トップ > 全国 > 東海・北陸 > 北陸 > 金沢・加賀温泉郷 > 金沢 > 片町・竪町

金沢の寿司

北陸の海の幸で味わう本物の旨さ

金沢は寿司が文化にまで昇華した街。ネタもシャリも飛びきり上質で、寿司屋には素材の持ち味を生かす職人がそろう。舌の肥えた地元の人たちが認める味はレベルが高い。

金沢の寿司

寿し割烹 葵寿し(スシカッポウアオイズシ)

こだわり抜いた食材で「旬」を味わい尽くす

厳選された新鮮なネタ、契約農家から仕入れる米など、吟味された素材のうまさを満喫できる。北陸ならではのネタを満載した地物尽しなど、本格派寿司に県内外のファンが多い。

寿し割烹 葵寿し

寿し割烹 葵寿し

住所
石川県金沢市長田1丁目5-46
交通
JR金沢駅から徒歩6分
料金
地物握り寿し=3240円/ぶり=500円/ガスエビ=450円/アラ=450円/のど黒汐焼き=2500円~/寿し会席=6480円/葵会席=6480円/地物尽し(純米吟醸「葵」1合付)=7560円/

金沢港 福寿し(カナザワコウフクズシ)

鮮度に厳しい漁師町で海の幸を味わい尽くす

味と鮮度に厳しい漁師町金谷の老舗。金沢港や能登で水揚げされた新鮮な素材を厳選し、ベテランの職人が握る。料理メニューも多彩。

金沢港 福寿し

金沢港 福寿し

住所
石川県金沢市金石西3丁目4-6
交通
JR金沢駅から徒歩3分の中橋バス停から北陸鉄道金石・大野行きバスで20分、金石下車すぐ
料金
地物にぎり(10カン)=2700円/磯巻き=2700円/ノドグロ塩焼=2160円~/活うなぎかば焼=4320円~/寿司会席コース=3240円・4320円・5184円・6264円/

幸兵衛寿司(コウベエズシ)

こだわりの新鮮な旬のネタを味わう

日本海の海の幸を豊富に使った、四季折々の新鮮な魚が堪能できる。その日におすすめの魚を中心にしたおまかせコースが好評。鯖姿寿司もあり、磯巻は店の名物となっている。

幸兵衛寿司

幸兵衛寿司

住所
石川県金沢市橋場町1-6
交通
JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由東部車庫行きバスで10分、橋場町下車すぐ
料金
松握り=3020円/土産用鯖姿寿司(2人前)=3240円/磯巻(1本)=1080円/おまかせ地物握り=3800円/満腹コース(16貫)=5400円/寿司会席=5940円~/

宝生寿し(ホウショウズシ)

鮮度と種類が自慢の寿司店

金沢港のすぐ近くにあり、ガラスケースには港から揚がったばかりの地物の珍しい魚介が並ぶ。12種の具が入った豪華版太巻き「オールスター巻き」はここならではのメニューだ。

宝生寿し

宝生寿し

住所
石川県金沢市大野町4丁目72
交通
JR金沢駅から徒歩3分の中橋バス停から北陸鉄道金石・大野行きバスで25分、終点下車すぐ
料金
おまかせにぎり(1.5人前)=2700円/オールスター巻き=2700円/カニコース=10800円~/フグコース=10800円~/マスターコース=4320円/

蛇之目寿司本店(ジャノメズシホンテン)

「金沢の寿司」に出会える創業80年の寿司店

昭和6(1931)年の創業以来、3代続く寿司店。吟味したネタを握る職人の手元が美しい。すし飯は石川県産特別栽培米のブレンド米を、白山の伏流水で炊く。

蛇之目寿司本店

蛇之目寿司本店

住所
石川県金沢市片町1丁目1-12
交通
JR金沢駅から北陸鉄道片町方面行きバスで9分、片町下車すぐ
料金
サービスランチ(月~金曜限定)=1500円/お刺身盛合せ=2160円/おまかせにぎり=3000円/

かいてん寿し 大倉 近江町店(カイテンズシオオクラオウミチョウテン)

元祖“行列のできる回転寿司”といえばココ

近江町市場にあり、昼は握り10貫の近江町盛り(限定20食)などのセットメニューが人気。金沢の回転寿司の草分け的存在で、カウンターだけの店内は満席になることも多い。

かいてん寿し 大倉 近江町店

かいてん寿し 大倉 近江町店

住所
石川県金沢市下堤町38-6
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで3分、武蔵ヶ辻下車すぐ
料金
寒ブリ=389円/大倉三種盛り=600円/活ばい貝=389円/近江町盛り(限定20食)=500円/一皿=118~864円/

金澤玉寿司(カナザワタマズシ)

