。

部屋のスペースの問題があるので、飲み終えた後に潰して小さくできるワンウェイボトルで契約したり、プラスチックごみを出したくないからリターナブルボトルの回収を選んだり。

ウォーターサーバーを契約するときにはボトルの種類も考慮して、納得の一台を使っていきたいですね。

Q:ウォーターサーバーの水を使い切れるでしょうか?

A:実際に数字にして考えると、使い切れない量ではないようです。


ライフスタイル別で、月々の水の使用量を考えてみましょう。

コップ1杯の水は約200ミリリットルです。
外で仕事をしている人がウォーターサーバーを使うタイミングは、朝起きて1杯、会社から帰ってきて1杯、お風呂上がりや寝る前にプラスα。
大人が1日に消費する飲料水は合計で500ミリリットルくらいと仮定します。

家にいる時間が長い大人はもう1杯プラスで、合計700ミリリットル。
子供たちが飲む水はだいたい600ミリリットル。
よく汗をかき、ミルクや離乳食作りにも水が必要な赤ちゃんも、1日に消費する飲料水は600ミリリットルくらい。

この数字で計算してみましょう。

一人暮らしの場合
一ヶ月1日500ミリリットル×30日=15リットルの水を消費。
料理をする場合には、1日650ミリリットル×30日=およそ20リットルくらいの水を消費する計算となります。

共働きで二人暮らしの場合
1ヶ月:30リットル(15リットル×2人)※飲料水のみ
1ヶ月:40リットル(約20リットル×2人)※料理で使う水を含む

大人2人と赤ちゃん1人の3人家族場合(家にいる時間が長い大人が1人)
1ヶ月:54リットル(大人1人が15リットル、家にいる時間が長い大人1人が21リットル、赤ちゃんが18リットル)※飲料水のみ
1ヶ月:58リットル(大人2人で約40リットル、赤ちゃんが18リットル)※料理で使う水を含む

大人2人と子供2人の4人家族の場合(家にいる時間が長い大人が1人)
1ヶ月:72リットル(大人1人が15リットル、家にいる時間が長い大人1人が21リットル、子供2人が36リットル)※飲料水のみ
1ヶ月:76リットル(大人2人が約40リットル、子供2人が36リットル)※料理で使う水を含む

これまでのランキングで見てきたように、定期的に水を宅配をしてくれるメーカーは、一ヶ月に20リットル前後から届けてくれるところが多いようです。

このように、実際に数字にしてみると使い切れない量というわけではありません。ただし、上記はあくまで仮定の話。ご家庭の水の消費量によっては、注文ノルマを設定していないメーカーを選ぶというのも手ですね。

※各家族構成における水の消費量は編集部独自の調査に基づいたものとなります。実際の数字とは異なる場合がありますので、予めご了承くださいませ

Q:ウォーターサーバーと蛇口に取り付ける浄水器の違いは?

A:出せるお湯の温度が異なります。


大きな違いは、出せるお湯の温度にあります。よく売られている浄水器は、お湯対応の商品でもだいたい50℃前後が限界です。赤ちゃんのミルクを作るときにはできるだけカルキを取り除きたいもの。やかんに水を入れ、一度沸騰させて冷まして……かかる手間を考えると、ウォーターサーバーの導入を視野に入れてみるのもよいかもしれませんね。

Q:ウォーターサーバーを契約する際の注意点は?

A:最初に、月額、水の注文ノルマ、水の種類、1度に届く水の量などを見比べましょう。


さらに、実際に家に置くことを想像しながら、ウォーターサーバーのデザインやサイズ、水ボトルの交換の仕方、飲み終えた容器の処理方法などを比較していくのがおすすめです。おうち時間が増えた今、ライフスタイルにぴったりのウォーターサーバーを見つけましょう!

おすすめのウォーターサーバーをテーマ別のランキング形式でご紹介!
月額費用が安い、家族構成別、水の種類、卓上型やおしゃれなど、さまざまなテーマで比較。
お得なキャンペーン情報もあわせて掲載。

各ウォーターサーバーを比較して、自分にあったウォーターサーバーを見つけてください!

気になるテーマからウォーターサーバーを探そう!

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。
皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!