まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

イタリア出入国ガイド&各空港からのアクセス

日本帰国 RETURN TO JAPAN

①検疫
機内で検疫質問票が配られた場合は記入し、検疫で係官に手渡す。体調に異状を感じたら質問票が配られなくても申告。

②入国審査
日本のパスポート所有者は“日本人”の列に並ぶ。順番がきたらパスポートを提示。

③預けた荷物の受け取り
搭乗した便の掲示があるターンテーブルで機内に預けた荷物をピックアップする。破損や紛失は係員にバゲージクレーム・タグを提示し、申し出る。

④動植物検疫
ハムやソーセージ、果物など、動植物とその製品を持ち帰った場合は、検疫で検査を受けなければならない。肉類はほとんどのものが持ち込み禁止なので買わないほうが安全。チーズは、ハムなどの肉類を含んだものでなければ持ち帰れる。

⑤税関検査
機内で配られた携帯品・別送品申告書をパスポートとともに提出。別送品がある場合は2枚記入。日本出国時に外国製品の持出し届を提出したときは、承認印が押されたものも同時に出す。免税範囲内であれば緑、超えている場合は赤の検査台へ。携帯品・別送品申告書は免税範囲内でも記入・提出が必要。

日本入国時の免税の範囲

■免税の対象 
海外旅行者の日本入国時の成人1人あたりの免税範囲は右のとおり。別送品がある場合は、購入した品物は携帯するものと合算して申告する。未成年者は酒類とたばこ類は免税にならない。また、6歳未満の子供は、明らかに子供本人が使用するもの以外は免税されない。

・酒類
1本760㎖程度のもの3本

・たばこ
紙巻200本、葉巻50本、その他250gのいずれか1種。2種類以上を購入した場合は換算して合計250gまで。日本製たばこは外国製たばことは別に上記と同じ量まで免税

・香水
2オンス(約56㎖)
オーデコロン、オードトワレは除外

・同一品目
同一品目の合計が1万円以下の物
(例:1箱1000円のチョコを9箱購入)

・その他
海外市価の合計が20万円以内のもの

■物品の課税方法
①海外市価の合計が20万円を超える場合は、20万円に納まる物品は免税、残りの物品に課税される。
②1個が20万円を超える場合は、物品全体に課税される。
③腕時計、貴石、パソコン、ゴルフクラブなどは関税は無税。消費税のみ課税される。

免税手続き PROCEEDING OF FREE TAX

イタリアの商品には日本の消費税と同様のIVA(付加価値税)4〜22%が課せられていて、手続きを踏めば、手数料を引いた額の税金が返金される。対象となるのはTax Freeのマークを掲げている店。店や手続き代行会社によって条件などに多少の違いはあるが、手続きの手順は基本的に同じ。なお空港内の免税店はあらかじめ値段から税金を引いている。

免税の条件 CONDITION OF FREE TAX

● EU圏外に在住(EU滞在期間が6カ月未満)。
● 1軒の店で1日に総額€154.94以上の買物をした(飲食費など対象外のものもある。店により最低購入金額が異なることも)。
● 購入月の末日から3カ月以内に、購入者本人が商品を未使用のままEU加盟国外へ持ち出すこと。
● 購入月の末日から3カ月以内に払戻しの申請を行なうこと。

免税の手順 PROCEEDING OF FREE TAX

■店で商品を購入、手続き 
すべての店が免税手続きを行なってくれるわけではない。一流ブランドやデパートのほか、グローバル ブルーやプレミア・タックス・フリーなどの免税手続き代行会社の加盟店であるというステッカーが目印となる。支払いの際に店員にパスポートを提示し、「タックス・フリー・プリーズ 」と言えば免税書類を作成してくれる。免税書類を受け取り、名前やパスポート番号など記入されている事項に間違いがないか確認し、必要事項を記入する。

