まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2017年12月8日

上海

上海旅行出発前に知っておきたい基本情報あれこれ

by mapple

電気 ELECTRIC EQUIPMENT

日本の製品はそのままでは使えない

電圧 VOLTAGE

中国国内の電圧は220V、周波数は50Hz。そのため原則的に日本の電化製品をそのまま使用することはできない。持ち込んだ電化製品を使用するには、変圧器と変換アダプターが必要。中国国内で入手するのは難しいので、できるだけ日本で購入して持って行きたい。ただし、一部の精密機器は240V まで対応可能なものが多いので、取り扱い説明書などで確認しておきたい。

電源 ELECTRICAL OUTLET

プラグの形は日本と異なり、2つ穴に3つ穴、丸形や角形などさまざまな形が用いられていて、ホテルによって違う。空港などで売っている多種類の形に対応したマルチ変換プラグが便利。一部の高級ホテルには、シェーバー用の110V、2つ穴のプラグを用意しているところもある。

183656

治安 SAFETY

できるだけ危険なことは避けていきたい

上海の治安状況 SAFETY IN SHANGHAI

中国では殺人や強盗などの凶悪犯罪はそう多くない。一時抗日運動などが活発だったが、それも現在は中国全土で落ち着いている。しかし、観光客を対象にした盗難をはじめ軽犯罪はどこの地域にもあるので注意。
外務省海外安全情報 www.anzen.mofa.go.jp

危険なエリアとスポット DANGEROUS AREAS & PLACE

上海の市街地であれば、危険なエリアは少ない。ただし、人通りの多い南京東路などではスリの被害が頻発しているし、やはり夜道では治安は少し悪くなる。 とはいえ、上海で起こる犯罪は旅行者個人個人が意識していれば避けられるものがほとんど。旅行に行く前に、あらかじめパターン化された犯罪を予習しておき、トラブルに巻き込まれないよう心構えをしておけば問題はないだろう。

トラブル事例と対策 Trouble Cases & Countermeasures

【空港で】
事例1.
空港の到着ロビーで「タクシー?」と声をかけてきたので、その人の車に乗ると目的地に着いたところで法外な料金を請求された。メーターが動いているからと安心していたが、表示されている料金を見てメーターが改造されていたことがわかった。

対策1.
タクシー乗場以外では絶対にタクシーに乗らないのが基本。車内ではネームプレートが掲げてあるか、メーターが動いているかを確認する。車のナンバーもメモしておくとよい。

事例2.
中国にいる友人に渡してほしいと空港で荷物を預かったが、中国入国の際に荷物に麻薬が入っているのが見つかり拘留された。預かったものだと主張しても信じてもらえず、有罪処分が下された。

対策2.
持ち込み禁止品として武器、中国の政治・経済・文化・道徳に有害な印刷物やフィルム、麻薬類等がある。見知らぬ人から荷物を預かるのは危険。

【店で】
事例3.
市場での買物のおつりに偽札が交じっていたのに気がつかず、そのあとの買物で支払いに使おうとした際に、このお金は使えないと返された。

対策3.
素人が偽札を見分けるのは難しいが、透かしの有無などは確認しておきたい。また闇両替所などでの換金も避ける。

事例4.
市場で買物をしているときに店の人に呼ばれるまま奥へ行くと、ブランド品のコピーが安く売られていた。本物と区別がつかないというので購入したが、日本の税関でチェックされ、没収された。

対策4.
ブランド品のコピーやCD、DVDの海賊版は日本への持ち込み禁止品。いくら安くても、日本へは持ち込めないので購入することのないようにしたい。

【レストランで】
事例5.
レストランの前で声をかけられたので、すすめられるままに店に入ったら法外な料金を請求された。屈強な男性に脅され、怖かったので請求額を支払った。

対策5.
自分で入ると決めた店以外には入らないようにしたい。若い女の子が声をかけてくる店などは要注意だ。

事例6.
バーで仲良くなった人と飲んでいたら眠くなり、起きたら荷物がなくなっていた。

対策6.
睡眠薬強盗の手口。見知らぬ人からすすめられた飲み物は口にしないよう気をつける。

【ホテルで】
事例7.
ホテルを留守にしている間に部屋に空き巣が入り、スーツケースに入れておいた貴重品や、買物したばかりのブランドバッグがなくなっていた。

対策7.
荷物はスーツケースの中に入れ、施錠する。貴重品はセーフティボックスの中へ。心配ならフロントの金庫へ預ける。

【街なかで】
事例8.
観光中、日本語を勉強している人と仲良くなり、一緒に観光しているうちに、茶館でお茶を飲もうと誘われた。ついていくと、高額なお茶を買おうと言われ、店には場所代や試飲代まで請求された。せっかく海外で友達ができたからと思い全額支払うが、実はその人と茶館は詐欺グループの一員だった。

対策8.
「日本語を勉強している」「日本に友達がいる」などとカタコトの日本語で話しかけてくる人には要注意。親切なふりをして安心させたところで、共謀している店に連れて行き、法外な値段を支払わせるという典型的な手口だ。海外旅行中に日本語を聞くと気がゆるみがちだが、だまされないように。

189439

 

事例9.
繁華街を歩いていると女性に声をかけられ、相手についていき2人きりで個室で飲んでいると見知らぬ男性が現れ、性的な行為をしたと高額な賠償金を請求された。支払いをしないと帰してもらえず、身の危険を感じたので賠償金を支払った。

