まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

ドイツ南西部に広がる「黒い森」へ物語を探しに出かけよう!

立ち寄り

ラントガストホーフ・ツア・リリー Landgasthof zur Lilie

名物スイーツ作りに挑戦できる
1608年創業の歴史あるガストホーフ。古いランプが吊り下がった山小屋風の店内に、黒い森で狩猟したシカの角やクマなどの剥製が飾られている。名物「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」のクッキングセミナーも開催している。

DT-IMG_5848

ドイツで一番人気のトルテはぜひ味わいたい

DT-IMG_5829

ウッディで温かな雰囲気

ラントガストホーフ・ツア・リリー

現地名:
Landgasthof zur Lilie
住所:
Wallfahrtsstraße 3, Triberg
地図を見る »
アクセス:
SバーンTriberg トリベルク駅から徒歩25分
TEL:
07722-4419
営業時間:
10:00~23:00(冬期11:00~22:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.lilie-triberg.de

ホーエンツォレルン城 Burg Hohenzollern

山頂にそびえる勇壮な名城
11世紀に築城されるが一度全壊し、1867年に堅固で美しい姿に再建。家系図の壁画や書斎、宝物館などはガイドツアーで見学できる。

DT-IMG_5870

遠くからでも思わず見入ってしまうたたずまいだ

DT-IMG_5916

まるで中世の物語の中に入り込んだかのような世界

ホーエンツォレルン城

現地名:
Burg Hohenzollern
住所:
Burg Hohenzollern, Hechingen
地図を見る »
アクセス:
Hechingenヘヒンゲン駅から城の入口のパーキングまでタクシーで10分、そこから徒歩20分
TEL:
07471-2428
営業時間:
10:00~17:30(11月1日~3月15日は~16:30)、ショップ10:00~18:00(冬季は~17:00)
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.burg-hohenzollern.com

リヒテンシュタイン城 Schloß Lichtenstein

小説に憧れて築城した城
1840~41年に、ヴィルヘルム・ハウフの小説『リヒテンシュタイン』に憧れたヴィルヘルム侯爵によって建てられた中世式の城。193cmものグラスがある酒盛りの部屋などが見られる。

DT-IMG_5952

物語に忠実に再現された細部が見どころ

DT-IMG_5972

ロマンティックな姿の白い望楼。現在も子孫らが城を所有している

リヒテンシュタイン城

現地名:
Schloß Lichtenstein
住所:
Lichtenstein, Honau
地図を見る »
アクセス:
ドイツ鉄道Reutlingen ロイテインゲン駅からバスHonau ホーナウ下車、タクシーで15分
TEL:
07129-4102
営業時間:
9:00~17:30、11・2・3月10:00~16:00
定休日:
12・1月、11・2・3月の月~金曜 
Webサイト:
http://www.schloss-lichtenstein.de

ヘルマン・ヘッセの青春の日々

文豪ヘッセが暮らしたカルフやテュービンゲン。美しい森と川を愛し、そこで過ごした日々は、のちに彼の作品を生み出す泉となっていった。

神学校から書店員へヘッセ作品の源を訪ねてみたい

1877年7月2日、ヘッセは黒い森に抱かれた小さな街、カルフに牧師の子として生まれた。釣りと自然を愛する少年が、父と同じ道を歩むためにマウルブロンの神学校に入学するが、途中で脱走。何度も自殺を企てる苦悩の10代を過ごし、テュービンゲンで書店員として生計を立てながら、詩を発表していく。彼の小説『車輪の下』『知と愛』など多くの作品に、これら青春時代を送った街や神学校などが登場する。作品を読んでみれば、旅がよりおもしろくなるに違いない。

ヘルマン・ヘッセ記念館 Hermann Hesse Museum

生まれ育った街でヘッセをたどる
ヘッセ直筆の原稿や各国から集めた資料、古い写真などさまざまな品が展示されている。

DT-P304-2 カルフ

カルフの街にはヘッセの像が複数建つ

ヘルマン・ヘッセ記念館

現地名:
Hermann Hesse Museum
住所:
Marktplatz 30
地図を見る »
アクセス:
SバーンCalw カルフ駅から徒歩5分
TEL:
07051-7522
営業時間:
11:00~17:00(11~3月~16:00)
定休日:
月曜、祝日、11~3月の金曜 

ベーベンハウゼン修道院 Kloster Bebenhausen

移り変わる建築美が見どころ
フリードリヒ1世が建設。ロマネスクからゴシック、ルネサンス、バロックと時代の変遷とともに増改築をした建築様式が見どころ。天井のアーチが美しい回廊はその様子を最もよく残している。

DT-IMG_6053
DT-IMG_6056

1190年に建設されたシトー派の修道院

ベーベンハウゼン修道院

現地名:
Kloster Bebenhausen
住所:
Tubingen-Baben hausen
地図を見る »
アクセス:
ドイツ鉄道Tübingen Hauptbahnhof テュービンゲン中央駅からバスWaldhorn ヴァルトホルン下車、徒歩3分
TEL:
07071-602802
営業時間:
9:00~18:00(月曜12:00~13:00は昼休み)、11~3月10:00~12:00、13:00~17:00※入場は各15分前まで
定休日:
11~3月の月曜 
Webサイト:
http://www.kloster-bebenhausen.de
筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ドイツ」です。掲載されているデータは、2015年12月〜2016年3月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。
×