■空港で税関に輸出承認印をもらう
購入品を預け荷物にする場合は、チェックインカウンターでスーツケースにバゲージタグを付けてもらってから、荷物を持って税関(DOGANA)へ。手荷物にして機内へ持ち込む場合は、出国審査後に税関手続きをする。税関では、免税書類、レシート、搭乗券(航空券)、パスポートを提示して免税書類に承認印をもらう。購入品の提示を求められることも。この承認印のない書類は無効になる。税関の場所や手順は、空港によって異なることもあるのでよく確認しよう。

■払い戻し:クレジットカード
クレジットカードによる払い戻しを希望する場合、税関の承認印が押された免税書類にクレジットカード番号を記入し、店でもらった封筒に入れて、税関近くのポストに投函する。控えがない場合は免税書類番号(バーコード)をメモしておき、返金される2〜3カ月後まで大切に保管を。銀行小切手も選択できるが、手数料がかかるため少額払いの戻しには不向き。

■払い戻し:現金
空港の出発ロビーなどにある、払戻しカウンターに書類を提出して現金を受け取ることもできる。免税書類にクレジットカード番号が記載されていると現金の払い戻しができない。グローバル ブルー、ユーロ・リファンドなどの代行会社では帰国後に成田カウンターに書類を提出して日本円で受け取ることもできる。

271677

グローバル ブルー加盟店はこのマークが目印

■タックスフリー加盟店ではない場合 
免税書類を用意していない店や、持っていても使ったことのない店では、その店で使っている通常の請求書(Fattura)を発行してもらい、商品の内容、価格、IVA22%の価格のほかに、「Art.38 Quater DPR 633/72」と記入してもらう。これはEU諸国圏外に住む外国人がIVAの払い戻しを請求できる法令のこと。空港の税関でこれらが明記された請求書にスタンプを押してもらうと、払い戻しが可能になる。 ただし、タックスフリー加盟店ではない場合、払い戻しは各店が行なうため、本当に払い戻しされるかどうかは店次第。スタンプ済みの請求書を商品を購入した店に郵送し、店から銀行振込などの方法で払い戻しを受ける。たびたび訪れる街なら、直接行くほうが確実。

手続きの注意点 IMPORTANT REMINDER

● EU加盟国を移動する場合は、原則として最後に出国する国の空港で免税手続きをする。
● 税金の返還は、約2〜3カ月後のクレジットカード明細で確認できる。時期が過ぎたら控えに記載された連絡先に催促を。
● 日本帰国後は、免税書類を申請期限内に直接代行会社に郵送し、クレジットカードに払戻しをしてもらうことができる。

航空券をお探しですか?
格安航空券の『最安値』をチェック »

ローマ・フィウミチーノ空港 AEROPORTO DI FIUMICINO

イタリア最大の空港、ローマ・フィウミチーノ空港は別称レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港とも呼ばれている。ローマ市内から南西に約30kmの海沿いにある。

■空港ターミナル 
旅客ターミナルは1、2、3、5の4つ。国際線の発着はターミナル2と3。シェンゲン協定加盟国からの便が発着するのがターミナル2で、日本からの便はターミナル3に着く。ターミナル1は国内線の便が発着する。

ローマ・フィウミチーノ空港 06-65951 www.adr.it/fiumicino

空港から市内へ ACCESS FROM THE AIRPORT

市内への交通手段 TRANSPORTATION

レオナルド・エクスプレス 約30分 €14
普通列車 約30〜45分 €8
シャトルバス 約40〜55分 €4〜8
タクシー 約45分 約€48

■レオナルド・エクスプレス Leonardo Express
空港駅とローマのテルミニ駅を直通で結ぶ専用特急列車。所要時間は約30分、料金は片道€14。空港駅はT3と連絡通路で結ばれており、切符は専用窓口か自動券売機で購入する。改札口はないが、自分で切符に使用開始日のスタンプを押さなければならない。ホームの手前に並んでいる黄色か緑の刻印機に切符を挟み、刻印する。

●運行時間
空港発 6:23〜23:23(30分間隔)
市内発 5:35〜22:35(30分間隔)
●乗場
空港 フィウミチーノ空港駅
市内 テルミニ駅

 

270044

 

