> > > >

2319

まっぷるマガジン

更新日:2020年4月13日

この記事をシェアしよう!

【バリ島】アクテビティの基本情報&マメ知識

マリンスポーツでアクティブに遊んだり、艶やかなバリ舞を鑑賞したり、寺院を巡ったり……。バリ島の遊びはバリエーション豊かだから、普段できない体験を楽しんで♪

1.ビーチアクティビティならクタ or タンジュン・ブノア!

サーファーの聖地とされるクタや、高級リゾートエリアであるタンジュン・ブノアには、観光客向けのビーチアクティビティが豊富なので要チェック!

Landscape on the beach of Tanjung Benoa. Bali, Indonesia.
by fotolia - ©avtk
3456

2.ビーチやプールでは防水スマホケースがマスト

海やプールでも常に持ち歩くスマホ。そんなとき、防水のスマホケースがあれば、紙幣やカードも一緒に入れられるので便利。現地で買うより日本で買ったほうが品質は確か。

3.日焼け対策はバッチリと

赤道に近いバリ島は、日本と比べ日差しが非常に強いので要注意。SPF値が高い日焼け止めをこまめに塗り直そう。焼きすぎたときは、ケアローションで早めに炎症を抑えよう。

4.伝統舞踊ならプリアタン王宮へ

ウブドの東部にあるプリアタン。王宮の庭で行われる公演は、ゆったりと鑑賞でき意外と穴場。観光案内所からシャトルバスも運行している。

3376
2149

5.ツアー参加なら現地で予約を

遠方の観光地を回るならオプショナルツアーが便利だが、日本で予約するよりも現地予約のほうがリーズナブル。多彩なツアーがあるので、チェックしてみて。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

奥付:
この記事の出展元は「まっぷるバリ島」です。掲載されている電話番号、営業時間、料金などのデータは2017年7~11月の取材・調査によるものです。いずれも諸事情により変更されることがありますので、ご利用の際には事前にご確認ください。また、掲載の商品は取材時のもので、現在取り扱っていない可能性があります。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。