チャルン・クルン地区は、こちらもおすすめ

◆充実のエンタメスポット

華やかなニューハーフショーや伝統の人形劇が、さらに楽しい夜を演出。

ジョー・ルイス・レストラン (Joe Louis Restaurant)

古典芸能とラーマ2世の料理

タイ伝統人形劇の「ジョー・ルイス・シアター」が運営するタイ料理レストラン。火〜日曜にはレストラン前の広場でショーが行なわれる。詩人としても名を馳せたラーマ2世の詩をもとに再現した料理も提供する。

ジョー・ルイス・レストラン

現地名:
Joe Louis Restaurant
住所:
Charoen Krung District
地図を見る »
TEL:
02-108-4400
営業時間:
17:00~23:00(金~日曜は~24:00)、ショー火~日曜19:30~20:00
定休日:
無休 
日本最大の海外レストラン予約サイトでは、
「日本語」で安心して予約できます。
ジョー・ルイス・レストランをネット予約 »

カリプソ・キャバレー (Calypso Cabaret)

華麗な演技に魅了される

約25年の歴史をもつニューハーフショー。コメディあり、シリアスあり、モノマネあり。緩急つけたテンポのよい構成が魅力。併設レストランではタイ伝統舞踊もあり。

カリプソ・キャバレー

現地名:
Calypso Cabaret
住所:
Kodang 3, Asiatique The Riverfront, 2194 Charoen Krung Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S6 サパーン・タークシン駅下車、サートーン桟橋から無料シャトルボートで15分
TEL:
02-688-1415~7
営業時間:
ショー20:15~、21:45~
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.calypsocabaret.com

チャルン・クルン地区は、こちらもおすすめ

◆お手ごろスパ

技術もコスパも優れた街なかスパは、立ち寄りスポットとして人気。

サマドゥン・スパ&マッサージ (Sa-ma-dul Spa & Massage)

歩き疲れたら気軽に寄りたい

つねに多くのお客さんで賑わうマッサージ店。定番メニューのフットマッサージのほか、フィッシュスパなどもある。買い物や付き添いで歩き疲れた体を癒すのにぴったりだ。

1483095

施術師が多いので待たずに受けられる

サマドゥン・スパ&マッサージ

現地名:
Sa-ma-dul Spa & Massage
住所:
Kodang 3, Trok 1
地図を見る »
TEL:
081-618-3576
営業時間:
15:00~24:00
定休日:
無休 

【NIGHT MARKET(ナイト・マーケット)】タラート・ナット・ロットファイ・シーナカリン (Talat Nat Rotfai Srinakarin)

ノスタルジックな雰囲気漂う

チャトゥチャック地区にあった鉄道市場が閉鎖され、姉妹市場のこちらが盛り上がりをみせている。駅からは遠いが、その分ローカル感たっぷり。
2013年にオープンしたナイト・マーケット。約10万㎡ある敷地は、プラザとマーケット、倉庫群の3つのゾーンに分かれており、ヴィンテージ雑貨やアンティーク、ファッションアイテム、スマホグッズなど約2300ものお店が並ぶ。パッタイをはじめとした麺料理などの屋台やカフェバーもあり、市場全体を包むレトロな雰囲気とともに、タイの夜店気分をたっぷりと味わうことができる。

1488426
1489631
1489638
1489646
1489655

シー・シアン (Chi Chiang)

ずらりと並ぶレトロな世界

バンコク郊外で10年以上営業していたオーナーが開いたアンティーク雑貨のお店。ホーローの食器や昔の洗剤の箱など、懐かしさを感じさせる品々が多数。タイ映画の小道具としてレンタルもしているとか。

1489404

昔のお茶ブランドのロゴが入ったレトロなグラス

1489414

40年前の装飾皿。アユタヤーのバーン・パイン宮殿の図

シー・シアン

現地名:
Chi Chiang
住所:
1/4 Soi 51, Srinakarin Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E12 ウドム・スック駅から車で20分/エアポート・レール・リンク フア・マーク駅から車で10分
TEL:
089-061-8454
営業時間:
18:00~翌1:00
定休日:
月~水曜 

キッズディー (Kidzdee)

豊富な柄の子供用Tシャツ

子供専門のオリジナルTシャツ・ブランド。オーナーみずからデザインするプリントは、なんと600種以上にものぼるとか。タイならではの家族愛にあふれるメッセージや象のイラストがかわいい。

1489212

「おじいちゃん、おばあちゃん大好き!お金をくれたらもっと好き」というユニークなメッセージ

1489228

親子ペアで着られる柄も。写真は大人用サイズ

1489219

紺色にワンポイントの虹色象。ピンクも人気

キッズディー

現地名:
Kidzdee
住所:
1/4 Soi 51, Srinakarin Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E12 ウドム・スック駅から車で20分/エアポート・レール・リンク フア・マーク駅から車で10分
TEL:
086-328-6035
営業時間:
17:30~24:00
定休日:
月~水曜 

タラート・ナット・ロットファイ・シーナカリン

現地名:
Talat Nat Rotfai Srinakarin
住所:
1/4 Soi 51, Srinakarin Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS スクンヴィット線 E12 ウドム・スック駅から車で20分/エアポート・レール・リンク フア・マーク駅から車で10分
TEL:
081-827-5885/081-732-8778
営業時間:
17:00~翌1:00(店舗により異なる)
定休日:
月~水曜 

【NIGHT MARKET(ナイト・マーケット)】パッポン・ナイト・バザール (Patpong Night Bazaar)

外国人も多く訪れるマーケット

街の中心地にも夜に賑わう市場が点在。ずらりと並ぶ商品のなかから、掘り出し物を見つけよう!
シーロム通りに面した入口はわかりやすく便利。観光客相手なので値段は高めだが、個性的なものがそろっている。

1489362

パッポン・ナイト・バザール

現地名:
Patpong Night Bazaar
住所:
Patpong Rd.
地図を見る »
アクセス:
BTS シーロム線 S2 サラ・デーン駅から徒歩3分
営業時間:
17:00頃~翌1:00頃

【DAY MARKET (デイ・マーケット)】チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット (Chatuchak Weekend Market)

土・日曜限定 タイ最大のデイ・マーケット

広大な敷地にぎっしりと並ぶ露店。市街地のはずれで毎週末開かれており、人々の熱気とあらゆる商品であふれている。
バンコク市街北部にあるチャトゥチャック公園で、毎週土・日曜に開催されるデイ・マーケット。迷路のように入り組んだ敷地内には、ファッションから雑貨、日用品、ペットにいたるまで、なんと1万店以上もの露店がひしめき、見て歩くだけでも飽きさせない。安くて品数も豊富とあって、ファッションに敏感な地元の若者もこぞって訪れ、いつも活気に満ちている。

1490648
1490665
1490676
1494673

リゾートファッションにぴったりな手編みバッグ。カラーバリエーションも豊富にそろう。380B

1494722

ハードカバーでしっかりとした作りのメモ帳。留め紐に付いた象のワンポイントもニクイ。99B

1494819
1494830

キッチュなデザインがかわいいピアスは色も豊富。各20B

1494609

オイルとろうそくが2つずつセットに。アロマセットは雑貨店でよく見かける定番アイテム。60B

1494619

ピンクの花がアクセントのストローハット。ワンピースと組み合わせてリゾート気分を楽しもう。150B

1494775

カラフルなボール型ライト。淡い光が部屋をやわらかく照らしてくれる。100B

1494690

ジャラジャラと石をつなげたネックレス。アクセサリー店の軒先にいっぱい下がっている。120B

値段交渉してみよう

商品を見せてもらう

欲しい商品を見つけたら、まず商品チェック。手に取って値段を確認しよう。

値段交渉

まず言い値の4割引くらいの値段で交渉。電卓を使えば言葉の心配も少ない。

電卓ディスカウント

次に言い値の2〜3割引の値段で交渉。徐々に値段を上げていく。

商品ゲット !

多く買うと卸売価格になることが多い。にっこり笑って交渉してみよう。

攻略アドバイス

場内マップを手に入れる
まずはSection1の北側にある案内所に足を運び、無料で配布しているマーケット全体MAPを入手しよう。この案内所には日本語が達者なスタッフがいることも。

目当てのエリアへ行く前に案内板を
敷地内を歩くときは、ブロックや路地の番号を示した案内板を参考に。無料MAPと照らし合わせて、自分の現在地を確認しながら動くと、迷わず歩ける。

迷ったときの目印は時計台
入り組んだマーケットの中では中央にそびえる大きな時計台が絶好の目印。アーケードに突入する前にあらかじめ、はぐれてしまったときの待ち合わせ場所に決めておくといい。

熱中症には注意! 水分補給はこまめに
水分補給を怠るとすぐに体力は奪われてしまう。マーケット内にはドリンクスタンドも多い。おすすめはフルーツを搾ったフレッシュジュース。

人混みのなかではスリに注意!
とくに午後になるとマーケット内は人でごった返す。そこをスリが虎視眈々と狙っているので、貴重品の管理には十分に注意。なるべく軽装で、荷物も最小限に抑えてでかけよう。

買うかどうか迷ったらとりあえず「買い」
1万店以上の露店がひしめくこのマーケットでは、「あとでまた来よう」は通用しない。二度と同じ場所には戻れないこともあるので、欲しいと思ったら即ゲットしよう。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

現地名:
Chatuchak Weekend Market
住所:
Chatuchak Park
地図を見る »
アクセス:
MRT ガムペーン・ペット駅/BTS スクンヴィット線 N8 モー・チット駅から徒歩2分
TEL:
02-272-4813~4
営業時間:
9:00~18:30頃
定休日:
月~金曜 店舗により異なる
Webサイト:
http://www.chatuchak.org
1 2 3
筆者

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるタイ・バンコク’18」です。掲載されている営業時間や表記などのデータは、2017年2〜3月の取材・調査に基づくものです。諸事情により、料金・価格など、掲載情報が変更になる場合もありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。
その他:
●料金、価格の単位は「B(バーツ)」で表示しています。2017年4月現在、1B(バーツ)=約3円です。 ●休業日は、祝祭日や年末年始、臨時休業を除いた定休日のみを表示しています。 ●原則、地名や掲載施設名などはアルファベットで表示しています。地名などのカナ表記については、日本語では表現しきれない微妙な発音もありますので、編集部の判断で統一しています。ブランド名、ホテル名など日本で通用しているものは、その表記に従っています。 ●クレジットカードの利用には、手数料がかかる場合があります。 ※前国王ラーマ9世の崩御を受け、2017年10月まで喪服期間となります。期間中は見学できない施設もあります。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。