ドイツ【コブレンツ】ラインとモーゼル、2つの川が交わる古都

ラインザイルバーン Rhein Seilbahn Koblenz

ドイチェス・エック付近からエーレンブライトシュタイン要塞まで、ライン川をまたいで結ぶロープウェイ。要塞入場料込みの往復チケット€11.80が便利。

DT-germany_koblentz 206

ラインザイルバーン

現地名:
Rhein Seilbahn Koblenz
TEL:
0261-20165850
Webサイト:
http://www.seilbahn-koblenz.de

ラインアンラーゲン Rheinanlagen

ドイチェス・エックにつながる川沿いの通り。ロープウェイやKDライン観光船の発着所、ワインレストランなどが建ち並び、優雅な川の流れを楽しみながら食事もできる。天気の良い日には散歩したい。

DT-germany_koblentz 183

昼間でもワインやビールを楽しむ人たちでいっぱい

DT-germany_koblentz 185

遊歩道沿いのベンチでひと休み

ラインアンラーゲン

現地名:
Rheinanlagen
アクセス:
バスDeutsches Eck ドイチェス・エック下車、徒歩5分

選帝侯の城 Kurfürstliches Schloss

庭園が美しいことで知られる城
ドイツでは神聖ローマ皇帝を選ぶ特権を持った7人の諸侯を選帝侯といい、神聖ローマ帝国崩壊とともにその役割を終えた。皇帝ヴィルヘルム1世の妻オーガスタの発想を起源とし、庭園は現在も美しさを保つ。

DT-germany_koblentz 203

ドイツのネオ・クラシック様式の先駆となった

DT-germany_koblentz 198

役所として使われているため内部見学不可

選帝侯の城

現地名:
Kurfürstliches Schloss
住所:
Julius-Wegeler-Straße 4
地図を見る »
アクセス:
バスDeutsches Eck ドイチェス・エック下車、徒歩15分
TEL:
0261-9148110
営業時間:
庭のみ見学可
Webサイト:
http://www.koblenz-kongress.de

ドイツ騎士団の家 Deutschherrenhaus

この街が重要な拠点となった理由
12世紀に聖地エルサレムの巡礼者保護のために造られた。聖母マリア病院修道会と呼ばれた、修道士を兼ねた騎士の集団が、1216年にドイツ騎士団としてここに本拠地を構えた。現在はルートヴィヒ美術館として公開。

DT-germany_koblentz 197

1945年以降のピカソやデュッフェらの作品を展示

ドイツ騎士団の家

現地名:
Deutschherrenhaus
住所:
Danziger Freiheit 1
地図を見る »
アクセス:
バスDeutsches Eck ドイチェス・エック下車、徒歩3分
TEL:
0261-3040-412
営業時間:
10:30~17:00、日曜、祝日11:00~18:00
定休日:
月曜 
Webサイト:
http://www.ludwigmuseum.org

【立ち寄り】ヴァインドルフ Weindorf

ワイン好きをもうならせる
世界中のワイン愛好家がドイツワインを味わうならここ、と詰めかける老舗ワインレストラン。ラインとモーゼルワインの飲み比べやドイツ風ピザ「フラムクーヘン」のほか、豊富な肉料理も楽しみたい。

DT-germany_koblentz 209

フラムクーヘン €8.90

DT-germany_koblentz 217

橋のたもとのレストラン

ヴァインドルフ

現地名:
Weindorf
住所:
Julius-Wegeler-Straße 2
地図を見る »
アクセス:
バスRhein-Mosel Halle ライン・モーゼル・ハレ下車、徒歩1分
TEL:
0261-1337190
営業時間:
12:00~(日曜11:00~、冬季は16:00~)23:00
定休日:
火曜、1・2月の月~木曜 
Webサイト:
http://www.weindorf-koblenz.de
筆者:

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ ドイツ」です。掲載されているデータは、2015年12月〜2016年3月の取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。 最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。
×