地元漁港から魚を直送。種類豊富で鮮度が自慢

吟味して仕入れた旬の魚を、寿司職人が握る寿司と、割烹の料理人が作る会席料理で楽しめる店。天ぷらや治部煮など、多彩な一品料理を気軽に和室で楽しむこともできる。

金澤玉寿司

金澤玉寿司

住所
石川県金沢市片町2丁目21-19
交通
JR金沢駅から北陸鉄道片町方面行きバスで9分、片町下車すぐ
料金
日本海会席コース=5400円~/郷土料理会席コース=6480円~/玉寿司コース(寿司がメインのコース)=5400円~/雪鍋コース(冬期限定)=5400円~/

海天すし 金沢元町店(カイテンスシカナザワモトマチテン)

こだわり抜いた食材。話題の創作寿司も豊富

新鮮なネタを特製のタレにくぐらせ、さっとあぶった「あぶりにぎり」が名物。あぶることで素材の旨みが増すうえ、香ばしさが加味される。

海天すし 金沢元町店

海天すし 金沢元町店

住所
石川県金沢市元町2丁目157-1
交通
JR金沢駅から北陸鉄道柳橋方面行きバスで10分、東警察署前下車すぐ
料金
中トロ=753円/サーモンマヨ=321円/まぐろ三昧=861円/はまぐり汁=386円/ランチ(月~土曜、11:00~15:50のみ)=861円~/

すし食いねぇ!県庁前店(スシクイネェケンチョウマエテン)

金沢きっての実力店

金沢港、氷見港の朝獲れの魚介を、職人が丹精して握る「金沢ならではの本格寿司」を堪能できる。四季折々の旬の味を気軽に満喫でき、舌の肥えた地元客にも人気。ゆったりくつろげる小上がり席もあり、居心地の良さも折り紙付き。

すし食いねぇ!県庁前店

すし食いねぇ!県庁前店

住所
石川県金沢市西都1丁目51
交通
JR金沢駅から北陸鉄道県庁前方面行きバスで15分、県庁前下車、徒歩4分
料金
金沢づくし=496円/氷見づくし=496円/白身づくし=604円/旬の盛り合わせ=799円/上甘えび=410円/

もりもり寿し 金沢駅前店(モリモリズシカナザワエキマエテン)

地物の食材にこだわり。鮮度に揺るぎない自信

金沢駅前にある店。能登・七尾港から毎朝、朝獲れの魚介類を直送しており、イキのいい地物ネタをふんだんにそろえる。1皿で3種類のネタが味わえる「3点盛り」は常時5、6種類をそろえる。

もりもり寿し 金沢駅前店

もりもり寿し 金沢駅前店

住所
石川県金沢市堀川新町3-1金沢フォーラス 6階
交通
JR金沢駅からすぐ
料金
北陸五点盛り(生がすえび、のど黒、白えび、生梅貝、ほたるいか黒造り)=1080円/のど黒=648円/豪華三点盛り=918円/もりもり三点盛り=1404円/北海汁=195円/

本店 加賀 彌助(ホンテンカガヤスケ)

北陸で選び抜いたネタの寿司店

歌舞伎「義経千本桜」の舞台となった釣瓶鮨弥助から同じ屋号を名乗ることを許された寿司店。季節感を大切にし、素材の食べごろを見極めた寿司が味わえる。

本店 加賀 彌助

本店 加賀 彌助

住所
石川県金沢市本町2丁目19-15
交通
JR金沢駅から徒歩3分
料金
天然岩がき(季節限定)=1728円~/本日のおまかせにぎり=4104円/鮨会席=5400円~/

近江屋伝兵衛(オウミヤデンベエ)

気軽に金沢の食を堪能できる店

全席に注文用タッチパネルを備えた寿司と割烹の店。新規出店ながら寿司・割烹をそれぞれ担当する2人の板長は共にこの道30年以上。食材も2人のめがねにかなうものだけを仕入れている。

近江屋伝兵衛

近江屋伝兵衛

住所
石川県金沢市青草町88近江町いちば館 2階
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで3分、武蔵ヶ辻下車すぐ
料金
特上すし十貫握り=4000円/上すし9貫握り=2900円/近海づくし8貫=3700円/お好み握り=120円~/

鮨処あさの川(スシドコロアサノガワ)

伝説の鮨職人が監修した茶屋街に佇む店

風情あふれる浅野川のほとりに佇む新店舗。惜しまれつつ閉店した金沢の名店「小松弥助」の大将が監修。秘伝のタレを受け継いだマグロの漬けや、素材の味を引き出す包丁さばきに、伝説の店の面影が感じられる。

鮨処あさの川

鮨処あさの川

住所
石川県金沢市主計町2-13
交通
JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由東部車庫行きバスで10分、橋場町下車すぐ
料金
蒸しあわび=時価/握りおまかせ(昼)=5000円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください