トップ > 日本 x 洞窟 > 関西 x 洞窟 > 奈良 x 洞窟 > 吉野・十津川 x 洞窟 > 天川・大峯山 x 洞窟

天川・大峯山 x 洞窟

天川・大峯山のおすすめの洞窟スポット

天川・大峯山のおすすめの洞窟ポットをガイドブック編集部が厳選してご紹介します。水温6度の泉のそばで護摩苦行が行われた、修行僧の難行の場「蟷螂の岩屋」、地下宮殿のような光景が楽しめる「面不動鍾乳洞」、変化に富んだ神秘的な鍾乳洞「五代松鍾乳洞」など情報満載。

  • スポット:3 件

天川・大峯山のおすすめの洞窟スポット

1~20 件を表示 / 全 3 件

蟷螂の岩屋

水温6度の泉のそばで護摩苦行が行われた、修行僧の難行の場

修行僧の難行の場として知られる。窟内は天井が低く、かまきり(蟷螂)のように腰をかがめなければ進めない。奥にある水温6度の泉のそばで、護摩苦行が行われたという。

蟷螂の岩屋

蟷螂の岩屋

住所
奈良県吉野郡天川村洞川
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩20分
料金
300円
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉門)、夏期は~18:00(閉門)

面不動鍾乳洞

地下宮殿のような光景が楽しめる

天然記念物に指定されている全長280mの鍾乳洞。洞内は年中摂氏8度に保たれていて、無風。鍾乳石や石筍がさまざまな表情を見せる。中でも金糸、銀糸の窟のストロー鍾乳管が有名。

面不動鍾乳洞
面不動鍾乳洞

面不動鍾乳洞

住所
奈良県吉野郡天川村洞川673-89
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩20分
料金
大人400円、小人200円
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉門、時期により異なる)

五代松鍾乳洞

変化に富んだ神秘的な鍾乳洞

昭和4(1929)年、赤井五代松氏が標高900mの山腹で発見したことで名づけられた。洞長は80mの複雑な構造。10mの石柱、3~5mの鍾乳石などの迫力のある空間がある。

五代松鍾乳洞
五代松鍾乳洞

五代松鍾乳洞

住所
奈良県吉野郡天川村洞川686-131
交通
近鉄吉野線下市口駅から奈良交通洞川温泉行きバスで1時間18分、終点下車、徒歩30分
料金
大人400円、小人200円
営業期間
3月下旬~11月下旬
営業時間
9:30~15:50(閉門)