トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 奈良・斑鳩 > 奈良 > ならまち

茶粥

粥からは香ばしい茶の香りがたちのぼる

奈良の粥といえば「茶粥」のことを指す。僧坊の食事であった茶粥は、サラッとしており粘り気がないのが特徴。江戸時代にお茶でご飯を炊いたのが茶粥の始まりともいわれる。

茶粥

塔の茶屋(トウノチャヤ)

移りゆく季節を盛る大和の伝統料理

50年以上馴れ親しんだ興福寺のおひざ元から、ならまちへ移転。季節を上品に盛りつけた茶がゆ弁当が楽しめる。大和茶でさらりと炊き上げた茶がゆは、仕上げに振りかけられた抹茶が香り高い。古美術品の器で供される茶がゆ懐石もある。

塔の茶屋

塔の茶屋

住所
奈良県奈良市南城戸町18
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩12分
料金
茶がゆ懐石=5500円~/茶がゆ弁当=2530円/

和食・菊水(ワショクキクスイ)

旬の素材と大和野菜を用いた会席料理

明治24(1891)年創業。歴史が根付く老舗料亭「菊水楼」。伝統の味を気軽に楽しめる和風レストラン。料理の数々からは日本の四季の美しさを感じる。

和食・菊水

和食・菊水

住所
奈良県奈良市高畑町1130菊水楼 1階
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩10分
料金
旬菜=2000円/すき焼き=4000円/点心=5000円/高円=7000円/(奉仕料別10%)

奈良ホテル 日本料理 花菊(ナラホテルニホンリョウリハナギク)

素材の良さをいかした本格派の日本料理

奈良ホテル内にある和食店。奈良の伝統行事にまつわる四季折々の料理企画が楽しい。和食によく合う地元奈良の酒蔵の吟醸酒が揃う。

奈良ホテル 日本料理 花菊

奈良ホテル 日本料理 花菊

住所
奈良県奈良市高畑町1096
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩15分
料金
奈良絵巻会席(昼)=4752円/万葉弁当(昼)=4514円/まほろば会席(昼)=5940円/飛鳥会席(夜)=8316円/白鳳会席(夜)=10692円/天平会席(夜)=14256円/

月日亭 近鉄奈良駅前店(ツキヒテイキンテツナラエキマエテン)

ゆきひらで炊くやさしい味

近鉄奈良駅のすぐ近くにある店、伝統の古都の味を気軽に満喫できる。旬の素材にこだわっており、地元の食材を使用している。奈良県産米ヒノヒカリを吉野産ほうじ茶で炊きあげた「大和茶粥膳」がおすすめ。

月日亭 近鉄奈良駅前店

月日亭 近鉄奈良駅前店

住所
奈良県奈良市東向中町6奈良県経済倶楽部ビル 2階
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅からすぐ
料金
大和茶粥膳(天ぷら、炊き合わせ付)=2700円/点心膳=1580円/会席=3240円~/柿の葉寿司とにゅう麺膳=1620円/大和牛肉重=1950円/(個室サービス料別10%)

蔵武D(クラブディー)

築180年の町家を活かした店で奈良の地酒を楽しむ

米問屋だった町家を改装したバー。天井も高く開放的な空間が広がっているのが特徴。月に2回程度開催されるライブも人気があり、南米アンデス楽器教室なども行っている。

蔵武D

蔵武D

住所
奈良県奈良市西新屋町43奈良オリエント館内
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩15分
料金
生ビール=500円/奈良の地酒=600円~/キャベツの温サラダ=700円/ヤキカレー=880円/茶粥御膳=1500円/(サービス料別)

茶房 暖暖(サボウノンノン)

中庭を眺めながら味わう

古い町家にバーなども併設する茶房。ここで出す茶粥御膳は若い女性に人気が高い。もち米を使って炊き上げる茶粥に、きび砂糖入りの手作りわらび餅が付く。

茶房 暖暖

茶房 暖暖

住所
奈良県奈良市西新屋町43奈良オリエント館内
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩15分
料金
冷たい茶粥御膳(夏期限定)=1500円/茶粥御膳(ほうじ茶または小豆茶が選べる)=1350円/黒米おこわ御膳=1350円/大和茶とわらびもち=620円/白玉ぜんざい=600円/白玉アイス=600円/