対策9.
親しげに話しかけてくる人についていかない。売春・買春などはもちろん違法だ。不当な請求をされたら大使館や公安へ。逃げられなさそうならば、いったん支払いをして身の安全を図る。

事例10.
夕方、人出の多い南京東路を歩いている最中、子供とぶつかったと思ったら、財布をすられていた。子供に限らずグループでスリをする集団が増えており、見張り役、盗む役、それを受け取って逃げる役などに分かれている。市場や観光地も注意が必要。

200189

 

対策10.
人混みでは、貴重品につねに注意を向けておく。財布や貴重品はポケットではなくバッグの中へ。チャックのないバッグも危険だ。買物の際もお金は人に見せないよう心がける。

201187

病気╱けが HEALTH

旅行者がかかりやすい病気 DISEASE

過労
上海の夏は日本よりも蒸し暑く、普段どおりの行動でも疲労が溜まりやすい。慣れない環境で無理せずゆっくり休みたい。

風邪
気温の変化も激しいので、疲労が溜まると風邪をひきやすくなる。体を芯から温めて、早めに風邪薬を飲むなど対策を。

下痢・胃腸疾患
中国では油分の多い料理と水が原因でお腹をこわしがちだ。衛生面を考えると生ものや氷も避けたい。症状が出たら、消化のよいものを食べるよう心がけ、温かい飲み物で水分補給をすること。

海外旅行保険 TRAVEL INSURANCE

めったにないことだが、思いがけない事故や病気により、治療を受けなければならないなど緊急の場合は、海外旅行保険が役に立つ。加入している場合は、まず保険会社のアシスタンス・サービスへ電話をして手配を依頼する。どの保険会社も日本語対応で、24時間受け付けをしており、キャッシュレスで治療が受けられる病院を手配してくれる。そのほか状況に応じて、救援者の渡航や宿泊に関する手配、保険金請求の手続きの案内などを行なっている。保険加入時に緊急の連絡先を確認し控えておくことを忘れないようにしたい。

盗難╱紛失 THEFT & LOST

盗難╱紛失の際の対処 IN CASE OF THEFT & LOSS

盗難に遭ったり、紛失をしたりすると旅の楽しさが半減する。用心すればある程度は防げることもあるが、まず、命を守ることが第一であることを忘れずに。残念ながら盗まれたものが返ってくる可能性は少ない。万一、盗難に遭ったら、最寄りの警察で盗難・紛失届出証明書(Police Report)を作成してもらう。

200192
200193

盗難・紛失に備える

パスポート
顔写真があるページのコピーをとっておくか、パスポート番号や発給日、発行地などを控えておき、パスポートとは別の場所に保管しておく。パスポート用の顔写真5〜6枚も用意しておくとよい。

クレジットカード
カード番号と有効期限を控え、発行会社の緊急連絡先も調べておく。当然ではあるが、暗証番号は絶対に他人に教えないこと。暗証番号のメモなどの管理にも注意。不正使用されても補償されないことがある。

航空券(eチケット控え)
eチケット控えは、航空会社の窓口で無料で再発行してもらえる。本人確認のため、購入時に使用したクレジットカードやパスポート番号が必要。便名や出発時刻は別に控えておきたい。

盗難・紛失時の対応

【パスポート】
①派出所と公安局に届け出
盗難・紛失証明書を発行

②日本領事館に届け出
渡航書の発給申請
公安局の証明書、顔写真2枚、身分証明書、手数料などを用意して日本総領事館へ連絡。窓口で「帰国のための渡航書」を申請する。新しいパスポートを申請する場合は戸籍謄(抄)本も必要。

③発給
渡航書は当日に発給されるが、ビザなしで入国した場合でも、公安局で中国のビザを取得しないと出国できない。

【現金】
①警察届け出
盗難・紛失証明書を発行

②帰国後、保険会社に申請
保険金の申請
現金は保険がきかないが、荷物などの盗難は補償される。帰国後、警察の証明書とともに、購入時の領収書など必要書類を揃えて保険会社へ請求する。

③保険金給付
保険金が払われるには必要書類を送付したあと30日くらいかかる。保険会社ごとに条件、限度額があるので事前に確認しておきたい。

【国際キャッシュカード・国際デビットカード】
①発行会社に届け出
利用停止手続き
紛失・盗難に気付いたら、すぐに発行元の金融機関へ連絡して、利用停止の手続きをする。オンラインで手続きができる場合もある。指示があれば、警察で盗難・紛失届け出証明書を発行してもらう。

②再発行
帰国後の再発行が多い。会社によっては、現地で緊急カードを受け取れることもあるが、通常は有料で日数がかかる。

【クレジットカード】
①カード会社に届け出
失効手続き
不正利用されないように、すぐにカード発行会社の緊急連絡先に電話して、カードの利用停止手続きをする。カード番号、有効期限、最後に使用した日付と店の名前、金額を伝える。次に警察に盗難・紛失証明書を発行してもらい、再発行手続きを。

②再発行
再発行までの日数や手数料は会社により異なるが、現地滞在中の時だけ使える臨時カードの発行サービスもある。

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ 上海」です。掲載している情報は、2015年4〜8月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。