トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 横浜 > 横浜ベイ > 中華街

横浜中華街の中華粥

中華街のお粥は体にしみるおいしさ

丸鶏や干し貝柱などを使ったスープで炊き上げる中華粥。中華街では中華粥専門店もあるほどで、時間をかけて炊いたお粥は米の甘さ、ダシの旨みが溶け合ってなんともいえないおいしさ。トッピングや薬味で、さらに旨みを増すお粥は体にもやさしく、朝食にもぴったりだ。

横浜中華街の中華粥

安記(アンキ)

さらりとした広東風お粥を堪能

お粥専門店として80年以上の歴史がある老舗。鶏や豚などのスープで作る広東風のお粥は、とろみが少なくサラリとした口当たり。お粥は全部で11種類。

安記

安記

住所
神奈川県横浜市中区山下町147
交通
みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩4分
料金
三鮮粥=864円/牛モツ粥=756円/モツ皿=756円/豚のレバ炒め=1944円/イカとさやえんどう炒め=2052円/巻揚げ=2052円/

青葉新館(アオバシンカン)

薬膳を取り入れた滋味あふれるお粥

医食同源の考えを基本にした薬膳料理と台湾料理の店。幅広い薬膳メニューを目当てに、多くの女性客が訪れる。薬膳粥を含むコース料理も人気。

青葉新館

青葉新館

住所
神奈川県横浜市中区山下町97
交通
みなとみらい線元町・中華街駅からすぐ
料金
薬膳粥=1296円/ゆり根と牛肉炒め=2376円/コース料理=1944円~/薬膳素羅漢=1944円/五目ビーフン=864円/台湾飲茶コース=1674円~/スーラータンメン=972円/

謝甜記(シャテンキ)

濃厚なうま味が詰まったお粥

行列ができる中華粥の人気店。昭和26(1951)年から変わらぬ味は、うま味が濃縮された乾燥貝柱、乾燥カキ、鶏1羽を煮込んだスープで4時間半かけて粥を炊くことで出来上がる。

謝甜記

謝甜記

住所
神奈川県横浜市中区山下町165
交通
みなとみらい線元町・中華街駅からすぐ
料金
牛肚がゆ=710円/海老粥=810円/野菜粥=710円/貝柱粥=980円/梅みそ付鶏の唐揚げ=1300円/モツ野菜炒め=1460円/えび焼売(4個)=360円/

謝甜記 貮号店(シャテンキニゴウテン)

4時間かけて煮込んだ優しい味の中華粥

いつも行列ができる中華粥の専門店。中華粥は、生の米から乾燥貝柱・丸鶏などと一緒に約4時間煮込むことで、滋味あふれるおいしさに。21種類の具材やトッピングを加えて、味の変化を楽しんで。

謝甜記 貮号店

謝甜記 貮号店

住所
神奈川県横浜市中区山下町189-9辰ビル 1階
交通
みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩5分
料金
八宝粥=1500円/モツ野菜うま煮=1640円/五目粥=640円(中椀)・760円(普通)/魚生粥=640円(中椀)・760円(普通)/梅みそ付き鶏唐揚げ=920円(4本)・1390円(6本)/モツとネギのあえもの=980円/

馬さんの店 龍仙 本店(マーサンノミセリュウセンホンテン)

地元の人も足繁く通う人気店

早朝から深夜まで営業する有名店。朝食目当ての旅行客から、中華街で働く料理人まで、さまざまな層から支持を受ける。お粥のほか、点心や上海料理も充実。

馬さんの店 龍仙 本店

馬さんの店 龍仙 本店

住所
神奈川県横浜市中区山下町218-5
交通
みなとみらい線元町中華街駅から徒歩7分
料金
龍仙粥=825円/小籠包=605円/鴨の舌の唐揚げ=990円/おもちと野菜の炒め=1320円/飲茶セット(2名)=3300円~/

桃源邨(トウゲントン)

こぢんまりした店で食べる上海の懐かしい家庭料理

地元の華僑の人たちもよく買いにくる油条(揚げパン)をはじめ、上海の懐かしい家庭料理を出す店。油條と豆腐スープは上海の典型的な朝ご飯とか。甕出し老酒や上海ガニも人気。

桃源邨

桃源邨

住所
神奈川県横浜市中区山下町165
交通
みなとみらい線元町・中華街駅からすぐ
料金
油條=210円/季節の中国青菜炒め(小)=860円/焼き餃子(5個)=650円/桃源粥=1290円/

東珍味(トウチンミ)

料理人も通う広東家庭料理

路地裏にある隠れ家的なこの店では、中国・広東地方のおふくろの味を楽しめる。黒米や黒酢など、健康・美容に気をつかったメニューの数々がある。

東珍味

東珍味

住所
神奈川県横浜市中区山下町139-1第2杉山ビル 1階
交通
みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩5分
料金
アワビと鶏肉の黒米お粥=980円/黒酢スペアリブ=1580円/上海焼きそば=880円/牛肉XO醤炒飯=800円/麻婆豆腐花=1580円/

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください