トップ > 日本 x シニア > 関東・甲信越 x シニア > 首都圏 x シニア > 東京 x シニア > 下北沢・三軒茶屋 x シニア > 三軒茶屋 x シニア

三軒茶屋

「三軒茶屋×シニア」のおすすめスポット

ガイドブック編集部が厳選した「三軒茶屋×シニア」のおすすめ観光・旅行スポットをご紹介します。星空の下でかぶりつくフライドチキン「ほしぐみフライドキッチン」、三軒茶屋のランドマーク的存在のビル「キャロットタワー」、和の食材をアレンジしたパンが人気「小麦と酵母 濱田家」など情報満載。

三軒茶屋の魅力・見どころ

個性派、庶民派の店が軒を連ねる世田谷の下町

『サンチャ』の通称で知られる三軒茶屋は、アクセスの良さから、住みたい街として人気が高い。駅前は交通量の多い国道246号と首都高速3号線が横切り、地上27階建てのランドマークでもある複合施設の「キャロットタワー」がそびえる。商業施設や公共施設、オフィスのほか、演劇や舞踊を上演する2つの劇場が入り、また無料の展望ロビーもある。その周辺には、庶民的な商店街があり、飲食店も充実している。また裏通りの住宅街にも隠れ家的なカフェやダイニングバーなどが点在し、お気に入りの店探しが楽しい。

  • スポット:6 件
  • 記事:2 件

三軒茶屋のおすすめスポット

1~20 件を表示 / 全 6 件

ほしぐみフライドキッチン

星空の下でかぶりつくフライドチキン

デルタ地帯の三茶三番街でひときわ賑やかな立ち飲み酒場。名物はコーン油でカラッと揚げたアツアツのフライドチキンと串揚げ。星空の下で気軽に乾杯しよう。

ほしぐみフライドキッチン
ほしぐみフライドキッチン

ほしぐみフライドキッチン

住所
東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-10
交通
東急田園都市線三軒茶屋駅からすぐ
料金
塩煮込み=540円/大手羽=430円/骨付きもも=430円/串揚げ=130円/
営業期間
通年
営業時間
18:00~24:00(閉店翌1:00)

キャロットタワー

三軒茶屋のランドマーク的存在のビル

三軒茶屋のランドマーク的存在のビル。26階の展望ロビーは、まわりに高い建物が少ないため見晴らしがよい。新宿の高層ビル群や羽田空港までが一望できる。

キャロットタワー
キャロットタワー

キャロットタワー

住所
東京都世田谷区太子堂4丁目1-1
交通
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩3分
料金
店舗により異なる
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる

小麦と酵母 濱田家

和の食材をアレンジしたパンが人気

木の格子戸に藍色の垂れ幕と、純和風の店構え。だがここはれっきとしたパン屋さん。ひじき、きんぴら、おからなど、和の食材をアレンジしたパンが人気。風味豊かな味わいが特長だ。

小麦と酵母 濱田家

住所
東京都世田谷区三軒茶屋2丁目17-11グレイス三軒茶屋102
交通
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩5分
料金
ぱん=90円/ひじき=180円/豆ぱん=180円/クロワッサン=170円/
営業期間
通年
営業時間
8:00~20:00

レイン オン ザ ルーフ

居酒屋の宴会場部分を改装したリノベーションカフェ

納屋をイメージした店内で、「インド風チキンカレー」など家庭的な料理を味わえる。店内は奥行きがあり、ゆったりとくつろげる。

レイン オン ザ ルーフ

住所
東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-22
交通
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩3分

赤鬼

常連客も多い、三角地帯の人気居酒屋

100種類以上の銘酒と、季節ごとに異なる200種類の料理目当てに連日超満員。ここでしか飲めない十四代のプライベートラベルは貴重。

赤鬼

住所
東京都世田谷区三軒茶屋2丁目15-3
交通
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩4分
料金
こんにゃくの刺身=500円/汲み上げ湯葉=800円/十四代赤鬼PB=1100円(1杯)/
営業期間
通年
営業時間
17:30~23:30(閉店)土曜は17:00~、日曜、祝日は17:00~23:00(閉店)

日仏食堂トロワ

仏家庭料理と自然派ワインを食堂感覚で気軽に楽しもう

高価なフランス産を、安く手に入る旬の日本産に替えてコストを抑えつつも、工程の手抜きはなし。本格的な料理が驚きの値段でメニューに並ぶ。豊富に揃う自然派ワインもこの店の魅力のひとつ。

日仏食堂トロワ
日仏食堂トロワ

日仏食堂トロワ

住所
東京都世田谷区三軒茶屋2丁目15-14ABCビル 110
交通
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩5分
料金
田舎風豚肉のパテ=1000円/サラダニソワーズ=850円/グラスワイン=950円~/牛ハラミステーキ=2600円~/
営業期間
通年
営業時間
18:00~24:00(閉店翌1:00、要予約)