まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

ハワイへ出発前の準備 パスポート、ESTAの申請など

荷物 BAGGAGE

おみやげなどで、帰国時の荷物は倍近くに増える。飛行機の重量制限を超えてしまわないよう荷物はなるべく少なめに。

服装 CLOTHES

年間を通して温暖で、リゾート地ならではの解放感から、半袖に短パンで過ごすのが一般的。レストランでもランチタイムに利用する限りあまり服装は気にしなくてよい。しかし、一流レストランのディナータイムにはドレスコードやそれに準ずる服装が求められる。男性ならば襟付シャツに長ズボン、女性ならばワンピースを、1枚は用意しておくとよい。ハワイでは金曜日はアロハフライデーとして、官庁や銀行の職員など、男性はアロハシャツ、女性はムームーを着て仕事をする習慣がある。アロハシャツはハワイでは正装なので1着あると便利。

231241

海外旅行保険 TRAVEL INSURANCE

海外旅行中に病気やけがをしたときはもちろん、荷物の盗難や、たとえばホテルの備品を破損してしまった、高額な医療費がかかったなど、思いもよらないトラブルに対処し、補償するのが海外旅行保険だ。

海外旅行保険は必要か? 

病気にかかったり、事故に遭ったりすることは非常にまれだが、それでも万一に備えて海外旅行保険には絶対に加入しておきたい。自分でいくら注意していても避けられない事故もある。しかも、海外での治療には日本の保険はもちろん適用されないうえ、莫大な費用がかかる。
申し込みは、旅行会社やインターネットでできる。空港の保険会社窓口でもできるが、自宅〜空港間の往復にも保険は適用されるので、事前に入っておくのが得策だ。

おもな保険会社

・損保ジャパン日本興亜 www.sjnk.co.jp
・AIU保険 www.aiu.co.jp/travel
・ジェイアイ傷害火災保険 www.jihoken.co.jp
・エイチ・エス損害保険 www.hs-sonpo.co.jp
・エース損害保険 www.ace-insurance.co.jp

クレジットカードに付帯している保険

海外旅行保険付きのクレジットカードもあるが、内容はまちまち。一般的に保険金額は低めで、重要な項目がないことも。そのカードで空港への交通費やツアー代金を支払うなど、条件付きの場合もあるので、出発前に調べておきたい。とくにケガ・病気の治療費、他人に損害を与えた際の賠償責任などは、高額になりやすいので必須。荷物の破損や盗難を補償する携行品損害も大切だ。24時間日本語サポートや、キャッシュレス医療サービスの有無も確認しておきたい。

保険が適用されないケース(保険会社により異なる)

■現金・有価証券類の盗難・紛失
■慢性病の治療費
■妊娠・出産に関わる医療費
■歯科疾病の治療費
■戦争・暴動などによる被害 テロによる被害については状況により保険会社が判断
■天災による被害 地震、噴火、洪水、台風、津波などによる被害

アシスタンス・センター

緊急の場合は、まず保険会社のアシスタンス・サービスに連絡する。出発前に加入した保険会社のアシスタンス・センターの連絡先を確認しておきたい。

保険の種類

■傷害死亡/傷害治療/後遺障害(基本契約)
海外旅行中の事故によってけがをした、死亡した、後遺障害が残った、治療を受けたなどの場合。傷害に関わる保険のみ基本契約で、海外旅行保険加入の際、必ず入らなければならない。

■疾病死亡/疾病治療(特約) 
海外旅行中に病気になり死亡した、あるいは治療を受けたとき。

■賠償責任(特約) 
海外旅行中に誤って他人にけがをさせてしまったり、他人の物を壊してしまい法律上の賠償責任を負ったなどの場合。

■携行品損害(特約)
海外旅行中にスーツケース、カメラなど、所有物が偶然の事故により壊れたり、盗まれたりしたとき。

■救援者費用(特約)
海外旅行中、病気やけがにより死亡または入院し、日本から家族が現地に行った場合の交通費や滞在費を補償。

■入院一時金(特約)
けが、病気で2日以上入院した場合。

■航空機寄託手荷物遅延費用(特約)
航空機の遅れなどにより、機内に預けた荷物が届かず、当座必要な衣類や日用品を購入した場合。

■航空機遅延により生じた費用(特約)
航空機の欠航や遅れにより、6時間以内に振り替え便が運航しなかった場合の宿泊費や飲食費を補償。

国際運転免許証と国際学生証

国際運転免許証

ハワイでは日本の運転免許証とパスポートがあれば、入国後1年間は運転できる。ただし、事故や違反の際にトラブルになることもあるので、英語表記の国際運転免許証も携帯しておくほうが安心。住所地の運転免許センターや運転免許試験場などで、パスポート、顔写真(縦5cm×横4cm)1枚、日本の運転免許証を提出すれば、通常はその場で発行される。手数料2400円。発行から1年間有効。ほかにレンタカー会社の翻訳文発行サービスもある。レンタカーを借りられるのは原則21歳以上。

国際学生証

ISIC(International Student Identity Card)カードと呼ばれ、国際的に統一された学生証(身分証明書)のこと。博物館や美術館などのほか、宿泊施設、交通機関、レンタカー、レストランやファストフード店など、さまざまな契約施設で割引が適用される。ただし、ハワイでは国際学生証が利用できる施設は少ない。 申し込みは、申込書、写真、学生証のコピー(在学証明書または休学証明書でも可)を添えて、大学生協プレイガイドなど、最寄りの発行所に提出、または大学生協事業センターに郵送する。カード代金は1470円。

筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ホノルル」です。掲載している情報は、2014年8〜11月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。  最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。
×