トップ > 全国 > 関西 > 京都 > 京都・宇治 > 上賀茂・鞍馬・大原 > 大原

大原のヒガンバナ

秋の彼岸に異彩を放って咲く真紅の花

秋の彼岸頃(9月下旬)に花を咲かせることからその名が付いた多年草。仏教伝説では、法華経が説かれた時に天から降った4色の花、四華(しけ)のひとつとされ、赤い花を意味する曼珠沙華(マンジュシャゲ)の別名を持つ。京都の大原では、田畑の畦などに鮮やかな彩りを添え、昔懐かしい秋の里山の景観を成す。

大原のヒガンバナ

大原のヒガンバナ(オオハラノヒガンバナ)

赤い絨毯を敷いたような、美しい景色を眺める事が出来る

赤い絨毯を敷き詰めたように群生するヒガンバナ。大原三千院の南側にある音無滝までの沢沿いは、ツリフネソウ、オタカラコウ、ミゾソバなどが咲き、野の花めぐりには最適。

大原のヒガンバナ

大原のヒガンバナ

住所
京都府京都市左京区大原
交通
JR京都駅から京都バス17・18系統大原行きで1時間、終点下車、徒歩15分
料金
情報なし

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください