トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 淡路島 > 南あわじ

南あわじ

南あわじのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

南あわじのおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。淡路牛、淡路島の赤ウニ、明石ダコなど情報満載。

南あわじのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:135 件
  • 記事:11 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

淡路牛(あわじぎゅう)

芸術的な霜降りと極上の旨みが魅力

  • ご当地名物料理

淡路島で育てられた但馬牛は「淡路ビーフ」と呼ばれ、徐々に知名度が上がっている。まんべんなくちりばめられたきめの細かい霜降りは鮮やかで、極上の柔らかさを生み出している。

淡路牛

淡路島の赤ウニ(あわじしまのあかうに)

幻のウニと呼ばれるほど希少な由良産の赤ウニ

淡路島の由良でとれる赤ウニは、6月後半~10月までのわずか4ヶ月だけ漁が解禁される。それも漁師が素潜りでとるので、漁獲量はわずか。磯の香りと上品で濃厚な甘みが味わえる。

淡路島の赤ウニ

明石ダコ(あかしだこ)

「麦わらダコ」とも呼ばれる、夏が旬の明石ダコ

  • 旬魚介

日本有数のマダコの漁獲量を誇る兵庫県。なかでも明石近海で水揚げされるタコは「明石ダコ」として知られる。明石海峡の激しい海流に揉まれて育った明石ダコは身が締まり、食感もよい。

明石ダコ

淡路島のハモ(あわじしまのはも)

京都や大阪の料亭にも出荷される淡路島のハモ

  • 旬魚介

淡路島を代表する夏の味覚。南淡路の沼島近海でとれるハモは、肉厚で脂ものって旨みも十分で、高級魚として扱われる。淡路島では、淡路島産タマネギと一緒にすき焼き風に料理するハモすきが人気。

淡路島のハモ

淡路島のタマネギ・タマネギ製品(あわじしまのたまねぎたまねぎせいひん)

小屋でゆっくり乾燥させるから甘みが増す

  • おみやげ

淡路島はタマネギの特産地。約7カ月という通常より長い栽培時間をかけ、5~6月に収穫された後も、タマネギ小屋に吊り下げられ、自然乾燥させるから、糖度が高く香り豊かなタマネギができる。

淡路島のタマネギ・タマネギ製品

淡路島のウメ(あわじしまのうめ)

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」が開催される。播鶯宿、南光などが咲く淡路島の広田梅林ふれあい公園などが名所として知られる。

淡路島のウメ

淡路島のスイセン(あわじしまのすいせん)

ナルシストの語源ともいわれるスイセン

別名「雪中花」とも呼ばれ、春の訪れを告げる清楚な花。白や黄色の花を咲かせ、甘い香りを漂わせる。比較的温暖な地方の海岸近くなどで群生する。房総、越前海岸と並び、スイセンの日本三大群生地とされる淡路島には、灘黒岩と立川の二大水仙郷があり、可憐な白いスイセンが斜面や丘を埋め尽くす。

淡路島のスイセン

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください