トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 鹿児島・宮崎 > 屋久・奄美 > 与論島 > 与論城跡

ヨロンジョウセキ

与論城跡

琉球王朝時代の城跡

15世紀初頭、琉球北山王の三男、王舅が島に渡り、島主となって築城を計画。王朝が滅亡したために未完成だが、天然の三層の断崖と、これを結ぶ200mあまりのサンゴの石垣が残る。

与論城跡の画像 1枚目
住所
鹿児島県大島郡与論町城 (大きな地図で場所を見る)
電話
0997-97-4902(与論町商工観光課)
交通
役場前バス停から南陸運バス南回りで14分、石仁前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:20台 | 無料
ID
46010467

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【与論島】どんなトコ?見どころ&基本情報をチェック!

東洋の真珠と称されるリゾートアイランド

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  九州・沖縄 >  鹿児島・宮崎 >  屋久・奄美 >  与論島
トップ > 見どころ・レジャー >  見どころ・体験 >  寺社仏閣・史跡 >  城・城址
トップ > 全国 x 城・城址 >  九州・沖縄 x 城・城址 >  鹿児島・宮崎 x 城・城址 >  屋久・奄美 x 城・城址 >  与論島 x 城・城址

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください