香港旅行前に知っておきたい基本情報あれこれ 時差、お金、マナー

ATM

クレジットカードや国際デビットカードなどがあれば、現地通貨を引き出せる。
空港や街なかには24時間稼働のATMも多くて便利。暗証番号(PIN)の入力が必要。

国際デビットカード

日本の口座の預金を、海外の提携ATMから現地通貨で引き出せるサービス。加盟店での支払いにも利用できる(1回払いのみ)。手数料や限度額などは各金融機関へ問い合わせを。

クレジットカード

主要ホテルやレストラン、ショップでは主要な国際クレジットカードが使えることが多い。
キャッシング機能を使って、ATMで現金を引き出すと、比較的レートが良い。ただし、キャッシング枠の申し込みがされているかを、事前に確認のこと。

カード利用の際の注意点

思わぬトラブルに遭わないためにも伝票にサインする前に、必ず金額を確認しよう。控えの伝票は必ず受け取る。
銀行口座からの引き落としはそれぞれの規定日になるが、各カード会社で決められた精算日のレートで計算されるので、為替の変動によって、割安または割高になることもある。

カード利用時に暗証番号が必要になることもあるので、出発前に確認しておこう。わからなくなってしまった場合はカード会社に照会する必要があるが、郵送になる場合も多く、照会には1週間以上かかる場合もある。

トラベルプリペイドカード

専用口座にチャージした金額だけ利用できる海外専用のプリペイドカード。
提携ATMで現地通貨を引き出すことができ、一部の提携店ではサインだけで支払いにも使える。引出手数料や利用限度額はあるが、紛失・盗難に対するサポートがあるので、現金を持ち歩くよりも安心。
パスポートなどの必要書類があれば、窓口で当日に発行されるものもある。クレディセゾン、JTB、トラベレックスなどが発行している。

チップ

香港にチップの習慣は基本的にはない。だが一部のホテルやレストランなどでは左記を目安に対応するとスマート。

レストラン

高級店など料金に10%のサービス料を加算している店ではおつりの小銭を渡す程度。目安は飲食代の5%をめどに最高でもHK$ 20くらいまで。
それ以外は10%相当のチップを払う。屋台、ファストフード店では不要。

ホテル

ベルボーイ、ポーター、トイレサービス係には、HK$ 5程度の小銭を手渡す。
ベッドメイキングには毎朝1部屋につきHK$ 10程度の金額を枕元に置いておくとよい。

タクシー

チップとしては不要だが、料金がHK$ 26・40なら、HK$ 27を渡して、HK¢ 10単位のおつりは受け取らない。
運転手のほうでHK¢ 10単位は切り捨てておつりを渡すことも多い。

筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ 香港 マカオ」です。掲載している情報は、2016年9月〜2017年1月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。
×