トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 大山・米子・境港 > 境港

境港の松葉ガニ

松葉ガニの旨みをさまざまな料理で

山陰の冬の味覚として名高い松葉ガニは、冬になると境港に大量に水揚げされる。漁獲量に制限のある高級食材だが、ここでは新鮮なまま心ゆくまでその味を堪能できる。

境港の松葉ガニ

御食事処 弓ヶ浜(オショクジドコロユミガハマ)

日本海の海の幸を多彩なメニューで楽しめる

境港で水揚げされた魚やカニを販売している「大漁市場なかうら」内にある食事処。新鮮な日本海の海の幸が手頃な料金で味わえる。一番人気はかにトロ丼。

御食事処 弓ヶ浜

御食事処 弓ヶ浜

住所
鳥取県境港市竹内団地209大漁市場なかうら内
交通
JR境線余子駅から境港市営バスはまるーぷバスメインコース右回りで6分、なかうら前下車すぐ
料金
刺身御膳=2150円/浜膳(ゆでがに付)=2800円/海幸(カニ足2杯分)=3500円/かにトロ丼=1150円/ゆでがに付かにトロ丼=1850円/トロはた丼(ハタハタ丼)=1100円/

魚山亭(ギョサンテイ)

カニファンの行列ができる人気店

店主が毎朝仕入れる新鮮魚介を手頃な価格で味わえる食事処。旬の魚介とカニ料理が人気で、特上魚山丼が看板メニュー。カニシーズンには行列ができる。

魚山亭

魚山亭

住所
鳥取県境港市中野町3297
交通
JR境線境港駅からタクシーで10分
料金
特上魚山丼=1080円/松葉ガニ御膳(冬期限定)=時価(要確認)/カニコース(冬期限定・要予約)=8100円~/カニ汁=860円/

美食倶楽部 ぶっこん亭(ビショククラブブッコンテイ)

若き主人がふるまう多彩な料理

「境港でいちばんを目指す」という若主人がもてなす割烹居酒屋。港町ならではの鮮度のよい旬魚が、多彩なメニューで登場。地酒と相性もよく、地元客で賑わいをみせる。

美食倶楽部 ぶっこん亭

美食倶楽部 ぶっこん亭

住所
鳥取県境港市竹内町3659-5
交通
JR境線余子駅から徒歩15分
料金
カニ料理=時価/(カニの種類は時期により異なるため要問合せ)

味処 美佐(アジドコロミサ)

食のみやこ鳥取県推進サポーター第1号の店

地元で水揚げされた活きた松葉ガニを、刺身や、七輪を使った炭火焼、しゃぶしゃぶ、カニスキなどで味わえる。9月から翌6月の10ヶ月間は、同様のコースをベニズワイガニでも堪能できる。11~翌3月は、松葉ガニとベニズワイガニの食べ比べもおすすめだ。

味処 美佐

味処 美佐

住所
鳥取県境港市京町6
交通
JR境線境港駅から徒歩10分
料金
本日のお刺身盛り合わせ=842円(竹1~2人前)・1296円(松2~3人前)/魚料理(焼、煮、揚など)=540円~/活松葉ガニコース(11月上旬~翌3月下旬)=8100円(1杯)・14040円(2杯)/ベニズワイガニコース(9~翌6月、2杯)=5400円/おまかせコース=3240円・4320円・5400円/海鮮丼=1404円/

やんしゅう(ヤンシュウ)

地元の漁師御用達の創作料理店

自らも海に漁へ出るという店主は地元漁師とコネクションを築き、安価でカニを仕入れることができるとか。豪快さと繊細さをあわせもつメニューは県外からもリピーターが押し寄せる。

やんしゅう

住所
鳥取県境港市栄町96-2
交通
JR境線境港駅から徒歩10分

ごはん屋 漁火(ゴハンヤイサリビ)

松葉ガニのおいしさをまるごと堪能

漁師や市場から毎日仕入れる境港の魚介が主役。種類豊富な海鮮料理が自慢で、定食は約15種類、丼は約8種類がそろい、コース料理や一品料理もスタンバイ。

ごはん屋 漁火

ごはん屋 漁火

住所
鳥取県境港市上道町2075-4
交通
JR境線境港駅からはまるーぷバスメインコース右回りで12分、警察署下車、徒歩3分
料金
松葉ガニ1杯まるごと丼(11月中旬~翌3月中旬)=3300円/松葉ガニ1杯まるごと定食(11月中旬~翌3月中旬)=4200円/紅ズワイガニ1杯まるごと定食(9~11月中旬)=1980円/海鮮丼(数量限定)=1150円/朝とれ定食=2600円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください