トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 奈良・斑鳩 > 奈良 > 奈良公園

吉野葛

わずかしかとれない貴重で上質な葛

吉野地方でとれる葛の根を細かく砕いて作る上質の葛粉。吉野葛は白色で、葛きり、葛餅、葛羊かんなどに使われる。最近は良質の葛がとれにくく、高価な商品になっている。

吉野葛

芳魂庵(ホウコンアン)

中千本を眺めながら葛餅をいただく

蔵王堂の南側にあり、茶屋風の店構えで吉野葛を使った葛餅を出している。毎朝作る葛餅は素朴な味わい。葛餅と抹茶のセットを外の風景を見ながら食べられる。

芳魂庵

芳魂庵

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山550
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩15分
料金
葛餅とお抹茶のセット=700円/くず花と抹茶のセット=700円/葛切り=900円/

吉野本葛天極堂奈良本店(ヨシノホンクズテンギョクドウナラホンテン)

葛専門店ならではの多彩な葛料理と葛菓子

東大寺の西大門跡地に建つ創業140余年の老舗。注文を受けてから作る葛餅や葛きりをはじめ、葛うどん、葛粥など葛づくしの食事が味わえる。販売スペースでは葛餅や葛まんじゅうなど多彩なおみやげも扱う。

吉野本葛天極堂奈良本店

吉野本葛天極堂奈良本店

住所
奈良県奈良市押上町1-6
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から徒歩10分
料金
吉野うどんセット=1728円/冷やし葛うどんセット=1728円/葛もち抹茶セット=1080円/葛づくし=3402円/葛粥=864円/葛きり=918円/

花錦(ハナニシキ)

坂の途中の茶屋で味わう極上の葛餅

吉野山のビューポイント、花矢倉展望台の道沿いにある茶店。軒先に腰をかけて、景色を楽しみながら葛餅や葛切りが味わえる。みやげ用に葛粉も販売している。

花錦

花錦

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山1306
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅で吉野大峯ケーブル自動車奥千本口行きバスに乗り換えて7分、竹林院前下車、徒歩5分
料金
葛餅=500円/葛切り=500円/葛湯=400円/

陽ぼっこ(ヒナタボッコ)

眺めのいいログハウスのカフェ

オーナーが建てたログハウスの喫茶店。くず餅のセットや薄ピンク色の桜アイスクリームが人気だ。窓からは春の桜、夏の紫陽花、秋の彼岸花、冬の雪景色などが楽しめる。

陽ぼっこ

陽ぼっこ

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山3056
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車すぐ
料金
桜アイスクリーム=400円/ひとやすみセット(ドリンクとくず餅)=700円/山菜釜飯定食=1580円/ドリンク=500円/日替わりランチ=1080円~/

葛の元祖 八十吉(クズノガンソヤソキチ)

深い歴史をもつ伝統的な吉野葛

嘉永4(1851)年創業の老舗。変わらない製法で作る純度100%の葛餅や葛きりを味わえる。席から望む吉野山の美しい景色も必見。

葛の元祖 八十吉

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山561-1
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩15分
料金
吉野天人=850円/

吉野葛 八十吉 花山店(ヨシノクズヤソキチハナヤマテン)

口当たりのよい葛きりが自慢

嘉永4(1851)年創業の老舗。花山店は山からせり出すように建てられ吉野の自然を一望できる。昔から変わらない製法で作る純度100%の葛餅や葛きりは作りたてならではの弾力が魅力。

吉野葛 八十吉 花山店

吉野葛 八十吉 花山店

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山25
交通
京奈和自動車道五條ICから国道24・370・169号、県道39・15号を吉野山方面へ車で21km
料金
吉野天人(抹茶付)=1080円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください