トップ > ライフスタイル >  ペット用品 > 猫用品 >

猫砂おすすめ15選 愛猫にピッタリな猫砂を探そう! 画像:123RF

にゃっぷる編集部

更新日:2022年6月17日

この記事をシェアしよう!

猫砂おすすめ15選 愛猫にピッタリな猫砂を探そう!

猫が快適に暮らすうえで最も重要なトイレの猫砂。
猫砂は種類も多く、初めて猫を迎える人はどの猫砂を選べばいいのか悩みますよね。

「鉱物?紙?木?どの猫砂を選べばいいのかわからない!」
「うちのトイレにはどの猫砂がいいの?」
という猫初心者さんもいるのではないでしょうか。

今回はそれぞれの猫砂の特徴、猫砂を選ぶポイントとおすすめの猫砂をご紹介します!

猫砂の選び方1.トイレの種類で猫砂を選ぼう!

猫砂の選び方1.トイレの種類で猫砂を選ぼう!
画像:123RF

猫砂には大きく分けて

  • 固まるタイプ
  • 崩れるタイプ
  • 通過タイプ

の3タイプがあります。

この3タイプを、現在の猫用トイレ、またはこれから使おうと思っているトイレタイプに合わせて選ぶと、お世話や手入れがぐっと楽になります。

トイレの種類によっては使えない猫砂もありますので、まずはトイレの種類とそれに合った猫砂のタイプをチェックしましょう!

箱型トイレにピッタリの猫砂

箱型トイレにピッタリの猫砂
画像:123RF

底がフラットでシンプルな箱型トイレには「固まるタイプ」の猫砂がおすすめです。

「崩れるタイプ」や「通過タイプ」の猫砂はオシッコをした箇所・していない箇所が混ざってしまうので、その後の手入れが大変になってしまいます。

システムトイレにピッタリの猫砂

システムトイレにピッタリの猫砂
画像:123RF

トイレの底がスノコや網目状になっている二重構造のシステムトイレ。上段のスノコに猫砂を入れ、下段のトレーにペットシーツを敷いて使用するこのトイレには「崩れるタイプ」や「通過タイプ」の猫砂がおすすめです。

「固まるタイプ」を使うとスノコ部分に猫砂が詰まってしまうことがあるため、システムトイレの良さを十分に発揮できなくなってしまいます。

自動トイレにピッタリの猫砂

自動トイレにピッタリの猫砂
画像:123RF

近年増えている自動トイレには、鉱物系の「固まるタイプ」がおすすめです。

トイレの構造上、すぐにガッチリ固めてくれる鉱物系の猫砂が推奨されることが多く、その他の「崩れるタイプ」や「通過タイプ」は使用できません。

※自動トイレに使用できる猫砂は各メーカーによって異なります。必ず公式ホームページで確認しましょう

猫砂の選び方2. 砂の種類で猫砂を選ぼう!

猫砂の選び方2. 砂の種類で猫砂を選ぼう!
画像:123RF

各トイレにピッタリの猫砂タイプがわかったら、次は猫砂の種類を決めていきましょう!

それぞれの特徴とメリット、デメリットをご紹介していきます。

猫砂タイプ①「鉱物系」

猫砂タイプ①「鉱物系」

主成分のベントナイトがオシッコをガッチリ固めてくれるのが鉱物系の特徴。「固まるタイプ」なので「箱型トイレ」「自動トイレ」に適しています。

鉱物系の猫砂のメリット

  • 手に入りやすく、価格も安いためお財布にやさしい猫砂。
  • ほとんどの猫が嫌がらずに使ってくれるので、初めての猫砂としてもおすすめです。

鉱物系の猫砂のデメリット

  • 鉱物なので5リットル入りのサイズでも重量があります。
  • トイレに猫砂をセットする際に粉が舞い散ります。
  • 猫砂の粒が小さく肉球に挟んだまま歩いて部屋に砂を持ち込んでしまうこともあるので、足裏の砂を落とすためのマットがあったほうが良いでしょう。

猫砂タイプ②「紙系」

猫砂タイプ②「紙系」

再生パルプを主成分としているのが紙系の猫砂。「固まるタイプ」なので「箱型トイレ」に適しています。

人用の水洗トイレに流せるのも特徴の1つです。

紙系の猫砂のメリット

  • 各自治体によりますが可燃ごみとして捨てられます。
  • 価格が手頃なのは高ポイント。
  • 猫砂自体が軽いため、大容量でも運ぶのに苦労しません。10リットル以上のサイズで買うのがおすすめ!

紙系の猫砂のデメリット

  • 粒が大きめなので容量が少ないものはすぐに使い切ってしまいます。
  • 猫砂自体が軽いので、砂かけがダイナミックな猫は散らかしてしまうかもしれません。

猫砂タイプ③「シリカゲル系」

猫砂タイプ③「シリカゲル系」

砂にオシッコを通過させて臭いを吸い取るのがシリカゲル系猫砂の特徴です。猫砂とペットシーツを組み合わせて使用。固まらないタイプなので「システムトイレ」に適しています。

シリカゲル系の猫砂のメリット

  • 消臭効果に優れています。ウンチの水分を吸収して乾燥状態にしてくれるのはうれしいポイント。
  • 毎日の手入れはペットシーツの交換とウンチの処理だけ! 掃除の負担を減らすことができます。
  • 時々砂をかきまぜてあげれば約1ヶ月は交換不要という商品も販売中。猫砂の補充回数も少なくていいのが魅力的です。

シリカゲル系の猫砂のデメリット

  • 他の猫砂よりも価格が高く、ペットシーツも必要なのでランニングコストがかかります。

猫砂タイプ④「木系」

猫砂タイプ④「木系」

主成分が木の猫砂は「固まるタイプ」と「崩れるタイプ」「通過タイプ」がそろっています。固まるタイプは「箱型トイレ」、崩れるタイプと通過タイプは「システムトイレ」にぴったり。

木系の猫砂のメリット

  • 主成分が木のため消臭効果が高く、香料不使用でもほのかに木の香りがします。天然成分なので安心して使えますね。
  • 各自治体によりますが可燃ごみとして捨てられて、トイレに流せる商品もあります。

木系の猫砂のデメリット

  • 「崩れるタイプ」と「通過タイプ」は、おが屑を圧縮した木質ペレット。重量があるため運ぶのが少し大変かもしれません。
  • 「崩れるタイプ」は水分を含むと粉状になるため、猫砂をスノコの下へ落とさなければなりません。シリカゲル系と同様にペットシーツが必要となり、少々コストがかかる傾向に。※「通過タイプ」もペットシーツとセットで使います。

猫砂タイプ⑤「おから系」

猫砂タイプ⑤「おから系」

主成分が食品なので、万が一猫が食べてしまっても安心なおから系猫砂。「固まるタイプ」なので「箱型トイレ」に適しています。

おから系の猫砂のメリット

  • 各自治体によりますが、可燃ごみとして捨てられてトイレに流せる商品もあります。
  • 粉塵は他の猫砂よりも抑えられているものが多く、軽いので入れ替えや継ぎ足しなどが楽々。

おから系の猫砂のデメリット

  • 固まり具合が少し柔らかく、おから特有の匂いがあります。
  • 食品素材なので虫が寄ってきてしまうことも……。
  • 「食べ物だ!」と思い好んで食べてしまう猫もいるので注意してください。

種類別のおすすめ猫砂15選!

種類別のおすすめ猫砂15選!
画像:123RF

ここからは、おすすめの猫砂15アイテムを種類別にご紹介。愛猫にピッタリな猫砂を探していきましょう!

鉱物系のおすすめ猫砂

鉱物系のおすすめ猫砂

鉱物系のおすすめ猫砂①「LION ニオイをとる砂」

鉱物系のおすすめ猫砂①「LION ニオイをとる砂」
画像:Amazon

鉱物系猫砂の超ロングセラー商品「LION ニオイをとる砂」です。オシッコをすぐにガッチリと固めてくれるので、あまり砂かけをしない猫でも臭わないから安心!外猫から家猫になる子にも、違和感なく使ってもらえますよ。

同シリーズには「フローラルソープ」「リラックスグリーン」の香り付きや、7歳以上用の鉱物系猫砂もあります。

鉱物系のおすすめ猫砂②「Catmania ターキッシュホワイトの猫砂カーボン粒子入り」

鉱物系のおすすめ猫砂②「Catmania ターキッシュホワイトの猫砂カーボン粒子入り」
画像:Amazon

「Catmania」はトルコで15年以上続く猫砂ブランド。細かい砂粒がオシッコもウンチもしっかり固めてくれる猫砂です。

カーボン粒子が配合されているため高い消臭効果を誇り、砂粒が小さいのに粉塵が抑えられているのも注目ポイント!無香料の本品の他に、ベビーパウダーを配合してほのかに香るタイプもあります。

この猫砂は、特に自動トイレにおすすめですよ。

鉱物系のおすすめ猫砂③「クニミネ 飛び散らニャいネコ砂」

鉱物系のおすすめ猫砂③「クニミネ 飛び散らニャいネコ砂」
画像:楽天市場

クニミネ 飛び散らニャいネコ砂」という商品名がユニークなこちらの商品は、鉱物系の中でも砂粒がやや大きいため飛び散りにくいのが特徴です。「めちゃくちゃガッチリ固まる!」と鉱物系猫砂愛好者からの評判も高い人気商品。

体の大きな猫でも猫砂の飛び散りが少ないのが高ポイントです。多頭飼いの人にもおすすめの猫砂です。

紙系のおすすめ猫砂

紙系のおすすめ猫砂

紙系のおすすめ猫砂①「ボンビ 竹炭の猫砂」

紙系のおすすめ猫砂①「ボンビ 竹炭の猫砂」
画像:楽天市場

竹炭配合で、紙の猫砂の中でも優れた消臭力が大きな魅力の「ボンビ 竹炭の猫砂」。もちろん可燃ごみとして処理できて、トイレにも流せます。

他の紙系の猫砂と比べて少し重たいのですが、そのぶん猫が砂かけをしても飛び散りにくい効果あり。紙系なのに粉塵がしっかりと抑えられているため、リピーターの多い猫砂です。

紙系のおすすめ猫砂②「ユニ・チャーム デオトイレ飛び散らない緑茶成分入り消臭サンド」

紙系のおすすめ猫砂②「ユニ・チャーム デオトイレ飛び散らない緑茶成分入り消臭サンド」
画像:楽天市場

システムトイレ専用の猫砂「ユニ・チャーム デオトイレ飛び散らない緑茶成分入り消臭サンド」。シリカゲル系猫砂と同じく「通過するタイプ」なので、ペットシーツと一緒に使いましょう。

緑茶成分配合で消臭効果が高く、掃除の回数も少なく済むので忙しい人におすすめ!まん丸の猫砂と違いコロコロと転がりにくい形状なのも嬉しいポイントですね。

可燃ごみとして捨てられますが、水に溶けないためトイレには流せません。

紙系のおすすめ猫砂③「アイリスオーヤマ ペーパーフレッシュ」

紙系のおすすめ猫砂③「アイリスオーヤマ ペーパーフレッシュ」
画像:楽天市場

ペーパーフレッシュ」はトイレに流して捨てることを想定して作られている猫砂です。“オシッコは固まるのに水には溶けやすい”のがポイント。

トイレットペーパーと同じ再生パルプを使用しているので安心して流せますね。

猫がオシッコをした部分は色が青くなるので、どこが汚れたのかは一目瞭然!14リットルや18リットルの大容量サイズもあります。

シリカゲル系のおすすめ猫砂

シリカゲル系のおすすめ猫砂

シリカゲル系のおすすめ猫砂①「アイリスオーヤマ シリカゲルの猫砂」

シリカゲル系のおすすめ猫砂①「アイリスオーヤマ シリカゲルの猫砂」
画像:Amazon

アイリスオーヤマのシリカゲルの猫砂」は、消臭効果に優れた使いやすい猫砂。黒い脱臭粒と青い抗菌粒が配合されているので、猫用トイレを清潔に保ってくれます。

他の種類の猫砂に少量混ぜて使うのもおすすめ。その消臭効果の高さから、瓶に詰め替えて車や部屋の消臭剤にしている人もいる(!)、猫砂以外の用途でも人気の商品です。

シリカゲル系のおすすめ猫砂②「ボンビ ウィークリーサンド」

シリカゲル系のおすすめ猫砂②「ボンビ ウィークリーサンド」
画像:Amazon

消臭・吸収・速乾に優れたシリカゲル系の猫砂「ボンビ ウィークリーサンド」です。「ウンチをしたのに臭わなかったから気がつかなかった!」というユーザーもいるくらい、消臭効果が高いアイテム。

