トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 小豆島・直島 > 小豆島 > 土庄

小豆島の海鮮料理

豊かな海で育まれた魚介を味わう

瀬戸内海に浮かぶ小豆島では、豊かな環境で育まれた鮮魚が豊富に味わえる。オコゼやタチウオ、ハモなど季節ごとに異なる魚介で、何度でも足を運びたくなる。

小豆島の海鮮料理

国民宿舎小豆島(コクミンシュクシャショウドシマ)

自慢は天然魚使用の海鮮料理。瀬戸内海が客室などから一望できる

客室や展望温泉から瀬戸内海を一望でき、瀬戸大橋や遠く四国までもが見渡せる公共の宿。料理は、天然の新鮮な魚を使った海鮮料理が自慢。周辺は国民休養地に指定されている。

国民宿舎小豆島

国民宿舎小豆島

住所
香川県小豆郡小豆島町池田1500-4
交通
土庄港から小豆島オリーブバス三都線神ノ浦西行きで18分、国民宿舎下車、徒歩5分
料金
1泊2食付=7710~13780円/

よさこい(ヨサコイ)

新鮮な魚料理が味わえる人気の店。定食もボリューム満点で好評

新鮮な魚料理が人気の店。漁師が揚げてすぐの魚介を持ち込むので鮮度は抜群だ。定食類は安くてボリューム満点。料金に応じたおまかせのコースもある。

よさこい

よさこい

住所
香川県小豆郡小豆島町池田平木
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港行きで15分、池田港下車すぐ
料金
造り(一品)=1200~1300円/造り定食=1300円~/てんぷら定食=1300円~/とりタタキ=800円/

海と山の幸 Hicos(ウミトヤマノサチヒコス)

島の素材を生かした料理

小豆島の海と山の幸が、和洋織り混ぜた料理で味わえる。なまこの卵「コノ子」は、生で、あるいは干したものを炭火で炙って食べるという島の珍味。にし貝の清汁も絶品。

海と山の幸 Hicos

海と山の幸 Hicos

住所
香川県小豆郡土庄町渕崎甲2153-2
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港行きで8分、八幡橋前下車すぐ
料金
昼のコース=2160円~/夜のおまかせコース=5400円/コノ子=1050円~/ニシ貝の清汁=1620円/

料理芸術かりえん(リョウリゲイジュツカリエン)

獲れたての魚介を味わう

その日に揚がったばかりの天然の魚介を、豪快な料理で味わえる。真鯛の活け造り、小エビの唐揚げなど、海の幸に恵まれた島ならではの味が楽しめる。

料理芸術かりえん

料理芸術かりえん

住所
香川県小豆郡土庄町東港
交通
土庄港から小豆島オリーブバス小瀬行きで12分、マルナカ前下車すぐ
料金
昼のコース(要予約)=3240円~/夜のおまかせコース=5400円~/天然の魚のお造り=3000円/

道の駅 小豆島ふるさと村(ミチノエキショウドシマフルサトムラ)

プールや体験教室もあり一日たっぷり楽しめる

夏期に営業するファミリープール、イチゴ農園、美術館、ホテルやキャンプ場などの宿泊施設を併設。「手延そうめん館」では、製造工程などを紹介。箸いれ体験(要予約)もできる。

道の駅 小豆島ふるさと村

道の駅 小豆島ふるさと村

住所
香川県小豆郡小豆島町室生2084-1
交通
土庄港から国道436号、県道250号を小豆島ふるさと村方面へ車で8km
料金
施設により異なる(高齢者・障がい者はプール入場料割引)

大阪屋(オオサカヤ)

トレピチ魚介が味わえる島食堂

活きのよさが自慢の、旬の地魚を使った海鮮料理が豊富。刺身をはじめ、さまざまな定食や丼がそろう。亀の手やダメ貝などの珍味にも注目。小豆島のご当地名物ひしお丼は、オリーブハマチ、たちうお、あおりいかなど、地元漁師が仕入れた鮮度抜群の魚介がのった海鮮丼。季節や日によって魚介の種類は変わる。

大阪屋

大阪屋

住所
香川県小豆郡小豆島町坂手甲171-29
交通
土庄港から小豆島オリーブバス坂手港行きで46分、終点下車すぐ
料金
ひしお丼=1030円/ハモの玉子とじ丼=870円/さしみ定食=1650円/亀の手=520円/

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください