トップ > ライフスタイル >  アウトドア >

安全・安心な登山におすすめ「登山用ヘルメット」10選。役割と選び方もわかりやすく解説!

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年7月25日

この記事をシェアしよう!

安全・安心な登山におすすめ「登山用ヘルメット」10選。役割と選び方もわかりやすく解説!

日本アルプスといった本格的な登山を行う際に、自分の身を守るために必須になるのが「登山用ヘルメット」。また本格登山に限らず、一部に岩場があったり、ハードなコースがある山行でも、安全のため携行したいアイテムです。

今回はそんな登山用ヘルメットの役割や重要性、選び方などについて解説したあと、オススメのモデルを厳選してご紹介したいと思います。この夏、本格的な登山デビューをしたいと思っている方は必見。

登山用ヘルメットの役割

頭部保護が目的の登山用ヘルメットですが、その役割を果たすシーンは大きく二つに分けられます。

落石など落下物がある時

落石など落下物がある時

北アルプスをはじめとして、岩稜が発達した山域では、常に落石のリスクがあります。小さな石でも、かなりの落差がある場合、大怪我になりかねません。そんな時、登山ヘルメットは致命傷を防いでくれるのです。

滑落・転倒した時

滑落・転倒した時

万が一にもあってはいけないのですが、岩場でバランスを崩し、滑落する山岳事故が近年も相次いでいます。そんな時、登山用ヘルメットを被っていたので一命を取り留めたケースも見受けられます。

このように山での安全性確保のために、登山用ヘルメットがいかに大事であるかが、分かっていただけるのではないでしょうか。

山岳ヘルメット着用推奨の山域も

山岳ヘルメット着用推奨の山域も
出典:https://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/sangaku/helmet.html

日本アルプス主稜線など、特に難易度の高いルートを中心として、長野県では山岳遭難防止対策協会が指定した「山岳ヘルメット着用推奨山域」がまとめられています。どれも滑落事故が起こっている山域です。これらの山域を歩く際には、登山用ヘルメットは必須と考えておきましょう。

ただ説明書きの通り、これ以外の山域でヘルメットが不要という意味ではありません。上記指定山域の周辺を登山する際も同様に、登山用ヘルメットの着用を推奨します。

1 2 3

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

エリア

トップ > ライフスタイル >  アウトドア >