トップ > 全国 > 東海・北陸 > 北陸 > 金沢・加賀温泉郷 > 金沢 > 金石・大野

金石・大野 x ご当地グルメ・名物・名産品

金石・大野のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

金石・大野のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。金沢の海鮮丼、金沢の寿司、とり野菜など情報満載。

  • スポット:18 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

金沢の海鮮丼(かなざわのかいせんどん)

質・ボリューム・安さ、すべて文句なし

  • ご当地名物料理

海の幸が豊富な金沢の海鮮丼には、ズワイガニや甘エビ、ブリなどを筆頭に色とりどりのネタがたっぷりとのる。満腹感とお得感が同時に味わえるのはこの地域ならでは。

金沢の海鮮丼

金沢の寿司(かなざわのすし)

北陸の海の幸で味わう本物の旨さ

  • ご当地名物料理

金沢は寿司が文化にまで昇華した街。ネタもシャリも飛びきり上質で、寿司屋には素材の持ち味を生かす職人がそろう。舌の肥えた地元の人たちが認める味はレベルが高い。

金沢の寿司

とり野菜(とりやさい)

独自ブレンドの味噌が決め手の鍋

  • ご当地名物料理

かつて北前船の船員たちの食を支えた「とり野菜味噌」。石川県の家庭味噌をベースにした味噌だしがおいしいと評判となり、いまや地元っ子の鍋の必需品だ。

とり野菜

加賀野菜(かがやさい)

個性たっぷり、金沢の伝統野菜を味わって

  • ご当地名物料理

昭和20(1945)年以前から栽培されていて、今も主に金沢で育てられているご当地野菜を「加賀野菜」という。旬の加賀野菜を使った料理は、和食店で味わえるほか、イタリアンやフレンチの店でも、目にも美しい料理となってテーブルに登場する。

加賀野菜

加賀のズワイガニ(かがのずわいがに)

金沢の冬には欠かせない海の味覚

その姿の美しさと味のよさから、加賀の冬の味覚の主役。少し小ぶりなメスは香箱ガニと呼ばれ、卵とミソがうまい。茹でても、焼いても、刺身でも、その身の甘さは格別。

加賀のズワイガニ

能登・金沢のノドグロ(のとかなざわののどぐろ)

上質の脂が食べるものを魅了する

ノドグロの本来の名前はアカムツという。のどが黒いため、日本海側ではノドグロと呼ばれることが多い。上質の脂がのっており、人気が高く高値で取り引きされる。

能登・金沢のノドグロ

いしる(いしる)

能登の海の恵みがぎっしり詰まった魚醤

  • おみやげ

能登半島北部で古くから作られていた醤油に似た調味料で、イワシやイカの内臓や頭、骨を塩漬けにして発酵させて作られる。独特の風味や旨みが凝縮されていて、いしる鍋で味わいたい。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください