トップ > 全国 > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 稚内・利尻・礼文 > 礼文島

礼文島

礼文島のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した礼文島のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。島内の高山植物を網羅する「礼文町 高山植物園」、礼文島初の温泉、利尻島を眺めながら源泉かけ流しの湯を満喫「礼文島温泉 うすゆきの湯」、沖合にメノウの岩床があり原石が打ち寄せる小さな浜「メノウ浜」など情報満載。

  • スポット:25 件
  • 記事:1 件

1~10 件を表示 / 全 25 件

礼文町 高山植物園

島内の高山植物を網羅する

礼文島北部の久種湖近くにある見本園。30種、約2万株の高山植物が、開花時期を調整して常時咲いている。併設のビジターセンターでは、高山植物についての資料を展示。

礼文町 高山植物園
礼文町 高山植物園

礼文町 高山植物園

住所
北海道礼文郡礼文町船泊村上泊
交通
香深港から宗谷バススコトン行きで31分、第3上泊下車、徒歩10分
料金
入園料(5月20日~8月)=大人300円、小人150円/入園料(5月1~19日、9月)=無料/(5月1~19日、9月は無料)

礼文島温泉 うすゆきの湯

礼文島初の温泉、利尻島を眺めながら源泉かけ流しの湯を満喫

礼文島初の温泉で、利尻島を眺めながら源泉かけ流しの湯が楽しめる。筋肉痛に効果があり、トレッキングの後の湯浴みが最高だ。

礼文島温泉 うすゆきの湯

礼文島温泉 うすゆきの湯

住所
北海道礼文郡礼文町香深村ベッシュ961-1
交通
香深港から徒歩3分
料金
入浴料=大人(中学生以上)600円、小人(小学生以下)無料/貸切風呂=1000円/(回数券20枚綴9000円、回数券10枚綴5000円)

メノウ浜

沖合にメノウの岩床があり原石が打ち寄せる小さな浜

地蔵岩など、奇岩が見られる元地海岸にある、メノウの原石が打ち寄せる小さな浜。沖合いにメノウの岩床があり、海が荒れた後は大きな原石も打ち上げられるという。

メノウ浜

メノウ浜

住所
北海道礼文郡礼文町香深村元地
交通
香深港から宗谷バス元地行きで16分、終点下車すぐ
料金
情報なし

うにむき体験センター

ウニの殻むきにチャレンジ

ムラサキウニの剥き身が楽しめる施設。職員が丁寧に教えてくれるので、簡単にウニを剥くことができる。新鮮なウニを使用しており、ウニ本来の甘味が楽しめる。

うにむき体験センター
うにむき体験センター

うにむき体験センター

住所
北海道礼文郡礼文町香深起登臼
交通
香深港からタクシーで14分
料金
うにむき身=500円(1個)/

炉ばたちどり

地物の魚を味噌仕立てで香ばしく味わう

旬で新鮮な魚介類料理を常時提供している店。肉厚なホッケ焼きは食べ応えがある。特製の味噌をのせて焼くホッケの「ちゃんちゃん焼き」などメニューは盛りだくさん。

炉ばたちどり
炉ばたちどり

炉ばたちどり

住所
北海道礼文郡礼文町香深村香深
交通
香深港から徒歩5分
料金
ホッケのちゃんちゃん焼き=900円(単品)・1400円(定食)/ウニ丼=4000円/

花れぶん

礼文の人の温もりとおもてなしがうれしい。リピーターが絶えない

「島らしい心のこもったもてなし」を実践するホテル。クチコミからのリピーターが絶えない。朝6時からの早朝お花畑トレッキングが好評だ。

花れぶん

花れぶん

住所
北海道礼文郡礼文町香深村トンナイ
交通
香深港から徒歩7分
料金
1泊2食付=30240円/(シーズン料金あり)

礼文島8時間コース

長距離かつ過酷なコースだがこのコースで結ばれた人も多い

浜中から礼文林道の分岐点まで所要約8時間のトレッキングコース。長距離かつ過酷だが、このコースが縁で結ばれた人も多く「愛とロマンの8時間コース」の別名もある。

礼文島8時間コース

礼文島8時間コース

住所
北海道礼文郡礼文町船泊浜中
交通
香深港から宗谷バススコトン行きで50分、浜中下車すぐ
料金
情報なし

北のカナリアパーク

映画のロケセットを保存・展示

吉永小百合主演の映画『北のカナリアたち』のロケ地を利用した公園。舞台となった校舎では実際に映画で使用されたさまざまなロケセットを見ることができる。

北のカナリアパーク

北のカナリアパーク

住所
北海道礼文郡礼文町香深村フンベネフ600
交通
香深港からタクシーで10分
料金
無料

加藤商店

ぬかほっけが人気

フェリーターミナルの向かいにある売店。礼文の伝統的保存食「ぬかほっけ」がみやげとして人気だ。

加藤商店

住所
北海道礼文郡礼文町香深村ワウシ
交通
香深港からすぐ
料金
要問合せ

久種湖畔キャンプ場

礼文島観光のベースキャンプ

日本最北の湖、久種湖畔にあるキャンプ場。芝生のフリーサイトをはじめ、バンガローやコテージ、ランドリーもある。商店にも近くて便利だ。渡り鳥が集まる名所で遊歩道からバードウォッチングも楽しめる。

久種湖畔キャンプ場
久種湖畔キャンプ場

久種湖畔キャンプ場

住所
北海道礼文郡礼文町船泊村大備
交通
香深港から道道40号で船泊方面へ進み、道道507号へ左折し現地へ。香深港から19km
料金
入場料=大人600円、小人300円、変更の可能性あり/サイト使用料=オート1区画2000円、フリーサイトは入場料のみ、変更の可能性あり/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください