トップ > ライフスタイル >  旅行・おでかけ >

もう忘れ物しない!1泊2日の荷物をチェック!旅行ガイド編集者おすすめの持ち物も必見! 画像:写真AC

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年11月22日

この記事をシェアしよう!

もう忘れ物しない!1泊2日の荷物をチェック!旅行ガイド編集者おすすめの持ち物も必見!

旅行はどこに行くか計画を立てるだけでなく、荷造りも楽しいもの。
ですが旅行初心者さんは、何を持って行けばいいか悩んでしまうこともあるかもしれません。

今回は、子どもの頃から旅行をたくさんしてきた筆者が、1泊2日の旅の荷物について、必須のもの10選とあると便利なもの10選を紹介します!
1泊なので荷物はなるべく少なくてして、身軽に動けるようにぜひ持ち物チェックしてみてくださいね!

1泊2日の荷物パッキング前に確認すること

近年はパッキング動画が人気なこともあり、荷造りは旅行前のワクワク感を味わえる大事な時間です。

ですが、いきなりパッキングをするのではなく、1泊2日の荷物をパッキングする前に事前におさえておきたいことがあるので、まずは確認しておきましょう!

画像:写真AC

1泊2日の荷物を用意する前に①現地の天気や気温を確認する

まずは現地の天気や気温を確認し、羽織ものや傘などの雨具が必要かチェック。

例えば、秋に東京から北の方へ行くなら、厚着しなくても、上から羽織れるジャケットやカーディガン、大判のストールで対応可能など、気温が分かれば服装の検討ができます。

雨具は折り畳み傘があると便利ですが、「晴れ予報だし、もし雨が降ってきても現地のコンビニで買おう」などと判断できるので、事前の天気予報チェックはとても大切です!

1泊2日の荷物を用意する前に②ホテルや旅館にあるものを確認する

荷物を減らすためにも、宿泊先のホテルや旅館に置いてあるものをサイトで確認しましょう。アメニティやタオル、寝巻き、ドライヤーなど持って行かなくてもよいものは、荷物に入れないことで身軽な旅に。ただし「夜はお気に入りのパジャマでリラックスしたい!」など、こだわりのアイテムがある場合は持参します。

ちなみに旅の帰りに日帰り温泉に寄るなら、多くの温泉宿で宿の名入りのフェイスタオルを持ち帰ることができるので、タオルは家から持参しなくてもOKです。

1泊2日の荷物を用意する前に③大きなバッグと持ち歩き用のバッグを決める

車移動の旅の場合、荷物が多くなっても気にしなくてもよいのですが、電車や飛行機など公共の交通手段での移動の場合、荷物は少ない方が圧倒的にラクですよ。

ですが旅行カバンだけでなく、小さめのバッグを一緒に持つのがおすすめです。現地の観光をするときに荷物を預けたり、到着したホテルから少し散歩に行く時などに、小さめのバッグがあると動きやすいですよ。

着替えなどのすぐに使用しないものは大きめのバッグへ入れ、持ち歩き用の小さめのバッグには財布やチケット類、スマホなどすぐに使うものを入れるのがおすすめ。

とはいえ1泊なので、普段から荷物の少ない人は大きめトートバッグなど、普段使いのバッグ1つで足りてしまう人も。自分の荷物の量を見て、バッグの種類や大きさ、数を決めましょう。

1泊2日旅行の荷物チェックリスト〜必須10選〜

1泊2日旅行の荷物チェックリスト〜必須10選〜
画像:写真AC

旅のスタイルや旅行者の体調などにもよりますが、基本的に1泊2日なら以下の荷物があれば、旅行に出発することが可能です!

①財布(現金・クレジットカード類・電子マネー・小銭)
②免許証・ETCカード
③チケット・クーポン類
④薬・サプリメント
⑤スマホ・携帯電話・充電器などガジェット類
⑥コンタクトレンズ・めがね
⑦着替え
⑧化粧品・洗面用具・スキンケア用品・シャンプー類
⑨マスク・消毒スプレー・ウェットティッシュなど
⑩ワクチン接種証明・PCR陰性証明

1泊2日の荷物①財布(現金・クレジットカード類・電子マネー・小銭)

まずはお金関係が必須です。キャッシュレス派の人も、旅行先やお店によっては現金のみのところもまだまだ多いので、現金を準備しておきましょう。

カード類はクレジットカード、キャッシュカード、デビットカードなど、普段使っているものを忘れずに。電子マネーのチャージも事前にしておくと、現地で「電波がないからチャージができない!」なんてこともありません。

そのほかに念の為、健康保険証や身分証明書などもお財布に入れておきましょう。ちなみに身分証明書があると、学生割などの割引があるときに使えることも。

また、小銭は多めに準備しておくのがおすすめです。コインロッカーや寺社でのお賽銭など、意外と小銭が必要なシーンがありますよ。

1泊2日の荷物②免許証・ETCカード

普段からお財布に入っている人は心配いりませんが、いつも車に乗らない人は現地でレンタカーを借りる場合、免許証を絶対に忘れないようにしましょう。

ETCカードはとくに忘れやすいので注意。ちなみにレンタカーを借りて、車内に置き忘れて帰る人が多いのもETCカードとのことです。レンタカー会社のメンバーズカードが必要なら、こちらも忘れずに。

1泊2日の荷物③チケット・クーポン類

乗車券や宿泊券などが紙で発行されている場合、絶対に忘れずに!まとめてクリアファイルや封筒に入れて、持ち歩き用の小さめのバッグに入れておきましょう。

昨今はチケットレスが進み、乗車券などをスマホに入れられる「タッチ&ゴー(JAL)」や「タッチでGo!(JR東日本)」など、色んなチケットの種類があります。サッとタッチするだけでOKなものや、QRコードを読み込ませる必要があるなど、サービスによって異なるので事前に確認しておくと安心。

クーポンは印刷が必要なものはまとめてクリアファイルなどに。画面提示のものはお気に入り登録などしておいて、すぐ見せることができるようにしておきましょう。

1泊2日の荷物④薬・サプリメント

毎日飲んでいる薬やサプリメントも必須です。鎮痛剤や胃痛薬、花粉症の薬などのほか、乗り物によっては酔い止めが必要という人もいるでしょう。何の薬が必要かしっかり検討を。

旅行先によっては都心部と異なり、薬局やドラッグストアがすぐに見つからないことも考えられます。身体が弱い人や心配な人は、風邪薬や解熱鎮痛剤を持っておくと安心できるでしょう。

1泊2日の荷物⑤スマホ・携帯電話・充電器などガジェット類

いつもなら絶対に忘れないスマホでも、荷物が変わってテンションが上がっていると、「あれ?スマホどこ?!」なんてことも…。家を出る際は、家の鍵とともに忘れないように。

1泊でも充電器は必須です。現地ではスマホで調べることが意外と多く、たくさん検索していると充電の減りがいつもより早いので要注意!昨今、ビジネスホテルでは置いてあるところが多いのですが、持っていると電源のあるカフェなどで充電できるので安心です。

また、車でGoogleマップをナビで使う人は、モバイルバッテリーやシガーソケットにつなぐために充電プラグがあるとよいでしょう。

1泊2日の荷物⑥コンタクトレンズ・めがね

目の悪い人にとってとにかく大切なのが、コンタクト。忘れてしまうと死活問題レベルと言える人もいますよね。

使い捨てコンタクトなら予備もあるとGOOD。いつもはコンタクトしかしない人でも、なくしたり流したりといった突発的なことを想定して、めがねもあるとより安心です。目薬もお忘れなく。

1泊2日の荷物⑦着替え

1日分の着替えで必須なのは、下着や靴下など肌に直接触れるもの。夏で汗をかかないなら、1泊ボトムスはそのままでトップスだけ着替えるなど、コーディネートを工夫してもいいですね。もちろん「旅行だからこそおしゃれを楽しみたい!」という人は着たいアイテムを準備しましょう。

ちなみに靴下は予備があると、お風呂上がりに履けるのでおすすめ。(宿によっては湯上がり用の靴下風の足袋が置いてあることもあります)

1泊ではあまり必要ないかもしれませんが、ホテルではコインランドリーがあるところも多いので、「服も下着類も同じにして、とにかく身軽にしたい!」という人は、チェックしてみてください。

1泊2日の荷物⑧化粧品・洗面用具・スキンケア用品・シャンプー類

身支度を整えるアイテムの持参は、個人によって異なります。化粧ポーチが大きい・重い人は、必要なアイテムだけ持って行くとかさばらないので、旅行前に選別してみてはいかがでしょうか。

洗面用具やスキンケア用品、シャンプー類は、アメニティとして宿泊先にもあることが多いのですが、お気に入りのものを使いたい人は忘れずに持って行ってください。

小分けボトルに入れてコンパクトにするのもOKですが、詰め替える作業や残ったものを持ち帰るのが面倒な筆者のような人には、コンビニやドラッグストアなどで買えるお泊りセットがおすすめ。とくにパウチタイプのものはすぐに捨てられるので、帰りに楽ですよ。

男性は電気シェーバーなど、いつものアイテムを使いたい人は持参しましょう。充電しておくのも忘れずに。

1泊2日の荷物⑨マスク・消毒スプレー・ウェットティッシュなど

コロナ禍で一般的になった持ち物といえば、マスクや消毒類などのコロナ対策グッズです。1泊であってもマスクは複数枚あるのがおすすめ。

例えば宿に大浴場があり、部屋食ではなくレストランでの食事の場合など、一度お風呂に入ってさっぱりした後に部屋から出歩くこともあるので、複数枚あると安心です。

消毒スプレーは気になる人は持ち歩くとよいでしょう。ウェットティッシュはコロナ禍に関係なく、お弁当やおやつを食べようとしてすぐに手が洗えないときに便利なので、ぜひ携行してください。

1泊2日の荷物⑩ワクチン接種証明・PCR陰性証明

2022年10月から「全国旅行支援」が実施されています。時期やエリア、宿泊先によっては料金が安価になる旅行支援があり、宿泊先の宿で各種証明書の提出が義務付けられています。

身分証とともに必要なので、支援を受ける場合は忘れずに持っていきましょう。ワクチン接種済みの証明書もしくは、PCR検査での陰性証明書が必要ですが、詳細は旅行先の都道府県のHPで確認してみてください。

1 2 3

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。