エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > さいたま > 久喜・鷲宮・加須

加須の冷汁うどん

コクのある冷たい汁が麺にからんで夏バテ知らず

うどんをゴマ味噌風味の冷たい汁につけて味わう料理。汁のなかにはシソやキュウリ、ミョウガなどを入れる。夏の人気メニューで、うどんの代わりに冷麦や素麺にも合う。

加須の冷汁うどん

道の駅 めぬま(ミチノエキメヌマ)

麦とろや野菜のジェラートで地元の農産物を味わえる

地域振興施設「めぬぱる」を中心に、バラの公園「アグリパーク」や地元野菜などを扱う物産センターがある。めぬぱるにはギャラリーや食堂があり、手作りのジェラートも楽しめる。

道の駅 めぬま

道の駅 めぬま

住所
埼玉県熊谷市弥藤吾720
交通
関越自動車道東松山ICから県道47・173号、国道407号を太田方面へ車で20km
料金
吟ぎん寿し(ジャンボいなり寿し)=430円/麦とろ御膳=950円/ジェラート各種=300円/つけめん(福は内)=800円/

道の駅 おがわまち(ミチノエキオガワマチ)

職人による手すき和紙見学や自分で制作体験もできる

埼玉伝統工芸会館と物産館・農産物直売所・麺工房かたくりからなり、物産館には、和紙製品をはじめとする県内のさまざまな工芸品、直売所にはさまざまな地元野菜、菓子、酒などが並ぶ。

道の駅 おがわまち

道の駅 おがわまち

住所
埼玉県比企郡小川町小川1220
交通
関越自動車道嵐山小川ICから県道69号、国道254号を小川・寄居方面へ車で4km
料金
埼玉伝統工芸会館入館料=大人300円、小人150円/(20名以上の団体は埼玉伝統工芸会館入館料大人200円、小人100円、障がい者手帳持参で無料)

道の駅 おかべ(ミチノエキオカベ)

深谷市を代表する野菜や花がずらりと並ぶ

野菜と花卉の生産で栄える深谷市の道の駅。農産物センターの新鮮な野菜・切花の品揃えは圧巻だ。物産センターでは地元野菜を使った漬物や、ジェラートなども味わえる。

道の駅 おかべ

道の駅 おかべ

住所
埼玉県深谷市岡688-1
交通
関越自動車道本庄児玉ICから国道462号・17号を熊谷方面へ車で約9km
料金
ソフトクリーム・ジェラート=270円~/

道の駅 童謡のふる里おおとね(ミチノエキドウヨウノフルサトオオトネ)

売店施設には大利根産コシヒカリが並び、定食が食事処の自慢料理

数々の童謡を作った音楽家、下總皖一氏の生誕の地である加須市大利根地区にある。売店施設を中心に農村レストラン、休憩施設等、オーソドックスな施設群がそろっている。

道の駅 童謡のふる里おおとね

道の駅 童謡のふる里おおとね

住所
埼玉県加須市佐波258-1
交通
東北自動車道加須ICから国道125号、県道346号・60号・46号を埼玉大橋方面へ車で約8km
料金
施設により異なる

子亀(コガメ)

のどごし抜群のうどんに甘めのたれがマッチ

すべての工程を手作業で作る麺は歯ごたえが十分。本物のコシを実感でき、かなり長いのも特徴だ。無添加で仕上げている。

子亀

子亀

住所
埼玉県加須市諏訪1丁目15-6
交通
東武伊勢崎線加須駅から徒歩10分
料金
肉みそうどん=620円/冷汁うどん=600円/鴨セイロうどん=860円/

羽生パーキングエリア(下り)(ハニュウパーキングエリア)

グルメもショップも充実のラインナップ

東北道の旅の始まりにふさわしい洗練されたPA。東京の老舗ショップや地元有名みやげ品など、贈り物にも喜ばれる旬の商品がそろっている。

羽生パーキングエリア(下り)

羽生パーキングエリア(下り)

住所
埼玉県羽生市弥勒三新田824
交通
東北自動車道羽生ICから館林IC方面へ車で1km
料金
黒黒ハンバーグ=993円/羽生洋食軒ハンバーグ=842円/白胡麻担々麺(胡麻唐屋)=800円/