トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 大分・竹田・臼杵 > 佐伯・日豊海岸

ゴマだし

佐伯の台所の必需品だったおふくろの味

エソという魚やアジ、カマスなどの魚の焼いた身を、ゴマ、醤油などと合わせてすりつぶしたもの。ゴマだしを湯で溶いてうどんを入れた「ゴマだしうどん」が基本的な食べ方。

ゴマだし

道の駅 宇目(ミチノエキウメ)

唄げんか大橋のそばの駅で、イノシシや椎茸料理が自慢

唄げんかの里うめキャンプ村横に建つ。祖母傾山系で育った猪肉を使ったしし鍋やイノシシチャーハンなどが味わえる。猪肉のチャーシューを使ったししラーメンが人気。

道の駅 宇目

道の駅 宇目

住所
大分県佐伯市宇目南田原2513-5
交通
東九州自動車道佐伯ICから県道36号、国道217・10号、県道39号、国道326号を延岡方面へ車で40km
料金
ししラーメン=800円/

道の駅 やよい(ミチノエキヤヨイ)

淡水魚を展示する水族館や温浴施設で身も心も癒される

「番匠おさかな館」では、清流・番匠川や熱帯雨林の淡水魚を展示。イスラエルの死海の塩を溶かした「死海の湯」も楽しめる温浴施設、郷土料理などを味わえるレストランも併設している。

道の駅 やよい

道の駅 やよい

住所
大分県佐伯市弥生上小倉898-1
交通
東九州自動車道佐伯ICから県道36号、国道217号・10号を大分方面へ車で6km
料金
入浴料=大人500円、小人300円/番匠おさかな館入館料=大人300円、小人200円/

つね三(ツネサン)

郷土料理の「ごまだしうどん」を食べてみよう

活きのいい魚介が味わえる和食処。郷土料理でもあるごまだしうどんは、エソのすり身、醤油、ゴマ、味噌を練ったごまだしを湯に溶かして食べる。あじ寿司とのセットもある。

つね三

つね三

住所
大分県佐伯市内町6-4
交通
JR日豊本線佐伯駅からタクシーで5分
料金
ごまだしうどん=540円/季節の刺身盛り合せ=800円~/刺身定食=1600円/あじ寿司・うどんセット=800円/おまかせ寿司=1700円/

味愉嬉食堂(ミユキショクドウ)

家でも「佐伯ごまだしうどん」を

佐伯市の名物「ごまだしうどん」が好評な食堂では、ごまだしうどんの素になる瓶詰め「ごまだし」の販売も行なっている。和え物やチャーハンに混ぜてもおいしく、おみやげにぴったりの一品。

味愉嬉食堂

味愉嬉食堂

住所
大分県佐伯市中村南町7-25
交通
JR日豊本線佐伯駅からタクシーで5分
料金
ごまだしうどん=540円/ごまだしうどん定食=864円/ごまだしうどんと瓶詰めセット=1080円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください