まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2017年9月30日

香港

風水の街、香港!おすすめ開運パワースポット

by mapple

双喜 雙喜(ションヘイ)

花文字で運気UP!! 力あふれる伝統工芸
幸福・幸運を願って、美しい色で文字を書く中国の伝統工芸。この店では自分の名前や好きな文字を花文字で書いてくれる。

738379

さらさらと迷いなく書かれる文字は、まさに芸術品だ

双喜で開運!花文字を書いてもらう

好きな文字を書いてもらって運気もUP! 色には意味があり、黄色は財運、赤は幸福、青は魔除け、黄色と青が混ざった緑は健康長寿の願いが込められている。

①打ち合わせ
名前と、どんな願いを込めたいかを伝える

738531

②5分で完成
名前や絵(龍=地位、鳥=幸福、蝶=自由など)を書いてもらい、約5分で完成

738683

③部屋に飾る
書いてもらった花文字は部屋の南側に飾るとよい

738694

双喜

現地名:
Double Happiness/雙喜
住所:
ピーク・タワーP111-112号舗
地図を見る »
アクセス:
ピーク・トラム山頂駅からすぐ
TEL:
2849-2831
営業時間:
9:00~21:00
定休日:
無休 

風水column 2つの銀行が火花を散らす香港風水対決!!

1985年、香港上海銀行が、中国銀行・旧館の隣に、風水師の意見を取り入れた要塞のような巨大ビルを建てた。1990年、中国銀行がさらに背の高い70階建ての刀のような形のビルを建築。すると、香港上海銀行の業績が悪化。その原因を中国銀行ビルのせいとした香港上海銀行は、屋上に大砲を模したオブジェを設置。2つの銀行の風水戦争として話題になった。

【関連リンク】

ポルトガルと共に歩んだマカオの歴史を知る

中国銀行

風水POINT①
見事に鋭角のこの建物は、香港上海銀行および香港の金融界を制圧する意味をもつとされる。

風水POINT②
壁面にデザインされた三角形は五行で「火」を意味し、三角形の組み合わせによる×印には他を寄せつけない作用があるといわれている。

739722

香港上海銀行

風水POINT①
中国銀行ビルが刀の先のような鋭角を向けてきたことに対し、大砲に見立てた窓拭き用のゴンドラを屋上に増設。

風水POINT②
龍脈を妨げないように1階部分は吹き抜けに、良い気を取り入れるため2基のエスカレーターはハの字状になっている。

風水POINT③
入口に鎮座する一対の獅子。運気を取り込み、取り込んだ運気を逃さないようにしている。

739739
740194
1997年にイギリスから中華人民共和国へ返還された香港。1842年から155年もイギリスの植民地であった歴史があるとして知られています。日本からの観光客も多く、観光スポットとして最も有名なのはビクトリアピークから見渡す100万ドルの夜景ではないでしょうか。今回は、数多くある香港のホテルから厳選してオススメのホテル15軒をご紹介します!

この記事のタグ

まっぷる香港(16年)

  • 発売日:2016年12月13日

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷる 香港」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2016年9〜11月現在のものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。なお本誌に掲載した情報による損害・トラブル等については、弊社では一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。※本文中の料金・価格は、香港ドル(HK$)で表示しています。