エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 弘前・津軽半島 > 黒石 > 黒石温泉郷

つゆやきそば

黒石やきそばから誕生した新メニュー

黒石やきそばにあたたかいつゆをかけたもので、スープは醤油やトンコツなど各店舗で異なる。昭和30年代「美満寿」という店にあった「つゆそば」がルーツという。

つゆやきそば

道の駅 虹の湖(ミチノエキニジノコ)

自然を満喫しながらのんびり遊べる道の駅

山とダム湖に囲まれ、桜や紅葉が四季を彩る湖畔の道の駅。広大な敷地には大型こけしローラーすべり台やコンビネーション遊具などが整備され、家族連れで一日中楽しめる。

道の駅 虹の湖

道の駅 虹の湖

住所
青森県黒石市沖浦山神1-5
交通
東北自動車道黒石ICから国道102号を十和田湖方面へ車で約11km
料金
つゆ焼きそば(屋台村)=600円/黒石焼きそば=500円/

蔵よし(クラヨシ)

蔵を利用した店で名物の「世界一天ざる」を味わえる

江戸時代の蔵を利用した風情のある店内。名物の「世界一天ざる」は、ざるそばに、カラリと揚がった天ぷら、すし、茶碗蒸し、吸い物、自家製抹茶アイスなどが付く人気メニューだ。

蔵よし

蔵よし

住所
青森県黒石市横町13
交通
弘南鉄道弘南線黒石駅から徒歩10分
料金
つゆ焼そば=864円/世界一天ざる=1490円/世界一上天ざる=2138円/蔵よし御膳=3240円/かつ膳=880円(昼)・1180円(夜)/

すごう食堂(スゴウショクドウ)

化学調味料を一切使わないこだわりのダシが自慢

創業は大正初期で、古くから地元に親しまれてきた食堂。焼き干し、鰹など、ダシにこだわり化学調味料は一切使用していない。メニューはオーソドックスだが、味には定評がある。

すごう食堂

住所
青森県黒石市一番町186
交通
弘南鉄道弘南線黒石駅からすぐ
料金
つゆ焼きそば=700円/ラーメン=550円/肉うどん=650円/えび丼=800円/

居酒屋 将(イザカヤショウ)

気軽に立ち寄れる居酒屋

ゆでた太平麺で作る焼きそばは、ソースのきいた優しい味。焼きたてを熱い鉄板の上に出し、できたてアツアツを食べる。つゆ焼きそばもある。酒のシメに頼むといい。

居酒屋 将

住所
青森県黒石市横町6
交通
弘南鉄道弘南線黒石駅から徒歩15分
料金
焼きそば=540円/つゆ焼きそば=648円/玉子焼=540円/ガーリックポテト=540円/

黒石やきそば専門店 すずのや(クロイシヤキソバセンモンテンスズノヤ)

気軽に入れるやきそば専門店

おすすめは、マスターが昔通った元祖「美満寿」の味を思い出して再現したつゆやきそば。最後まで飲み干せるほどあっさりしている。一味唐辛子やソースを加えながら味の変化も楽しめる。

黒石やきそば専門店 すずのや

住所
青森県黒石市前町1-3
交通
弘南鉄道弘南線黒石駅から徒歩10分
料金
くろいしつゆやきそば=550円/

レストランもみじ(レストランモミジ)

ご当地グルメ「黒石つゆやきそば」などが味わえる

ご当地B級グルメ黒石つゆやきそばを食べることができる。黒石りんごを使用したリンゴカレーなど豊富なメニューがそろう。

レストランもみじ

レストランもみじ

住所
青森県黒石市袋富山65-1
交通
弘南鉄道弘南線黒石駅から弘南バス虹の湖公園行きで25分、津軽伝承工芸館下車すぐ
料金
黒石つゆやきそば=700円/りんごカレー=700円/えびフライ定食=1000円/ハンバーグ定食=950円/

こみせ庵(コミセアン)

三味線ライブを聴きながら寛げる

土産店津軽黒石こみせ駅内にある店。コーヒーやホットアップルジュースを飲みながら、毎日行われてる津軽三味線奏者の無料生演奏を聴くことができる。

こみせ庵

住所
青森県黒石市中町5津軽黒石こみせ駅 1階
交通
弘南鉄道弘南線黒石駅から徒歩8分
料金
アイスコーヒー=200円/ホットコーヒー=200円/アップルジュース=200円/ホットアップルジュース=200円/

お食事処 妙光(オショクジドコロミョウコウ)

「黒石つゆやきそば」が自慢の食堂

昭和30年代、街の食堂でソースたっぷりの黒石焼きそばにそばつゆをかけたのが始まり。その味とボリュームで地元に根付き、現在は黒石伝統のB級グルメとして30店以上が提供する。

お食事処 妙光

お食事処 妙光

住所
青森県黒石市元町66
交通
弘南鉄道弘南線境松駅から徒歩10分
料金
元祖つゆやきそば=700円/たこらーめん=700円/

エリア