■普通列車 Treno Regionale FL1
レオナルド・エクスプレスと同様、空港駅とローマ市内を結んでいるレジョナーレと呼ばれる近距離の普通列車。所要はトラステヴェレまで27分、ティブルティーナまで47分、料金は€8。チケットは窓口または自動券売機で購入。窓口で買うときは行き先かレジョナーレと告げる。切符の刻印はレオナルド・エクスプレスと同様。

●運行時間
空港発 5:57〜23:27(15〜30分間隔)
市内発 5:01〜22:17(15〜30分間隔)
●乗場
空港 フィウミチーノ空港駅
市内 トラステヴェレ Trastevere、オスティエンセ Ostiense、トゥスコラーナ Tuscolana、ティブルティーナ Tiburtina

270050

 

■シャトルバス Shuttle Bus 
数社が運行しており、料金も異なる。行き先はほとんどがテルミニ駅だ。

 

270077

□テラヴィジョン・エアポート・トランスファー・サービス(Terravision Airport Transfer Service)
フィウミチーノ市内発、空港経由ローマ・テルミニ駅行が運行している。所要時間55分、料金€4。

●運行時間
空港発 5:35〜23:00(25〜70分間隔)

 

□SITバスシャトル(SIT Bus Shuttle)
空港からカヴール広場経由テルミニ駅行のバスが運行している。所要時間は約55分、料金は€6。

●運行時間
空港発 8:30〜0:30(30〜65分間隔)
市内発 5:00〜20:30(15〜60分間隔)
●乗場
空港 ターミナル3到着フロア出口近く
市内 テルミニ駅

 

□アトラル・スキアッフィーニバス(Atral-Schiaffini Bus)
ローマ市内のテルミニ駅までノンストップで運行。所要45分、料金€4。

●運行時間
空港発 6:05〜20:25(25〜60分間隔)
市内発 5:10〜21:30(30〜60分間隔)
●乗場
空港 ターミナル3到着出口4番
市内 テルミニ駅

 

■タクシー Taxi 
ドアトゥードアで目的地までアクセスできるので、いちばん楽な交通手段。空港の到着ロビーのすぐ外に乗場があるので、正規のタクシーを利用する。料金はローマ市内まで一律€48に定められている。ただし、ローマ市内とは城壁内のことで、その外にあるホテルなどに行く場合は一律ではない。

●乗場
空港 各ターミナル 到着フロア

270089

 

■レンタカー Rent-A-Car
ローマ周辺を観光するには、駐車場の問題や、けっして安全運転とはいえない現地の運転マナーを考えると、市内だけならレンタカーは不要。郊外や周辺の街に行くには利用すると便利。到着ロビーに主要レンタカー会社のカウンターがある。

ミラノ・マルペンサ国際空港 AEROPORTO DI INTERNAZIONALE MILANO-MALPENSA

ミラノ市内から北西へ約50kmにあり、ローマのフィウミチーノ空港と並び、イタリアを代表する空港となっている。アリタリア航空をはじめ、ヨーロッパのたくさんの航空会社がイタリアでのハブ空港としている。

■空港ターミナル
国際線、国内線とも第1ターミナルから発着。第2ターミナルはおもにチャーター便の発着に使用される。日本からの便が到着するのは第1ターミナルだ。

■空港内の施設
・両替/キャッシング
ユーロの現金がないときは両替するかキャッシングして当面必要な現金を手に入れておく。空港の両替所は換算レートが良くないので、クレジットカードを持っているときはATMでのキャッシングがおすすめ。両替所や銀行、ATMはターミナル内各所にたくさん設置されている。

・救急医療施設
24時間開業。ファーマシーは一般区域内では第1ターミナルの1・2階にある。
02-74862408

 

・Wi-Fiポイント
チェックインカウンターや搭乗ラウンジ、レストラン、バーなど一般区域、制限区域を問わずWi-Fiポイントが設置されており、どこでもパソコン通信ができる。

ミラノ・マルペンサ国際空港 02-232323 www.seamilano.eu

269895
筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ イタリア」です。掲載している情報は、2014年10月〜2015年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。