成猫1匹なら1ヶ月は効果が続くので、取り替える回数が少なく済むのもうれしい点ですね。子猫用のトイレにもOK。

木系のおすすめ猫砂

木系のおすすめ猫砂

木系のおすすめ猫砂①「花王 ニャンとも清潔トイレ脱臭・抗菌チップ」

木系のおすすめ猫砂①「花王 ニャンとも清潔トイレ脱臭・抗菌チップ」
画像:楽天市場

ベストセラー商品の「ニャンとも清潔トイレ」は「通過タイプ」の木製チップの猫砂。ペットシーツとセットで使うシステムトイレ用ですね。

針葉樹が持っている自然の抗菌効果でトイレはいつも清潔。人工香料や抗菌剤を使用していないので安心!と高い人気を誇っています。

木質ペレットのサイズを大きめ・小さめ・極小から選べるのも高ポイント。初めて使うなら粒は小さめがおすすめです。

木系のおすすめ猫砂②「アイランドトレードエンドインダストリーズ パインウッド」

木系のおすすめ猫砂②「アイランドトレードエンドインダストリーズ パインウッド」
画像:Amazon

自然派の飼い主さんには「パインウッド」の猫砂がおすすめ!化学成分不使用、主原料は針葉樹の間伐材や製材のおが屑を使用しているので、燃やしてもダイオキシンが発生しない環境にも猫にも優しい商品です。

濡れたら「崩れるタイプ」の猫砂なのでシステムトイレで使いましょう。

木系のおすすめ猫砂③「常陸化工 トイレに流せる木製猫砂」

木系のおすすめ猫砂③「常陸化工 トイレに流せる木製猫砂」
画像:楽天市場

商品名のとおりトイレに流せる猫砂「常陸化工 トイレに流せる木製猫砂」です。おが屑を微粉末にした木粉が主原料のため、人にも猫にも安全な点がポイント。粒はやや大きめで固まるタイプ、木の消臭作用が臭いを閉じ込めます。

きつすぎない爽やかなひのきの香りが、多くのリピーターを生み出している猫砂。大容量の12リットルサイズもあります。

木系のおすすめ猫砂④「常陸化工 スーパーウッディー大粒」

木系のおすすめ猫砂④「常陸化工 スーパーウッディー大粒」
画像:楽天市場

続いても常陸化工の猫砂「スーパーウッディー大粒」。「固まるタイプ」の木の猫砂の中でも大粒タイプなので、猫が砂かけをしても散らばりが少なく、肉球にも挟まりにくい商品です。

「トイレに流せる木製猫砂」同様に、優しいひのきの香りが高評価。森林資源を再利用しているため環境に優しいのもうれしいポイントですね。

大粒なので、子猫よりも成猫や大型サイズの猫におすすめ!小粒タイプや大容量サイズもあります。

おから系のおすすめ猫砂

おから系のおすすめ猫砂

おから系のおすすめ猫砂①「トフカス Ree」

おから系のおすすめ猫砂①「トフカス Ree」
画像:Amazon

おから系猫砂でも有名なトフカスシリーズ。今回はその中から「トフカスRee(リー)」をご紹介します。

「Ree」には青りんごの香りが付いていて、おから系独特の匂いはありません。錠剤のようなタブレット型で、砂かけの飛び散りを抑えた一工夫が特徴的。香りが良いので他の猫砂に混ぜて使っている人も!

