まっぷるトラベルガイド海外おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

2018年3月25日

インドネシア

バリ島【キンタマーニ周辺】自然ガイド

by mapple

Fotolia_173006985_Subscription_Monthly_M
by fotolia - © Akarat Phasura

キンタマーニを中心とした高原地帯は、活火山が織りなす壮大な風景が見どころ。その迫力あふれる自然の息づかいを存分に体感したい。

自然のエネルギーが満ちる北部エリア

キンタマーニ周辺は、雄大な活火山やカルデラ湖を擁する高原地帯。外輪山から望むバトゥール山やバトゥール湖の眺めはバリ島屈指の絶景で、大自然を満喫しながらのトレッキングやサイクリングも楽しい。ほかにも、湖畔リゾートとして名高いブラタン湖やバトゥカウ山など、豊かな自然に恵まれたスポットが点在。東側には聖峰アグン山がそびえ、自然の神秘と力強さを肌で感じさせてくれる。

キンタマーニ

天高くそびえる山々と湖が織りなす雄大な自然のパノラマを満喫できる
バトゥール山の外輪山に広がる標高1500m以上の高原地帯。バリ島随一の景勝地で、バトゥール山やバトゥール湖を一望できる。

%3CatariName%3EIMG_1319.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

年間を通して涼しく、避暑地としても人気が高い

キンタマーニ

現地名:
Kintamani
アクセス:
ウブド中心部から車で1時間

バトゥール山

大自然の息吹を間近で感じさせる勇壮でダイナミックな活火山
キンタマーニの中心に位置する標高1717mの活火山。1917年と1926年に大噴火を起こし、今もしばしば噴煙を上げている。

%3CatariName%3EIMG_1209.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

山の南東の広大な火口原にできたバトゥール湖

バトゥール山

現地名:
Gunung Batur
アクセス:
ウブド中心部から車で1時間(トヤ・ブンカ村)

バトゥカル山

南側の山麓に由緒正しい名刹を擁する原生林に覆われた島内2番目の高峰
標高2276mの山で、バリ島ではアグン山に次ぐ2番目の高さ。中腹には、バリ島六大寺院のひとつであるバトゥカル寺院がある。

%3CatariName%3EIMG_9372.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

豊かな穀倉地帯が広がるタバナンの北に位置する

バトゥカル山

現地名:
Gunung Batukaru
アクセス:
ウブド中心部から車で1時間30分(バトゥ・カル寺院)

ギッギの滝

鬱蒼としたジャングルに轟音を響かせ豪快に流れ落ちる滝は迫力たっぷり
森の中の細い道を進んでいくと、目の前に巨大な滝が現れる。約40mの高さから勢いよく水が流れ落ちる様子は迫力があり、離れていても水しぶきで全身が濡れるほど。滝壺に入って水浴びをすることもできる。

%3CatariName%3EIMG_7797.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E-90%3C/ajstAngle%3E

バリ島最大の落差がある

%3CatariName%3EDSC04169.JPG%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E-90%3C/ajstAngle%3E

深い緑に囲まれた渓谷はすがすがしい空気に満ちている

ギッギの滝

現地名:
Air Terjun Gitgit
アクセス:
ウブド中心部から車で2時間
営業時間:
8:30~日没

筆者 : mapple

mapple travel guideでは、国内&海外旅行のコツやノウハウ、話題のスポット、人気のホテル等、おすすめの観光旅行情報を配信しています。

奥付:
この記事の出展元は「トラベルデイズ バリ島」です。掲載している情報は、2017年11〜2018年1月にかけての取材・調査によるものです。掲載している情報、商品、料理、宿泊料金などに関しては、取材および調査時のもので、実際に旅行される際には変更されている場合があります。最新の情報は、現地の観光案内所などでご確認ください。