> > > >

帰属義務の強いバンジャール

古くから共同体意識をはぐくんできたバリ島では、集団に属することが生きるための必須条件。人々はみな、デサ(村)、親族集団、スバック(水利組合)、サンガール(舞踊団)などいくつもの集団に所属し、極めて複雑な社会を形成している。なかでも重要なのが、バンジャールと呼ばれる地域組織。その結束は強く、寺院の祭事、結婚式、葬儀、その他あらゆる儀礼や作業が共同で行なわれる。住所に「Banjar(Br.)〜」として記載されることもある。バンジャールのメンバーは夫婦単位で、男性が所帯を持つことで一人前と見なされ、初めて加入する資格が与えられる。これは、神々への供物作りを担う女性がいないと社会が成立しないためで、バリ人にとって結婚は社会的地位を得る上でも、たいへん重要なものだと考えらる。

%3CatariName%3ELIN_6474.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

供物作りは女性の役割

互いに助け合うことで安定した生活を送ることができる反面、規則を破ったり秩序を乱したりした者は、バンジャールから永久に追放され、一切の援助が受けられず、大切な儀礼を行なうこともできなくなる。これは日本の村八分よりも厳しく、バリ人にとっては死に等しい。

%3CatariName%3ELIN_7198.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

宗教行事はバンジャールの存在なしでは行なえない

農耕社会を支えるスバック

インドネシア随一の優れた稲作技術を誇るバリ島。その背景には、900年以上の歴史を持つスバック(水利組合)がある。これは農業において最も重要な水を公平に分配するための組織で、寄り合いにより選出された長が、灌漑の管理、土地税の徴収、争いの仲介、収穫祭などの一切を取り仕切る。メンバーは灌漑用水を利用する代わりに、水路や道路の補修、寺院や穀物庫の建設、祭事の準備など、さまざまな労役を担う。こうした共同作業のなかで人々は相互扶助の精神を学び、平和な農耕社会を築いてきた。争いを好まず温厚な人柄のバリ人が多いのもそのためで、隣人同士の深い絆と協調性が、穏やかな暮らしや田園風景を支えているのだ。 2012年にはバリ独自の哲学(トリ・ヒタ・カラナ)を体現したスバックの潅漑システムがバリ州の文化的景観として世界遺産に登録された。

COLUMN

チャナン作りを体験

祠をはじめ、門や台所などいたるところに供えられる
バリ人の女性は、母親に習って、小さい頃からチャナンを作る。チャナン作りは女性の大事な仕事だ。ここでは、果物を盛った祭礼用の供物作りも体験できる。

アルマ・ミュージアム&リゾート Arma Museum resort

%3CatariName%3ELIN_4429.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E90%3C/ajstAngle%3E

先生のまねをして作っていく。

%3CatariName%3ELIN_4415.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E
%3CatariName%3ELIN_4456.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

赤、白、緑の花を器に盛って完成

アルマ・ミュージアム&リゾート

現地名:
ARMA Museum & Resort
住所:
Jl. Raya Pengosekan, Ubud
地図を見る »
アクセス:
サレン・アグン宮殿から車で10分、アルマ・ミュージアム・リゾート内
TEL:
0361-976659
営業時間:
9:00~17:00
定休日:
無休 
Webサイト:
http://www.armabali.com

バリアンを訪ねる

バリ特有の治療法で心身の悩みを聞いてもらう
バリアンとは宗教的職能者の地位を持った、医師であり、カウンセラーであり、呪術師のこと。心身の不調時に目に見えない悪霊や精霊、レヤック(魔女)にコンタクトして治療を行なう。治療法としては、マントラを唱える、薬草の使用、死者の言葉を聞くなどさまざまだ。バリには医者が診ても治らない病気があり、バリアンに助けてもらうケースも少なくない。
故クトゥッ・リヤールは映画『食べて、祈って、恋をして』の劇中で、実在の人物として登場した世界的に有名なバリアンだ。専門は手相占いで、手にやさしく触れて病気の有無を見てくれたが、2016年6月に永眠(102歳)し、現在は彼の息子イ・ニョマン・ラトラ氏が跡を継いでいる。バリの神秘を自分の目でぜひ体感してみたい。

イ・ニョマン・ラトラ I Nyoman Latra
電話番号:0361-974092
住所:Pengosekan, Mas, Ubud
交通:サレン・アグン宮殿から車で15分
営業時間:8:00〜18:00
休日:不定休
料金:Rp.30万(所要時間10〜20分)
※毎朝8時から番号札を配る。占いはその番号順なので、待ち時間を短縮したい人は8時前に行って並びたい。

%3CatariName%3ELIN_3591.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

バレ(東屋)で順番を待つ。インドネシア語、英語での診療で、言語に不安があれば通訳を頼みたい

%3CatariName%3ELIN_3627.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E90%3C/ajstAngle%3E

故クトゥッ・リヤール

1 2
筆者

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ バリ島」です。掲載している情報は、2017年11〜2018年1月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。