「Ree」の他に、ピーチの香りの「Pee(ピー)」も人気を集めています。

おから系のおすすめ猫砂②「コーチョー ネオ砂おから」

おから系のおすすめ猫砂②「コーチョー ネオ砂おから」
画像:楽天市場

ネオ砂おから」はマカロニのような中空構造で猫のオシッコをすぐに吸収し、固めて臭いも閉じ込めてくれる猫砂。水に溶けやすいのでトイレに流しても安心!後処理が楽なのは嬉しいですよね。

コストパフォーマンスが良く、多頭飼いの飼い主さんにもおすすめ。通常の6リットルサイズの他に、大容量サイズ、砂が小さい小粒サイズもあります。

おから系のおすすめ猫砂③「OFT サスティナブリーユアーズMULTI-CAT Plus」

おから系のおすすめ猫砂③「OFT サスティナブリーユアーズMULTI-CAT Plus」
画像:Amazon

おから系の分類とは少し外れるかもしれない穀物系の猫砂「OFT サスティナブリーユアーズMULTI-CAT Plus」です。原料はタピオカの原材料であるキャッサバとトウモロコシのみ。

しっかり固まるそのスピードが、驚くほど早いのが特徴。原料のキャッサバの効果でゴムボールのような弾力のある塊になります。

南国の砂浜のように白くサラサラの細粒なので、システムトイレではなく、箱型トイレや自動トイレで使用してください。他とは違う猫砂を体験したい人はぜひ!

最適な猫砂で愛猫にストレスのない生活を!

最適な猫砂で愛猫にストレスのない生活を!
画像:123RF

今回ご紹介した猫砂15選の中に、使ってみたい猫砂は見つかりましたか?

我が家にも3代目の愛猫がいます。初代から鉱物・紙・木・おから・シリカゲルと様々な猫砂を使ってきました。猫によって好みも違いましたし、猫の年齢や体調によって猫砂も色々と変えてきました。

今は固まる木の猫砂がお気に入りのようで愛用しています。

皆さんも、愛する猫にピッタリな猫砂を探してみてくださいね!

 

>>楽天市場で「猫砂」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「猫砂」の売れ筋ランキングをチェック

 

編集:まっぷるライフスタイル編集部
旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。
何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

猫砂Q&A

  • トイレの種類にあわせて猫砂を選ぶ必要があるか?
    • トイレタイプに合わせて選ぶと、お世話や手入れがぐっと楽になります。また、トイレの種類によっては使えない猫砂もありますので、まずはトイレの種類とそれに合った猫砂のタイプをチェックしましょう。
  • 猫砂のタイプには何がありますか?
    • 猫砂には「固まるタイプ」、「崩れるタイプ」、「通過タイプ」の3種類あります。
  • 箱型トイレにおすすめの猫砂のタイプは?
    • 「固まるタイプ」の猫砂がおすすめです。
  • システムトイレにピッタリの猫砂のタイプは?
    • 「崩れるタイプ」や「通過タイプ」の猫砂がおすすめです。
  • 自動トイレにピッタリの猫砂のタイプは?
    • 「固まるタイプ」がおすすめです。
  • 猫砂の砂の種類には何がある?
    • 「鉱物系」、「紙系」、「シリカゲル系」、「木系」、「おから系」などの種類があります。
  • 鉱物系の猫砂の特徴は?
    • オシッコをガッチリ固めてくれるのが鉱物系の特徴。「箱型トイレ」「自動トイレ」に適しています。
  • 紙系の猫砂の特徴は?
    • 再生パルプを主成分として、人用の水洗トイレに流せるのが特徴。「箱型トイレ」に適しています。
  • シリカゲル系の猫砂の特徴は?
    • 砂にオシッコを通過させて臭いを吸い取るのが特徴。猫砂とペットシーツを組み合わせて使用します。「システムトイレ」に適しています。
  • 木系の猫砂の特徴は?
    • 「固まるタイプ」や「崩れるタイプ」、「通過タイプ」など様々なタイプが揃うのが特徴。固まるタイプは「箱型トイレ」、崩れるタイプと通過タイプは「システムトイレ」に適しています。
  • おから系の猫砂の特徴は?
    • 主成分が食品なので、万が一猫が食べてしまっても安心な点が特徴。「箱型トイレ」に適しています。

にゃっぷる編集部は、ねこ愛200%のねこが大好きな人間が集まっています。「ねこ好きなら、こういう情報が必要」と、取材スタッフや編集者が足で集めたねこ愛たっぷりの情報を発信していきます。

SNS公式アカウントでも「ねこ情報」を発信中なので、ぜひフォローしてお楽しみくださいにゃ!
公式YouTubeチャンネルはこちら→https://bit.ly/3JcKefl