トップ > 全国 > 東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 飛騨・白川郷 > 高山 > 櫻山八幡宮

小糸焼

深い色合いが美しい焼き物

開窯は江戸時代初期。2度の廃業を経て戦後復興した窯元。ザラッとした質感と渋い色調の釉薬「伊羅保釉(いらぼゆう)」が特徴。コバルトブルーの青伊羅保釉は窯元独自の色であり、人気も高い。

小糸焼

飛騨のやきもの侘助(ヒダノヤキモノワビスケ)

高山の伝統的な焼物がそろう

飛騨の伝統的な焼物である渋草焼、小糸焼、山田焼の専門店。特に渋草焼は、桜の絵柄で有名な飛騨を代表する陶芸家「六代渋草柳造」の作品を取り揃える限定ショップとして高山で一番の品ぞろえ。

飛騨のやきもの侘助

飛騨のやきもの侘助

住所
岐阜県高山市大新町1丁目58
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
ミニ花瓶=1944円/ぐい呑み=864円~/コーヒーカップ=2700円~/

小糸焼窯元(コイトヤキカマモト)

ここにしかない色を出す、江戸時代から続く窯元

江戸時代に始まる窯元。窯元独自の「青伊羅保(あおいらぼ)」という、深いコバルトブルーのうわぐすりの色合いが魅力。直売店では食器、茶道具などがそろい、工房は見学できる。

小糸焼窯元

小糸焼窯元

住所
岐阜県高山市上岡本町1丁目136
交通
JR高山本線高山駅から濃飛バス高山市内線さるぼぼバスで10分、飛騨高山美術館下車すぐ
料金
ビアカップ=1620円/コーヒー碗=2700円~/花型コーヒー碗=2700円/花器=1080円~/湯のみ=864円~/小鉢=1620円~/小皿=864円~/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください