トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 大山・米子・境港

大山・米子・境港 x ご当地グルメ・名物・名産品

大山・米子・境港のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

大山・米子・境港のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。大山おこわ、牛骨ラーメン、ひるぜん焼そばなど情報満載。

大山・米子・境港のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:288 件
  • 記事:21 件

1~10 件を表示 / 全 20 件

大山おこわ(だいせんおこわ)

自然の恵みで作られた昔ながらの味

  • ご当地名物料理

大山の山麓地域の郷土料理。素材は地元でとれる四季の野菜や山菜。地域により「五目おこわ」や「深山おこわ」とも呼ばれるが、「大山おこわ」と名付けられたのは明治以降のこと。

大山おこわ

牛骨ラーメン(ぎゅうこつらーめん)

昭和生まれのラーメンが注目株に成長

  • ご当地名物料理

鳥取県中部で昭和20年代に人気を集めたラーメンが、近年話題になっている。牛のエキスが凝縮されたあっさりめのスープがモチモチした麺に絡まって絶妙の味わいに。

牛骨ラーメン

ひるぜん焼そば(ひるぜんやきそば)

地元で愛され続ける味噌ダレで味付け

  • ご当地名物料理

濃厚で甘辛い特製の味噌ダレは地元蒜山高原のスタンダード。そのタレで味付けした焼きそばは今や全国的なブームに。親鶏のかしわ肉と地元の高原キャベツも必須。

ひるぜん焼そば

境港の松葉ガニ(さかいみなとのまつばがに)

松葉ガニの旨みをさまざまな料理で

山陰の冬の味覚として名高い松葉ガニは、冬になると境港に大量に水揚げされる。漁獲量に制限のある高級食材だが、ここでは新鮮なまま心ゆくまでその味を堪能できる。

境港の松葉ガニ

境港のマグロ(さかいみなとのまぐろ)

「海の赤いダイヤ」と呼ばれる人気の高級魚

  • 旬魚介

生のクロマグロ(本マグロ)の水揚げ量トップクラスを誇る境港。鳥取での漁期は6~8月で、刺身や寿司などにして味わうほか、生産地ならではのマグロを使った創作料理も開発されている。

境港のマグロ

大山の乳製品(だいせんのにゅうせいひん)

大山高原の牛からとれた新鮮なミルクを使う

  • おみやげ

さわやかな自然の中で育った牛からとれる大山高原のミルクは、しっかりとした甘みが魅力。このミルクを使って作られたバターケーキにはミルクの甘みが濃縮されて味わい深い。

米子のどんぐり加工品(よなごのどんぐりかこうひん)

ほかでは手に入らない珍しい味がそろう

  • おみやげ

「白鳳の里」で清涼な大山の湧水や名水を使って手作りする珍しいみやげ。どんぐり焼酎、どんぐり饅頭、どんぐり味噌煎餅、どんぐりうどんなど、商品の種類は多岐にわたる。

ひるぜんワイン(ひるぜんわいん)

山ブドウから作られた名物ワイン

  • おみやげ

ひるぜんワインの特徴は、山ブドウ100パーセントで作られること。世界的にも珍しい手法だが、野趣あふれた香りとさわやかな酸味、独特の風味が好評を得ている。

ひるぜんワイン

境港の「ゲゲゲの鬼太郎」グッズ(さかいみなとのげげげのきたろうぐっず)

町のいたるところになじみのキャラクターが

  • おみやげ

境港は漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる氏の出身地。町のメインストリート「水木しげるロード」には漫画に登場する150体以上もの妖怪たちのブロンズ像が並ぶ。

境港の「ゲゲゲの鬼太郎」グッズ

蒜山のハーブ製品(ひるぜんのはーぶせいひん)

心和ませるハーブの香りをみやげに

  • おみやげ

蒜山高原には、ハーブ製品が数多く売られている。ハーブの香りを楽しめる製品はもちろん人気だが、ハーブティやクッキーなど、味わいを楽しめるものもそろっている。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください