トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 淡路島 > 南あわじ

淡路島のスイセン

ナルシストの語源ともいわれるスイセン

別名「雪中花」とも呼ばれ、春の訪れを告げる清楚な花。白や黄色の花を咲かせ、甘い香りを漂わせる。比較的温暖な地方の海岸近くなどで群生する。房総、越前海岸と並び、スイセンの日本三大群生地とされる淡路島には、灘黒岩と立川の二大水仙郷があり、可憐な白いスイセンが斜面や丘を埋め尽くす。

淡路島のスイセン

立川水仙郷(タチカワスイセンキョウ)

海を望む谷間の斜面に連なる黄色が美しい風景を織り成す

海を望む谷間のスイセン畑一面に可憐な花を咲かせる。早咲きは12月下旬頃でピークは1~2月、遅咲きは4月頃まで見られる。緑の斜面に淡い黄色が連なり、美しい風景を織り成す。

立川水仙郷

立川水仙郷

住所
兵庫県洲本市由良町由良2877-22
交通
神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから国道28号を経由して、県道76号を由良方面へ車で16km
料金
大人500円、中学生以下300円(30名以上の団体は400円、身体障がい者は半額)

灘黒岩水仙郷(ナダクロイワスイセンキョウ)

ニホンスイセンの花が急斜面を覆い尽くす

スイセンの日本三大群生地のひとつ。約7haの急斜面に野生スイセンが群生し、芳しい香りが漂う。毎年開花の状況が異なるので、事前に確認してでかけよう。

灘黒岩水仙郷

灘黒岩水仙郷

住所
兵庫県南あわじ市灘黒岩2
交通
JR神戸線舞子駅から淡路交通福良行きバスで48分、陸の港西淡でらんらんバス来川行きに乗り換えてで1時間5分、水仙郷下車すぐ
料金
大人500円、小・中学生300円

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください