トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 岡山・倉敷 > 笠岡

播磨のシャコ

卵をもつ春から初夏にかけてが旬

播磨や姫路、赤穂など瀬戸内海沿岸はシャコの名産地。寿司ダネとして欠かせない食材で、水揚げ後、生きたまま塩茹でされることがほとんど。エビよりも身がしまっていて、口のなかで甘みが広がる。

播磨のシャコ

お多津(オタツ)

地元自慢の魚介を天ぷらで味わう

瀬戸内の旬の食材を使った天ぷらは、シャコや手長ダコ、白子などがあり、食べるペースに合わせて出てくる。だしが効いた薄味の天つゆや塩で、揚げたてを楽しめる。

お多津

お多津

住所
岡山県笠岡市中央町20-4割烹旅館三洋 1階
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩5分
料金
ミニ会席(昼、要予約)=3500円/天ぷら味めぐり(昼・夜)=1500円/重ね弁当(昼)=2000円/

シャコ丼の店(シャコドンノミセ)

ボリューム満点のシャコ料理

笠岡諸島周辺でとれる新鮮なシャコが味わえる。シャコ丼は、シャコの天ぷらを甘めのだしを混ぜた卵でとじて、ご飯にオン。3月から9月にとれる子持ちシャコも楽しみ。

シャコ丼の店

シャコ丼の店

住所
岡山県笠岡市笠岡5914-5
交通
JR山陽本線笠岡駅から徒歩10分
料金
シャコ丼=800円/シャコ丼定食=1600円/シャコ定食=1100円/

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください