トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 石見 > 三瓶山

石見のボタン

浮世絵や家紋に描かれることもある花

「座れば牡丹」でおなじみの美人の代名詞。原産地の中国では「花王」と賞される。日本へは平安朝期に渡来した。花は直径20cmにもなる大輪で、一重から千重、万重まであり、紫、桃、白など色も豊富。4月~5月の春牡丹、10月下旬~1月の寒牡丹のほか、春牡丹を1月~2月に咲かせる冬牡丹がある。飯南町の赤名ぼたん園も名所のひとつ。

道の駅 赤来高原(ミチノエキアカギコウゲン)

飯南町の食材から抽出した天然酵母のパンが人気

いいなんキッチンミエルでは、パンが毎朝店頭に並ぶ。地元の野菜を使った料理が味わえるレストラン赤名宿も好評。また、農産品の直売所も併設している。

道の駅 赤来高原

道の駅 赤来高原

住所
島根県飯石郡飯南町下赤名880-3
交通
中国自動車道三次ICから国道54号を松江方面へ車で30km
料金
施設により異なる

赤名ぼたん園(アカナボタンエン)

周囲の緑とのコントラストが美しい

高原のさわやかな気候が鮮やかに染め上げるボタンの花。5月上旬から中旬にかけて、飯南町の赤名ぼたん園では、およそ100品種1万株のボタンが大輪の花をつける。

赤名ぼたん園

住所
島根県飯石郡飯南町下赤名
交通
JR芸備線三次駅から備北交通赤名方面行きバスで50分、赤名下車、徒歩5分
料金
無料

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください