トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 四万十・足摺岬 > 宿毛・大月

四万十のシャクナゲ

神秘の花から、身近な花となったシャクナゲ

ツツジ属の中でも冷涼で高湿度の土地に育ち、人の足の踏み入れにくい深い山中に咲くことから「神秘の花」とされていた。見ごろは4月中旬~5月上旬で、品種改良により赤、白、グラデーションなど花の色はさまざま。篠山などが群落地として有名。

篠山(高知県)(ササヤマコウチケン)

多くの高山植物が見られる

標高1065mの篠山からは雄大な眺望が楽しめる。4月下旬から5月上旬にはアケボノツツジやシャクナゲの大群落が一面を覆う。8合目までは車で行くことができる。

篠山(高知県)

住所
高知県宿毛市橋上町
交通
松山自動車道津島高田ICから国道56号、県道4号、一般道、県道332号を御内方面へ車で28km、駐車場から徒歩40分
料金
情報なし

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください