エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関西 > 奈良 > 山の辺の道・長谷・室生 > 山の辺の道 > 桜井

三輪素麺

奈良時代より伝わる三輪地方の特産品

そうめん発祥の地とされる三輪地方。小麦粉を使い、極寒の時期に手延べ法によって作られる三輪そうめんは、コシがあり、のどごしもなめらか。夏は冷やして、冬はあたたかいにゅうめんにして味わう。

三輪素麺

そうめん處 森正(ソウメントコロモリショウ)

木々に囲まれた空間でこだわりを極めたそうめんを

大神神社の二の鳥居に向かって左側にある、古民家を利用した一軒。1300年の歴史を持つ三輪そうめん。夏はコシの強い食感が食欲をそそる冷やしそうめん、冬期には温かいだしでいただくにうめんなどが楽しめる。

そうめん處 森正

そうめん處 森正

住所
奈良県桜井市三輪535
交通
JR桜井線三輪駅から徒歩5分
料金
にうめん=850円/柿の葉寿司=750円/冷やしそうめん(4~11月限定)=1000円/冷やし長そうめん=1500円/釜揚げ=950円/

千寿亭(センジュテイ)

コシのある手延べそうめんを四季折々の多彩な味わいで

嘉永3(1850)年創業のそうめんの老舗「池利」直営の食事処。大和地鶏のだしで味わうつけ麺をはじめ、葛入りそうめん、トマト味噌にゅうめんなど工夫を凝らした豊富なメニューが楽しめる。手ごろな会席風のお膳も人気。

千寿亭

住所
奈良県桜井市芝293
交通
JR桜井線三輪駅から徒歩10分
料金
冷やし素麺=810円/天ぷらにゅうめん=982円/そうめん懐石「山の辺」=2808円/冷やしそうめん(天ぷら付)=1004円/

三輪山本 お食事処(ミワヤマモトオショクジドコロ)

老舗の技を伝えるなめらかな手延べ麺

享保2(1717)年創業の老舗で、創業300年を機に「三輪そうめん山本」から「三輪山本」に名前を変更。驚くほどの細さとコシの強さを追求した本場のこだわり麺を「冷やしそうめん」や「にゅうめん」で楽しむことができる。

三輪山本 お食事処

三輪山本 お食事処

住所
奈良県桜井市箸中880
交通
JR桜井線巻向駅から徒歩10分
料金
万葉(冷やしそうめんまたはにゅうめん、柿の葉寿司さば2個・鮭1個、葛餅)=1290円/山の辺(冷やしそうめんまたはにゅうめん)=750円/古都(冷やしそうめんまたはにゅうめん、柿の葉寿司さば2個、甘味)=1080円/Nyumenシリーズ=594円/白龍にゅうめん=518円/(各メニューの冷やしそうめんのみ大盛可(別料金))

エリア